FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › 誰にも書ける一冊の本 【荻原 浩】

誰にも書ける一冊の本 【荻原 浩】

 <読んだきっかけ>
新刊は、必ず読みたい作家さん。
 
 
<あらすじ>
父親が危篤状態になり、実家で帰った息子。
日頃から、会話の無かった父と息子。
 
母親から父が書いていたという文章を渡される。
 
 
<ネタバレ&感想>
最初タイトルを見た時に
『「本」の書き方の本』かと思ってました。
つまり「誰でも、こ~やれば本って書けるんだよ~~~」的な本。
実際は、全く違いました^^
 
 
本を数冊、出版したことのある息子。
その息子の父親。息子をライバル視してか?父も書く。
そんな父の文章。
危篤状態の父の元で、息子はその文章を読む・・・
父の書いた文章とは、、、
 
なんだけど、「男」ですね~。
父も息子も、当たり前なんだけど「男」でした。
男らしく、不器用で1本で・・・。
 
でもでも、、、
読んでいる間は、面白く読めたけど・・・
しばらく時間が経つと、忘れつつある(笑)
 
 
お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★☆☆


 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by やっちい
タイトルからやっぱり、ハウツー本かと思いました。
ワタシもなかなか心に残る本には出会わないなぁ。
読んでる時に楽しめればラッキーぐらいに思ってます。

No title * by 音道
あら、荻原さん教えてくれるの?と思ったら、物語だったのね。
しかも新刊、図書館予約してこよう。

〈ネタばれ〉になってたので、ザッと読みしちゃいました('◇')

No title * by わぐま(*^。^*)
やっちいさん。
残念ながら?ハウツー本じゃなかったです。
>ワタシもなかなか心に残る本には出会わないなぁ。
>読んでる時に楽しめればラッキーぐらいに思ってます。
って事は、本書はラッキーなのかな!!
読んでいる時は良かったですよ。

No title * by わぐま(*^。^*)
モアさん。
物語でした~~~
そう、新刊・・・って言っても、少し前かな^^;(私が予約した時は新刊だった)

<ネタバレ>は、そんなにバラしてるつもりは無いけど、やっぱり『これから、本書を読む』って人には、スルーしてもらった方が嬉しいです。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

タイトルからやっぱり、ハウツー本かと思いました。
ワタシもなかなか心に残る本には出会わないなぁ。
読んでる時に楽しめればラッキーぐらいに思ってます。
2011-09-27-16:41 * やっちい [ 返信 * 編集 ]

No title

あら、荻原さん教えてくれるの?と思ったら、物語だったのね。
しかも新刊、図書館予約してこよう。

〈ネタばれ〉になってたので、ザッと読みしちゃいました('◇')
2011-09-28-11:52 * 音道 [ 返信 * 編集 ]

No title

やっちいさん。
残念ながら?ハウツー本じゃなかったです。
>ワタシもなかなか心に残る本には出会わないなぁ。
>読んでる時に楽しめればラッキーぐらいに思ってます。
って事は、本書はラッキーなのかな!!
読んでいる時は良かったですよ。
2011-09-30-09:32 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

モアさん。
物語でした~~~
そう、新刊・・・って言っても、少し前かな^^;(私が予約した時は新刊だった)

<ネタバレ>は、そんなにバラしてるつもりは無いけど、やっぱり『これから、本書を読む』って人には、スルーしてもらった方が嬉しいです。
2011-09-30-09:34 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]