FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › つむじダブル 【小路幸也 宮下奈都】
2012-10-30 (Tue) 11:14

つむじダブル 【小路幸也 宮下奈都】

<読んだきっかけ>
大好きな宮下さんの新刊!
しかも、小路さんと??
もう、即効で図書館でリクエストしました。
 
<あらすじ>
高校生の由一と小学生のまどか。
年は離れているけど、仲の良い兄妹。
両親と祖父と5人で、暮らしているのだが 
母親にかかってきたある電話から、母の様子がおかしくて・・・
 
妹目線を宮下さん
兄目線を小路さん
が描く、合作
 
 
 
<ネタバレ&感想>
それぞれ個性があったけど、兄の方が濃い感じがするし・・・そういう意味では、小路さんカラーだったかな。
 
妹のまどか。小学4年生・10歳。
私自身は、10歳の時のことを忘れてるけど・・・こんな感じだったかも!?
って思わせるような、
子供なんだけど、そこまでガキじゃないし・・・かといって、大人でも無い!!
っていうのが描かれていて、私は好きでした。
この、、、何て言うんだろう。歯痒い感じ!!
 
兄・由一。
高校生でバンドをやっている。
将来のことで悩んだり・・・母親の秘密?の間で・・・
うん。母親の秘密は、読めば誰だって「もしかして??」と思う。
で、その通りっぽいから・・・意外性は無かったなぁ~
でも、意外性を求めてたわけじゃないから良しとしよう!!
 
ラストのシーンで出てくる凧揚げをしてるカップル。
ってナモナキラクエンのサンと彼女? だよね!??
こーいったサプライズな登場って嬉しい^^
 
 
しっかし小路さんって、音楽(得にロック)好きだよなぁ~
あと、題材に 父親が(母親が)違う兄弟・姉妹。とか・・・
ちょっと変わった家族構成。が好きだよなぁ~~って思う。
 
そーいう意味でも、本書は小路さんカラーだった。
でも、妹・まどかでは 繊細さが宮下さんっぽくて 良かった。
 
読み終えてしまえば、何って事ないんだけど・・・
うん。こーいった合作も良いかも! 
いろいろな作家さんで、こーいった合作を読みたいけど、文章の波長が似てないとダメだから難しいのかな~
 
楽しく読めた1冊でした。
 
 
 お気に入り度
★★★☆☆
 
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by HIMEば~ば
今晩は~
作家さん二人で合作?はじめて~
すぐ予約しよう。

No title * by -
今、ちょうど宮下さんの「スコーレNo.4」を読んでます。
繊細さ・・・堪能してますよ。
二人の合作、面白そうです!

No title * by わぐま(*^。^*)
HIMEば~ばさん。
合作とは思えないほど、文章が合っててすんなりしてましたよ。
2人ともよく読む作家さんなので嬉しかったです^^

No title * by わぐま(*^。^*)
たこさん。
「スコーレ」も良いですよね。
宮下さんの繊細さ!表現力!言葉のセンス!!大好きです。

合作は・・・面白いですよね。綺麗にまとまってましたよ。

No title * by チュウ
宮下さんを1冊しかよんだことないから、よけいだったと思うんですけど、何にも知らずに読んだら、小路さんの本かと思ったと思いますね^^
山と彼女!「ナモナキ」のあとで結婚したんでしょうね(〃 ̄▽ ̄〃)
こちらからもトラバさせてくださいね^^

No title * by わぐま(*^。^*)
うん、宮下さんファンの私が読んでも 小路さんが濃かったもん。
サンと彼女、、、本書を見直してみたら書いてありましたね^^; 私の読み落としでした、失礼しました。
トラバありがとうございます。

No title * by 金平糖
折角画期的な試みだったのに、読み終えたら小路作品になってしまっていたので、ちょっと、残念
宮下さんで終わっていたら、もっと違う印象になっていたのかな…?
トラバさせてくださいね

No title * by わぐま(*^。^*)
うん 本当、読み終えたら「小路さんの本」になってましたよね。宮下さんカラーが薄かった。
でも、2人とも個性を出しすぎちゃうと読み難いだろうし・・・匙加減が難しいのでしょうねぇ。
トラバありがとうございます。

No title * by 紅子
うわー、読んだのに覚えていない^^;でも“小路さんだ!”と思ったのは覚えています。
小路さんの音楽がメインに出てくる作品はちょっと避けたくなるんだよなぁ^^;;

No title * by わぐま(*^。^*)
あら、覚えてない!? ってことは、ブログに書いてもないよね^^; 残念、紅子さんの感想も読みたかったのに。

小路さんの音楽がメインのを避けたい。ってチョット意外でした。
紅子さん、合唱部だったから 音楽関係は好きなのかと、思ってた。

本書は、合作なのに 宮下さんが薄くなってたのが、残念。
だけど、合作ってこ~なってしまうのかな?とも、思った。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

今晩は~
作家さん二人で合作?はじめて~
すぐ予約しよう。
2012-10-30-18:44 * HIMEば~ば [ 返信 * 編集 ]

No title

今、ちょうど宮下さんの「スコーレNo.4」を読んでます。
繊細さ・・・堪能してますよ。
二人の合作、面白そうです!
2012-10-31-10:13 * - [ 返信 * 編集 ]

No title

HIMEば~ばさん。
合作とは思えないほど、文章が合っててすんなりしてましたよ。
2人ともよく読む作家さんなので嬉しかったです^^
2012-11-01-11:44 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

たこさん。
「スコーレ」も良いですよね。
宮下さんの繊細さ!表現力!言葉のセンス!!大好きです。

合作は・・・面白いですよね。綺麗にまとまってましたよ。
2012-11-01-11:45 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

宮下さんを1冊しかよんだことないから、よけいだったと思うんですけど、何にも知らずに読んだら、小路さんの本かと思ったと思いますね^^
山と彼女!「ナモナキ」のあとで結婚したんでしょうね(〃 ̄▽ ̄〃)
こちらからもトラバさせてくださいね^^
2012-11-02-20:25 * チュウ [ 返信 * 編集 ]

No title

うん、宮下さんファンの私が読んでも 小路さんが濃かったもん。
サンと彼女、、、本書を見直してみたら書いてありましたね^^; 私の読み落としでした、失礼しました。
トラバありがとうございます。
2012-11-05-13:54 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

折角画期的な試みだったのに、読み終えたら小路作品になってしまっていたので、ちょっと、残念
宮下さんで終わっていたら、もっと違う印象になっていたのかな…?
トラバさせてくださいね
2012-12-04-10:42 * 金平糖 [ 返信 * 編集 ]

No title

うん 本当、読み終えたら「小路さんの本」になってましたよね。宮下さんカラーが薄かった。
でも、2人とも個性を出しすぎちゃうと読み難いだろうし・・・匙加減が難しいのでしょうねぇ。
トラバありがとうございます。
2012-12-05-11:36 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

うわー、読んだのに覚えていない^^;でも“小路さんだ!”と思ったのは覚えています。
小路さんの音楽がメインに出てくる作品はちょっと避けたくなるんだよなぁ^^;;
2012-12-12-14:32 * 紅子 [ 返信 * 編集 ]

No title

あら、覚えてない!? ってことは、ブログに書いてもないよね^^; 残念、紅子さんの感想も読みたかったのに。

小路さんの音楽がメインのを避けたい。ってチョット意外でした。
紅子さん、合唱部だったから 音楽関係は好きなのかと、思ってた。

本書は、合作なのに 宮下さんが薄くなってたのが、残念。
だけど、合作ってこ~なってしまうのかな?とも、思った。
2012-12-13-10:46 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]