FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › 七十歳死亡法案、可決 【垣谷 美雨】

七十歳死亡法案、可決 【垣谷 美雨】

<読んだきっかけ>
何度か読んだことある作家さん。
新刊らしき本があったので「読みたいなぁ~~」って思ったけど、
タイトルに一瞬、引いた。でも結局、読んだ。
 
<あらすじ>
2020年高齢化が問題となった日本では「七十歳死亡法」が可決された。
日本国籍の者は、七十歳の誕生日から30日以内に死ななければいけなくなった。
政府は、数種類の安楽死の方法を用意し、対象者は選べる。
 
施行は2年後の4月から・・・
 
 
<ネタバレ&感想>
・・・と、まぁ↑のあらすじだけでも穏やかじゃない内容。
 
でも、、、「もし、XXXだったら」の小説のわりにリアルっぽいし、
イヤさもあったけど、いろいろな人が描かれていた。
 
 
宝田東洋子・55歳。
現在、夫の母親を介護している。
母は、寝たきりでオムツをつけている。
夜中にも度々起こされ、日中も母の我がままに付き合い、お疲れ気味。
55歳。70歳まで、15年・・・
 
東洋子の義母・84歳。
法案が可決されてからは、
「どうせ、死ぬんでしょ」と考えで、東洋子を困らせている。
リハビリもほとんどせず、東洋子に八つ当たりする日々。
 
東洋子の夫。
58歳。母の介護を嫁におしつけ、自分は何もしない。
法案が可決したと知り、会社を早期退職して「世界一周の旅に出たい」と言い出す。
 
東洋子の息子。
引きこもり。もうじき30歳。
エリート人生だったのに、いつからか引きこもりに・・・。
 
東洋子の娘。
30歳越えてる。。。(何歳か、覚えて無い)
母・東洋子に、義母の介護の手伝いをするように言われ、逃げるように家を出た。
何の因果が、今では介護の仕事をしている。
 
東洋子の夫の姉二人。
我がまま放題の姉たち。
母の介護を東洋子に押し付け、良い所どりの日々。
 
 
・・・とメインの登場人物たちです。
 
一応、東洋子が主役なのかな??
 我がままな寝たきり姑の介護の毎日。
夫や夫の姉は何も協力してくれず、ストレスがたまる一方。
55歳。法案が施行されれば、残りの人生15年。
残りの15年。どう生きるか・・・。
ある日、ストレスは爆発し・・・
 
「七十歳死亡法」に反対する人々。
賛成する人々。。。
 
と、いった感じ。
テーマは重い。
でもアッサリと描いている。
サラリと読めるが内容は重い!!
 
 
まずは、、、介護問題。
寝たきりの姑の介護に振り回される・・・・って、
ウチの姑は、寝たきりじゃないけど いつ、私がこの東洋子の立場になるか、分からない!
って思うと、ゾーーっとする。
失礼だし、心無い人間って思われるけど、、、絶対、介護なんてイヤ!!って思う。
しかも、この本に登場するような状況だったら、本当イヤ!!
って、思った。
 
東洋子どうするんだろう?
夫は?姉たちは??
我がまま姑は??
って、先が気になりどんどん読んでしまった。
 
ただマイナスなだけじゃなくて、
「生きたい」と再び思えるようになった東洋子の義母。
の姿はなんだか良かったし・・・
東洋子に感謝の心を思い出した家族や夫。
自分の人生を再び見直した東洋子。
それぞれ、なんだか良かったです。
 
高齢化社会の現代。。。笑えないよぉ。
 
でも、いろ~~~んな意味で、読んで良かったなぁって思えました。
まぁ、小説にありがちな「上手くいきすぎ」ですが^^;
 
 
お気に入り度
★★★★☆
 
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by 夕凪日和
わぐちゃん、この本リアルだよね~
でも 、読んでおこうと
思います。ありがとう(o^-')b

No title * by R&Mママ
なんかリアル過ぎて凹みそう
でも読んでみたいな

No title * by HIMEば~ば
今晩は~
すごい内容ね、でも興味わいたわよ
読んでみようかな~ありがとう。

No title * by わぐま(*^。^*)
夕凪さん。
そう・・・なんだかリアルっぽくて、ゾーっとした。
でも、いろいろな立場でモノを考えるってのが出来るから、参考になるのかも。

