FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › 空へ向かう花 【小路 幸也】

空へ向かう花 【小路 幸也】

<読んだきっかけ>
本選びの参考にさせてもらってるHP 「e-hon」
「e-hon」の『本のソムリエ』というコーナーで紹介していた本。
 
 
<あらすじ>
女の子を殺してしまったハル・小学六年生の男児。
ハルは自殺しようと、ビルの屋上に立つ。
 
そのハルに気付いたカホは、鞄の中にあった鏡を反射させてハルの自殺を止めた。
 
ハルとカホ。
心の傷を負った二人は、懸命に前を向いて歩いていく。
それを見守る大人たち・・・
 
 
 
<ネタバレ&感想>
あ~~~~悪くないと思います。
 
断片的に明かされる事実
ハルが起こしてしまった事件。とか井崎原さんの過去。とか・・・
少しずつ語られていって、全てが語られているワケじゃないけど、繋いでいくとある程度分かってくる。
そーいった語られ方も、好きかも。
 
↓より少し内容に触れます。
 
ハルが殺してしまった女の子。
カホの親友だった女の子なのだが・・・
ハルが直接手をくだして殺したワケは無い。
事故だったというか・・・、そんな感じ。
でも、ハルは心に傷を負ってしまう。
そんなハルを放っておく両親。
 
父親に虐待されていたカホ。
父親は逮捕され、母親は蒸発してしまった。
祖父と暮らすカホ。
もちろん、心に傷を負っている。
けど、前を向いて生きている。ハルの自殺を必死に止める。
カホは良かったのだが、、、祖父があんまり出番が無かった。
この祖父にも活躍して欲しかったなぁ~~~
 
 
本書を読めば分かるのだが、、、
決して綺麗事が描かれているだけじゃないし、「正解」ってのも無い。
心に傷を負った子供達と周囲の大人たちの小説だ。
大人たちはどうすれば良いのか・・・ってのを考えさせられる小説でした。
 
意外なる展開!とか、衝撃の事実!!とか無いけど・・・
読んで悪くない本だと思います。
 
大人の皆さん。
「子供の将来性」について考えましょう・・・って感じです。
 
お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★★☆

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by 夕凪日和
子供が 心に傷を持ち
大人の対応はどうすべきか?? これは~ 読みごたえありそうですね。
私が その子供にアドバイスするならば、 上から目線ではないですよ~~(笑) 辛い経験を 抱えた過去はやがて 優しさと言う大きな器の持ち主になれると思うよ。と話しをするかなぁ~。

No title * by やっちい
>意外なる展開!とか、衝撃の事実!!とか無いけど・・・
映画は痛快娯楽アクションが大好きだけど
小説はこういうのが好きデス。
でも著者の力量がもろに出ちゃうから
なんだかな~って消化不良のものも多いですけどね。
本書は気になるな。

No title * by わぐま(*^。^*)
夕凪さん。
夕凪さんのアドバイス、良いですね^^ 私も同じ意見かな。
本書では、「自分の子供が、心に傷を負ってしまったら?」親は、それどころじゃなくて、、、本当は親が、ケアしなきゃいけないのに、出来なくて・・・
って内容でした。
自分が親だったら?って思うと、考えちゃいます。

No title * by わぐま(*^。^*)
やっちいさん。
確かに、こーいった小説は、作家さんの力量が出ますね^^
小路さんは、どうなんだろう?? 非常に失礼な言い方だけど、「完璧」では無かったです。でも、丁寧に描いてましたよ。
私は、消化不良をおこさなかったです(笑) 読後しばらくは、いろいろ考えてましたね。ジーンってしばらくは、余韻が残ってました。
「いろいろ」考えてみて下さい^^

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

子供が 心に傷を持ち
大人の対応はどうすべきか?? これは~ 読みごたえありそうですね。
私が その子供にアドバイスするならば、 上から目線ではないですよ~~(笑) 辛い経験を 抱えた過去はやがて 優しさと言う大きな器の持ち主になれると思うよ。と話しをするかなぁ~。
2011-10-31-12:28 * 夕凪日和 [ 返信 * 編集 ]

No title

>意外なる展開!とか、衝撃の事実!!とか無いけど・・・
映画は痛快娯楽アクションが大好きだけど
小説はこういうのが好きデス。
でも著者の力量がもろに出ちゃうから
なんだかな~って消化不良のものも多いですけどね。
本書は気になるな。
2011-10-31-16:46 * やっちい [ 返信 * 編集 ]

No title

夕凪さん。
夕凪さんのアドバイス、良いですね^^ 私も同じ意見かな。
本書では、「自分の子供が、心に傷を負ってしまったら?」親は、それどころじゃなくて、、、本当は親が、ケアしなきゃいけないのに、出来なくて・・・
って内容でした。
自分が親だったら?って思うと、考えちゃいます。
2011-11-01-10:55 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

やっちいさん。
確かに、こーいった小説は、作家さんの力量が出ますね^^
小路さんは、どうなんだろう?? 非常に失礼な言い方だけど、「完璧」では無かったです。でも、丁寧に描いてましたよ。
私は、消化不良をおこさなかったです(笑) 読後しばらくは、いろいろ考えてましたね。ジーンってしばらくは、余韻が残ってました。
「いろいろ」考えてみて下さい^^
2011-11-01-10:57 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]