FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › 古い腕時計-きのう逢えたら…- 【蘇部 健一】

古い腕時計-きのう逢えたら…- 【蘇部 健一】

<読んだきっかけ>
ブロ友さん・紅子さんが紹介していた。
 
 
<あらすじ>
世の中に6つしかない、不思議な腕時計。
その腕時計をつけている人が「後悔」すると、時計の針は壊れたかのように止まる。
持ち主は、時計屋さんに修理に行く。
翌日、引き取りに行くと、「前日」に戻ってる。
そしてあの「後悔」した時間がやってくる・・・
 
全7編。
 
 
<ネタバレ&感想>
うわ~~~。この本、好き~~~~♪
紅子さん、ありがとう♪♪
 
まず、、、作家さんのお名前。
「蘇部 健一」さん。初めてみる・聞く作家さん。
「そべ けんいち」さんかなぁ~~と思っていた。
「そぶ けんいち」さんでした。人名って難しい^^;
 
号泣必至の時間SFファンタジー!
との紹介もあるが、、、そんなにSFファンタジーが濃くないと思う。
まぁ、日常において「時間が戻る」なんて事は無いから、SFファンタジーに間違いないんだけど・・・
普段から SFファンタジーがダイッキライな私でも「この本、良いよぉ~~」って思った。
 
 
 

片想いの結末
大学生・中丸祐樹。
密かに思いを寄せる女性・珠美が、目の前でトラックに撥ねられる。
現場に居合わせたのに、何も出来なかった自分に後悔する・・・
翌日、目を覚まし普通に暮らしていたのだが「前日」に戻っている事を知る。
気付いた時は、珠美がトラックに撥ねられる直前。
必至に走り、珠美を事故から救うが・・・
 
 
四番打者は逆転ホームランを打ったか?
チャンスに弱い、四番打者・大貫。
ヒザの靭帯を痛めてしまい、病院に入院していた。
そこで知り合った少年。
少年は心臓移植の手術を拒んでいるという。
大貫のファンだと言う少年は、大貫がホームラン打ってくれたら手術を受けると言う。
ヒザを痛めて、チャンスに弱い大貫は打てるのか・・・
 
 
最後の舞台
お笑いコンビ生シュークリーム。俊幸・聡太。
中学生の頃からの同級生の二人は、お笑いの成功を夢見て上京してきたが、売れず。
30歳になり、戸惑う俊幸。
ある日、聡太が倒れ病院へ運ばれる。
検査の結果、癌に冒されていて、余命数ヶ月だと知らされる。
薬などの副作用でフラフラの中、聡太は舞台に立とうとするが・・・
 
 
起死回生の大穴
借金まみれの穂積。
妻と幼い息子に逃げられ、闇金融にまで、手を出していた。
お金さえあれば~~。と競馬にかける穂積。
万馬券で、大金を狙うが・・・
 
 
おばあちゃんとの約束
SF小説のジュピター賞の最終選考に残った・松橋。
子供の頃から、迷惑ばっかりかけてきたおばあちゃんとの約束。
作家としてデビューして、おばあちゃんに小説を読んでもらう。
しかし、おばあちゃんは入院していて・・・
 

明日に架ける橋
5年前に轢き逃げをして、逃亡していた。桐谷。
時効の1週間前、人込みにまぎれようと東京に来る。
東京で、銀行口座を作るため、銀行へ行く・桐谷。
銀行の窓口の女性は、5年前に轢き逃げ事故の唯一の目撃者・進藤だった。
慌て、必至に顔を隠そうとする、桐谷。
しかし、その場に銀行強盗が・・・
強盗から、お客である桐谷を守ろうとする、進藤。
 
 
運命の予感
囲碁のプロ試験に挑む、健助と真也。
年齢制限の30歳でもある2人。つまりどちらかは、落ちる。
その大事な試合に、真也が来る事は無く、不戦勝で健助はプロになった。
しかし、翌日目を覚ますと、試合の日で・・・
 
 
エピローグ
4番打者の大貫のその後。
 
 
全7編。でした 
でも、時計の数は6つ・・・
読みながら、「アッ」と思ったのですが、連作です。
話のラストに絵があり、その絵が物語ってる。オチ絵とでも言うのか・・・
 
↓より、ネタバレになります。
(忘れないように自分用に書きます)
 
 
囲碁の話。健助は、
最初の話の中丸の父親。
 
心臓移植を待っている少年に、心臓をくれたのは
「明日に架ける橋」の逃亡犯、桐谷。
その費用を教会に置いていったのは、
「起死回生の大穴」の穂積。
 
 
「おばあちゃんとの約束」で、惜しくも大賞を逃してしまった、松橋
その時の受賞者が「最後の舞台」の俊幸。
↑の繋がりが一番、分かりにくかった。
絵とチョットした言葉で、「アレ?繋がってる??」と思った。
(もしかしたら、繋がってない??)
 