No title * by わぐま(*^。^*)
R&Mママさん。
はい。凹むというか、、、暗くなるかも^^;
ありえない設定なんだけど、「もし、70歳で死ぬのが分かってたら?」「このままの人生で良いのか?」とか、想像しちゃいましたよ。
重いテーマだけど、意外と軽く読めましたよ。

No title * by わぐま(*^。^*)
HIMEば~ばさん。
こんばんは。
本当、↑の<あらすじ>書いてても「ヒドイ内容だよなぁ~」って、UPするの迷いましたよ。
でも、いろいろな人の立場になって「考えた」って面では良かった気がします。
チョット重いテーマですが、良かったら読んでみて下さい。
迷惑じゃなかったらですけど、、、感想聞かせて下さいね^^

No title * by ミユサルイン
タイトル見て見入ってしまいました。
おぉ~姥捨て山…を思い出してしまいましたよ。
これ、読んでみたいです。図書館にすんなりあればいいけど、リクエストとなると勇気がいりますね。

No title * by わぐま(*^。^*)
ね!タイトルが強烈ですよね。
確かに、コレはリクエストし難いなぁ^^; 図書館にある事を願います!!
内容は重いけど、サラリと描かれてますよ。

No title * by -
重いテーマをサラリと書くとはなかなかの作家さんですね。
所々、自分の身に降り掛かる可能性のある内容なので、ちょっと手に取るのに躊躇してしまいそうな内容です。

No title * by macska
最近読んだ「カッシアの物語」も、何歳かで死ぬことが決められている世界でしたね(たしか70歳だったと思う)。もっともこちらは結婚や職業までも「ソサエティ」という国家管理システムにすべてが決められてしまう世界でしたが・・・。

No title * by やっちい
重そうな内容ですね。

介護って避けて通れない問題ですよね……。
覚悟だけはしてるつもりだけど
夫に単身赴任してもらって義母の介護かぁ……
って思うと気が重いデス。

No title * by わぐま(*^。^*)
たこさん。
テーマが重いわりには、サラリと読めました。
高齢者社会・介護問題って、誰にでも降りかかる恐れがありますよね。読みながら「私も?」とか考えると、チョット ダークになったけど、考えさせられる内容でしたよ。

No title * by わぐま(*^。^*)
マチカさん。
70歳って、区切りが良いのでしょうか^^;;;
結婚や仕事まで決められている!って、、、一体何のために生きてるんでしょうねぇ~~~~(笑)

No title * by わぐま(*^。^*)
やっちいさん。
ね・・・。私も他人事じゃないですよ。
今は舅も姑も元気だけど、いつ介護が必要になるか分からない。
覚悟??私は出来てないかも。。。

No title * by hito
重い内容だったけど、一日で読んでしまいました。
私は、賛成の立場です(笑)
年金もまともにもらえないだろうし、それなら計画的に生きたい。
実際に、70歳が近づいたら怖いのかもしれないけど。

TB試したけど、何度やってもできない。
最近ヤフーブログ調子悪いです。

No title * by わぐま(*^。^*)
> hitoさん
お!!垣谷さん、読んでますね~~~。
う~~~む、5年以上前に読んだこの本。うっすらとしか覚えて無い。でも、なんとなくは覚えている。
5年前と今では、かなり状況が変わった私。今の私は、賛成ですよ^^(多分5年前でも)
70歳かぁ・・・。そもそも、私は70まで生きられるのか?(笑)

TB、大丈夫です^^ こっちからお邪魔します。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

わぐちゃん、この本リアルだよね~
でも 、読んでおこうと
思います。ありがとう(o^-')b
2012-03-10-19:40 * 夕凪日和 [ 返信 * 編集 ]

No title

なんかリアル過ぎて凹みそう
でも読んでみたいな
2012-03-10-20:15 * R&Mママ [ 返信 * 編集 ]

