FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › あまからカルテット 【柚木 麻子】

あまからカルテット 【柚木 麻子】

<読んだきっかけ>
ブロ友さん・やっちいさんが紹介していた。
 
 
<あらすじ>
ピアノ講師の咲子
雑誌編集者の薫子
化粧品メーカーの販売員の満里子
料理上手な主婦・由香子
の4人は中学時代からの友達。
月に一度は、ティーパーティをする仲間。
 
30歳を目前にした4人の恋や仕事の悩み・・・
 
連作集。(それぞれの話で、主人公が変わります)
 
<ネタバレ&感想>
表紙の絵といい、ティーパーティをする。
って所からして、共感は出来なかった。
 
でも、読むにつれ少しずつだか「あ~~~分かるかもぉ~~~」に変化していった。
 
少し内容に触れます。
(後日、忘れないように・・・)
 
恋する稲荷寿司
咲子が、ピアノ教室のお母様達とお花見をしていた時に出会った男性。
なんとなく良いなぁ~~と思ったが連絡先を交換せず帰ってきてしまった。
手がかりは「美味しい稲荷寿司」のみ。
3人の友達たちは、それぞれ知恵を使い探す。
 
あぁ~~~この稲荷寿司、美味しそう♪ 食べたい!!
あぁ、こういった小説なのね・・・となんとなく理解した。
 
 
はにかむ甘食
料理が得意な由香子。
薫子がきっかけで、ブログは有名になり料理本まで出版することになった。
しかし、ネット上で 由香子を批判する掲示板に出会ってしまい、料理を作れなくなってしまった。
由香子を立ち直らせる為、3人は動く。
 
子供の頃、甘食が大好きだった。
母には「何でこんなモンが好きなの?」と、不思議がられてた。
今でも、甘食は好きだなぁ~~~。
この話に出てくるような手作りのじゃなくて、スーパーで売ってる、たくさん入ってて¥100くらいのヤツ。
わき道に反れました^^; 感想は・・・
こんなに上手くいくかい!!って突っ込んでしまった。
 
 
 
胸さわぎのハイボール
合コンで彼氏をゲットした満里子。
しかし、すれ違いの日が続き、、、
彼氏の家で料理を作り、帰りを待ってると酔っ払った彼氏が帰ってきた。
話を聞いてみると、高校の同級生が始めた飲み屋に行ってたとの事。
納得いかない満里子。
そんな満里子をみた3人は・・・
 
あぁ一番、せつない話だわぁぁぁ
この話が一番好き。
 
 
てんてこ舞いにラー油
同じ出版社の先輩と結婚した薫子。
しかし、仕事が忙しく家事が出来ない状態。
冷え切った両親を見てきて育った薫子は、あたたかい家庭に憧れていたのだが程遠い毎日だった。
仕事に追われ、家の中がグチャグチャになってしまった薫子に3人は手を貸すが・・・
 
そーいや、食べるラー油が流行った時期があるなぁ・・・。
な~んて思い出してた。
感想は、、、なんだかワンパターンぽくなってきた。
あんまり印象に残らない話でした。
 
 
おせちでカルテット
料理が苦手な薫子。お正月には夫の実家から受け継いだおせち料理を作る事になっていた。
お正月には姑も家に招待し、おせち料理を披露する予定。
しかし、料理が苦手な薫子は3人に手伝って貰う予定だった。それぞれ分担を決め、作って来てもらう予定だったのだが、
悪天候の為、3人は足止めを喰らっていた。
おせち料理が完成しないのに、姑が来てしまい・・・
 
あぁ。これも「こんなにうまくいくか!!」って思う話。
 
 
総合的に「こんなに上手く繋がるか!」って突っ込みたくなる話(笑)
それに、こんなに個性的な4人が性格合うのか!!とも思った。
そもそも、女なんて自分勝手だから・・・(私も含めて)
 でも、この4人の友情は、ありえないけど良いなぁ~~って思った。
 
出てくる料理が美味しそうな事!!美味しそうな事!!!
稲荷寿司に甘食にキーンと冷えたハイボール。ポテトサラダ。食べラー。
などなど、どれも美味しそうなのばっかり!!
 