4番打者の話は、「そうだよなぁ~~」って思った通りのオチ。
でも、なんだか泣けてくる話。わかっちゃいるんだけど、泣ける。
 
意外な繋がりに「お~~~!」って感動したのが、
囲碁の話と最初の大学生の話。
好きな女の子を救った中丸君は、残念なことにその女の子とは結ばれなかった。
が、しかし・・・(という展開が、なんかモヤモヤ感を残し終わった)
ラストの囲碁の話のラストで、、、
「それって、お父さんとお母さんの話でしょ~~」と妻から、言われ・・・
言葉の端々から、「あ!中丸君だ!!」と気付く。
ページを戻る、私・・・
ふむふむ、、、もう一度、中丸君の話をじっくり読む。
ニヤニヤ・・・( ̄m ̄)( ̄m ̄)( ̄m ̄)
そういう事ねぇ~~~。
 
 
号泣必至。の号泣までは無かったけど、
   涙が溢れそうだったよ、わたし・・・
 

時間が戻る。なんて事は現実では無いけど、もし戻るんなら・・・って。
自分の為に、じゃなく「誰か」の為に、「戻りたい!」って思う心が、優しかった。
 
繋がり。が見えてときは、嬉しかった^^
 
お気に入り度
★★★★☆

 
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by べる
『号泣必至』の煽りはどうかと思いましたが・・・。まぁ、良いお話が多かったですよね。私は、一つ一つのお話よりも、構成の方に感心したかな~。ソブケンが褒められると妙に嬉しい私です(笑)。

No title * by わぐま(*^。^*)
べるさん。
ムムム・・・ソブケンファン??
まぁ、酷評している人も多い作家さんみたいですよね。
好みは、人それぞれだけど私は、好きな作家さんの方ですよ。

でもこの本「号泣必至」じゃないですよね^^;

No title * by 紅子
記事を見て読んで下さったなんてうれしいです^^お返しに(?)横関さんと山本さんは任せて下さい(笑)。
確かに号泣まではいきませんが、ぐぅ~となりますね(お腹ではない)。腕時計繋がりで山本さんの『ひろいもの』の最後の“腕時計”を思い出しちゃったなぁ^^
TBさせて下さいね♪

No title * by わぐま(*^。^*)
紅子さん。こーやってブロ友さんの紹介で、新しい作家さんに出会って、その本が良いと「ブログやってて良かった~~~」って思います。ありがとう。
横関さんと山本さんね^^; 山本さんは「ハズレ」もあるから気を付けてくださいね・・・。
あぁ~~~確かに「ひろいもの」の最後の腕時計・・・。ありましたね^^ 腕時計って意味深なのかしら??
TBありがとうございます。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

『号泣必至』の煽りはどうかと思いましたが・・・。まぁ、良いお話が多かったですよね。私は、一つ一つのお話よりも、構成の方に感心したかな~。ソブケンが褒められると妙に嬉しい私です(笑)。
2012-02-04-00:33 * べる [ 返信 * 編集 ]

No title

べるさん。
ムムム・・・ソブケンファン??
まぁ、酷評している人も多い作家さんみたいですよね。
好みは、人それぞれだけど私は、好きな作家さんの方ですよ。

でもこの本「号泣必至」じゃないですよね^^;
2012-02-07-15:49 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

記事を見て読んで下さったなんてうれしいです^^お返しに(?)横関さんと山本さんは任せて下さい(笑)。
確かに号泣まではいきませんが、ぐぅ~となりますね(お腹ではない)。腕時計繋がりで山本さんの『ひろいもの』の最後の“腕時計”を思い出しちゃったなぁ^^
TBさせて下さいね♪
2012-02-08-23:03 * 紅子 [ 返信 * 編集 ]

No title

紅子さん。こーやってブロ友さんの紹介で、新しい作家さんに出会って、その本が良いと「ブログやってて良かった~~~」って思います。ありがとう。
横関さんと山本さんね^^; 山本さんは「ハズレ」もあるから気を付けてくださいね・・・。
あぁ~~~確かに「ひろいもの」の最後の腕時計・・・。ありましたね^^ 腕時計って意味深なのかしら??
TBありがとうございます。
2012-02-10-10:53 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]