No title

今晩は~
すごい内容ね、でも興味わいたわよ
読んでみようかな~ありがとう。
2012-03-10-21:05 * HIMEば~ば [ 返信 * 編集 ]

No title

夕凪さん。
そう・・・なんだかリアルっぽくて、ゾーっとした。
でも、いろいろな立場でモノを考えるってのが出来るから、参考になるのかも。
2012-03-10-23:51 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

R&Mママさん。
はい。凹むというか、、、暗くなるかも^^;
ありえない設定なんだけど、「もし、70歳で死ぬのが分かってたら?」「このままの人生で良いのか?」とか、想像しちゃいましたよ。
重いテーマだけど、意外と軽く読めましたよ。
2012-03-10-23:53 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

HIMEば~ばさん。
こんばんは。
本当、↑の<あらすじ>書いてても「ヒドイ内容だよなぁ~」って、UPするの迷いましたよ。
でも、いろいろな人の立場になって「考えた」って面では良かった気がします。
チョット重いテーマですが、良かったら読んでみて下さい。
迷惑じゃなかったらですけど、、、感想聞かせて下さいね^^
2012-03-10-23:57 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

タイトル見て見入ってしまいました。
おぉ~姥捨て山…を思い出してしまいましたよ。
これ、読んでみたいです。図書館にすんなりあればいいけど、リクエストとなると勇気がいりますね。
2012-03-11-00:02 * ミユサルイン [ 返信 * 編集 ]

No title

ね!タイトルが強烈ですよね。
確かに、コレはリクエストし難いなぁ^^; 図書館にある事を願います!!
内容は重いけど、サラリと描かれてますよ。
2012-03-11-00:12 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

重いテーマをサラリと書くとはなかなかの作家さんですね。
所々、自分の身に降り掛かる可能性のある内容なので、ちょっと手に取るのに躊躇してしまいそうな内容です。
2012-03-11-11:21 * - [ 返信 * 編集 ]

No title

最近読んだ「カッシアの物語」も、何歳かで死ぬことが決められている世界でしたね(たしか70歳だったと思う)。もっともこちらは結婚や職業までも「ソサエティ」という国家管理システムにすべてが決められてしまう世界でしたが・・・。
2012-03-11-17:19 * macska [ 返信 * 編集 ]

No title

重そうな内容ですね。

介護って避けて通れない問題ですよね……。
覚悟だけはしてるつもりだけど
夫に単身赴任してもらって義母の介護かぁ……
って思うと気が重いデス。
2012-03-12-20:16 * やっちい [ 返信 * 編集 ]

No title

たこさん。
テーマが重いわりには、サラリと読めました。
高齢者社会・介護問題って、誰にでも降りかかる恐れがありますよね。読みながら「私も?」とか考えると、チョット ダークになったけど、考えさせられる内容でしたよ。
2012-03-13-10:59 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

マチカさん。
70歳って、区切りが良いのでしょうか^^;;;
結婚や仕事まで決められている!って、、、一体何のために生きてるんでしょうねぇ~~~~(笑)
2012-03-13-11:01 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

やっちいさん。
ね・・・。私も他人事じゃないですよ。
今は舅も姑も元気だけど、いつ介護が必要になるか分からない。
覚悟??私は出来てないかも。。。
2012-03-13-11:03 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

重い内容だったけど、一日で読んでしまいました。
私は、賛成の立場です(笑)
年金もまともにもらえないだろうし、それなら計画的に生きたい。
実際に、70歳が近づいたら怖いのかもしれないけど。

TB試したけど、何度やってもできない。
最近ヤフーブログ調子悪いです。
2017-08-30-15:18 * hito [ 返信 * 編集 ]

No title

> hitoさん
お!!垣谷さん、読んでますね~~~。
う~~~む、5年以上前に読んだこの本。うっすらとしか覚えて無い。でも、なんとなくは覚えている。
5年前と今では、かなり状況が変わった私。今の私は、賛成ですよ^^(多分5年前でも)
70歳かぁ・・・。そもそも、私は70まで生きられるのか?(笑)

TB、大丈夫です^^ こっちからお邪魔します。
2017-09-01-17:00 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]