お腹がグーグー鳴りっぱなしでした(笑)
 
食欲の無い人には、良い本かも!??
ダイエット中の人は、読まない方が良いですよ~~~
 
お気に入り度
★★★☆☆
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by 音道
私も ティーパーティ… 定期的にパーティー という設定に共感はしませんが、実は憧れだったりします。
ただし、我が家ではなくお呼ばれなら大歓迎^^;
“女子会”なるものがブームになった時期(今もか?)ありますし、なんだかんだ言いながら羨ましい。
でも、月1は多すぎるわ。

ありえなさそうな友情ではあっても、『女たちのジハード』『セックス・アンド・ザ・シティ』等々、相談し合ったり、何かあった時にすぐ駆けつけてくれる友達がいるって羨ましく思う。

No title * by -
30目前の女友達のお茶会・・・かつての自分にはそういうチャンスがなかっただけにうらやましいです。
女友達の友情って難しいだけあって、そういうのが描かれてる作品には心惹かれます。でもきっと「こんなにうまくいくか~」って私も思ってそうです。

No title * by R&Mママ
ちょっと一昔前の設定な感じ?(笑)
でも気楽に読むのには楽しそうですね。
食べ物が美味しそうってのがいいなぁ^^

No title * by わぐま(*^。^*)
モアさん。
ティーパーティー。やった事無いけど、招待されるなら行ってみたい!
ありえなそうな友情。「ありえな~~い」と思いつつ、憧れちゃうな・・・。私も、少し羨ましく思いました。

No title * by わぐま(*^。^*)
たこさん。
私もそーいったチャンスは無かったですね~~~。
女の友情って、難しいですよね。しかも4人グループとなると複雑^^;
「こんなにうまくいくか~~~」って思いつつも、少し羨ましいなぁって思いました。

No title * by わぐま(*^。^*)
R&Mママさん。
はい。気楽に読める本でしたよ。難しい事、書いてないし・・・
それにね!本当に、美味しそうなんですよ~~~。
思わずヨダレが~~~(笑)

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

私も ティーパーティ… 定期的にパーティー という設定に共感はしませんが、実は憧れだったりします。
ただし、我が家ではなくお呼ばれなら大歓迎^^;
“女子会”なるものがブームになった時期(今もか?)ありますし、なんだかんだ言いながら羨ましい。
でも、月1は多すぎるわ。

ありえなさそうな友情ではあっても、『女たちのジハード』『セックス・アンド・ザ・シティ』等々、相談し合ったり、何かあった時にすぐ駆けつけてくれる友達がいるって羨ましく思う。
2012-01-09-22:54 * 音道 [ 返信 * 編集 ]

No title

30目前の女友達のお茶会・・・かつての自分にはそういうチャンスがなかっただけにうらやましいです。
女友達の友情って難しいだけあって、そういうのが描かれてる作品には心惹かれます。でもきっと「こんなにうまくいくか~」って私も思ってそうです。
2012-01-10-16:20 * - [ 返信 * 編集 ]

No title

ちょっと一昔前の設定な感じ?(笑)
でも気楽に読むのには楽しそうですね。
食べ物が美味しそうってのがいいなぁ^^
2012-01-11-11:22 * R&Mママ [ 返信 * 編集 ]

No title

モアさん。
ティーパーティー。やった事無いけど、招待されるなら行ってみたい!
ありえなそうな友情。「ありえな~~い」と思いつつ、憧れちゃうな・・・。私も、少し羨ましく思いました。
2012-01-12-11:19 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

たこさん。
私もそーいったチャンスは無かったですね~~~。
女の友情って、難しいですよね。しかも4人グループとなると複雑^^;
「こんなにうまくいくか~~~」って思いつつも、少し羨ましいなぁって思いました。
2012-01-12-11:21 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

R&Mママさん。
はい。気楽に読める本でしたよ。難しい事、書いてないし・・・
それにね!本当に、美味しそうなんですよ~~~。
思わずヨダレが~~~(笑)
2012-01-12-11:23 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]