FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › 死ねばいいのに 【京極 夏彦】

死ねばいいのに 【京極 夏彦】

<読んだきっかけ>
以前から、いろいろなブロ友さんの所でみかけて気になってた本。
 
 
<あらすじ>
何者かによって殺害された女性・亜佐美。
 
亜佐美の知り合いという男が「亜佐美のことを教えてくださいよぉ~」と聞いて回る。
この知り合いという男が、無礼な態度・言葉遣い。
相手と亜佐美に事を話したいから、会いに行って話をしているのだが・・・
相手から聞けた話とは・・・
 
 
 
<ネタバレ&感想>
まずは、、、衝撃的なタイトルだ(笑)
 
最初の頃は、読みにくかった。
得にセリフが『誰が言ってるんだろう?』って思う。
でも、その内に「言葉遣い」で誰が言ってるのか分かってくる。
 
読みにくいけど、それをクリア出来たなら なかなか面白い話だと思う。
ある意味、奥が深い。
 
↓より内容に触れるので、ご注意を!!
 
亜佐美の関係者。
一人目・亜佐美が務めていた職場の上司。
二人目・亜佐美が住んでいたマンションの隣人の女性。
三人目・ヤクザ(亜佐美はこのヤクザの愛人だった)
四人目・亜佐美の母親
五人目・亜佐美の事件を担当している刑事
六人目・弁護士
 
を訊ね回るのがワタライ ケンヤという20代の男性。
態度も言葉遣いも悪いケンヤ。
 
亡くなった亜佐美のことを聞く為に、いろいろな人の所へ行く。
「亜佐美ってどんなヤツでしたか?」と、、、
 
しかし、相手から聞ける話は ほどんどなく、、、
相手は自分の話をするばかり。
そして、「だったら、死ねばいいのに」と言うケンヤ。
 
 
うん。読みにくかったけど、面白かった。
皆、自己防衛の為 「軽い嘘」をつく。
しかし、ケンヤと話ているうちに矛盾が発生し、疑問に思ったケンヤは問い詰めてしまう。
この「軽い嘘」なのだが、自分をよく見せたい。とかよく思われたい。とかから
誰もがついていしまうような、軽い嘘。
でも、実は奥深かったりしたりした。
 
感想とは少しずれるが・・・
「死ねばいいのに」って言葉は好きじゃない。
冗談でも言ってはいけない言葉があると思う。
(本書では本気で言ってるのだが・・・)
そーいう事を差し置いて、、、本書は奥が深く面白いと思った。
 
あと、ケンヤがよくいう「俺、バカだから・・・」って言葉も好きじゃない。
「バカだから・・・」って言われると、何も言い返せなくなる。
何もかもが許される言葉みたいで、嫌いだ。
「俺、バカだから分かんない」とか
「バカだから、出来ない」っていう言葉はズルイと思う。
 (たま~に、私もブログで使うが・・・||ヾ(_ _*))
 
でも、本書
人間の欲とか、奥深い所を描いていて好きです。
 
でもでも・・・少し時間をおいて2度読んだのだが、
2度目に読んだ時はちょっと感想が違った。
1度目に読んだ時はケンヤ側の目線で読んだけど、
2度目は「ケンヤと語ってる相手」目線で読んだ。
なんだか面白かった。
 
お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★★☆

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by 夕凪日和
タイトルが インパクトあり なかなか 図書館で借りれないのですが、 わぐまさん ★が 4つあるから
面白いのかな(^o^)/
よし、読んでみたいと思います。 (^_^ゞ

No title * by く~みん
タイトル、強烈ですよね(^^;図書館で、少々恥ずかしかった!
この流れ面白かった。ケンヤの話の持っていき方が巧妙
パターンは違いますが、吉田修一の「パレード」とちょっとかぶりました。一体、誰が一番まともな人間なの???って…
人の心の奥に潜む何かを引き出す、奥が深い一冊でした
トラバさせて下さいネ

No title * by わぐま(*^。^*)
夕凪さん。
図書館で借りる時、少し勇気が要りましたが・・・^^;
でも、奥が深くて面白い本だと思いますよ。是非、読んでみて下さい。

No title * by わぐま(*^。^*)
く~みんさん。
そうそう、借りにくかった・・・。
吉田さんの「パレード」を連想するってのも、頷けます。
当然だけど、皆「自分を正当化」して話してるから、『基準』ってのが、分からなくなってくる。その基準を変えるだけで、自分の感想も変わってくるし、なかなか面白かったです。
トラバ、、、出来てないです^^;

No title * by く~みん
ホント!トラバできてない!!!
タイトルで弾かれるんでしょうか?
ま、すさまじいタイトルですから…

No title * by わぐま(*^。^*)
私も、く~みんさんの所からトラバ出来なかったです。
やっぱタイトルのせい??
他の方のブログをみてても、本書(このタイトル)では、トラバできないみたいですね^^;
「そりゃ、そうだよな。。。」って納得です(笑)

No title * by 音道
初めて読んだ京極夏彦さんがこの本です^^;
最初は読みにくかったし、アサミもケンヤもどういう人かわからず、ケンヤの言い方にもイラッとさせられたけど、読んでいくうちに
“なるほど・・・”と思いました。
自分が大事だから嘘を言ってしまう気持ちもすごくわかるけど、嘘がバレた時は恥と後悔しか残らないですよね。。。

No title * by わぐま(*^。^*)
本当に、最初は読みにくかった。
でも、理解していくうちに「ほぉ~~~」って感心してきました。
自己防衛の為による「嘘」。ケンヤと話してると、バカらしく思えてくるし、恥ずかしい気持になりました。
京極さん。以前に別の本を読んだ事があるのですが、、、なんだか別人でしたよ。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

タイトルが インパクトあり なかなか 図書館で借りれないのですが、 わぐまさん ★が 4つあるから
面白いのかな(^o^)/
よし、読んでみたいと思います。 (^_^ゞ
2011-10-30-15:37 * 夕凪日和 [ 返信 * 編集 ]

No title

タイトル、強烈ですよね(^^;図書館で、少々恥ずかしかった!
この流れ面白かった。ケンヤの話の持っていき方が巧妙
パターンは違いますが、吉田修一の「パレード」とちょっとかぶりました。一体、誰が一番まともな人間なの???って…
人の心の奥に潜む何かを引き出す、奥が深い一冊でした
トラバさせて下さいネ
2011-10-31-00:22 * く~みん [ 返信 * 編集 ]

No title

夕凪さん。
図書館で借りる時、少し勇気が要りましたが・・・^^;
でも、奥が深くて面白い本だと思いますよ。是非、読んでみて下さい。
2011-10-31-09:35 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

く~みんさん。
そうそう、借りにくかった・・・。
吉田さんの「パレード」を連想するってのも、頷けます。
当然だけど、皆「自分を正当化」して話してるから、『基準』ってのが、分からなくなってくる。その基準を変えるだけで、自分の感想も変わってくるし、なかなか面白かったです。
トラバ、、、出来てないです^^;
2011-10-31-09:38 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

ホント!トラバできてない!!!
タイトルで弾かれるんでしょうか?
ま、すさまじいタイトルですから…
2011-10-31-23:00 * く~みん [ 返信 * 編集 ]

No title

私も、く~みんさんの所からトラバ出来なかったです。
やっぱタイトルのせい??
他の方のブログをみてても、本書(このタイトル)では、トラバできないみたいですね^^;
「そりゃ、そうだよな。。。」って納得です(笑)
2011-11-01-10:59 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

初めて読んだ京極夏彦さんがこの本です^^;
最初は読みにくかったし、アサミもケンヤもどういう人かわからず、ケンヤの言い方にもイラッとさせられたけど、読んでいくうちに
“なるほど・・・”と思いました。
自分が大事だから嘘を言ってしまう気持ちもすごくわかるけど、嘘がバレた時は恥と後悔しか残らないですよね。。。
2011-11-04-00:41 * 音道 [ 返信 * 編集 ]

No title

本当に、最初は読みにくかった。
でも、理解していくうちに「ほぉ~~~」って感心してきました。
自己防衛の為による「嘘」。ケンヤと話してると、バカらしく思えてくるし、恥ずかしい気持になりました。
京極さん。以前に別の本を読んだ事があるのですが、、、なんだか別人でしたよ。
2011-11-06-14:28 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]