FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › KAGEROU 【齋藤 智裕】

KAGEROU 【齋藤 智裕】

<読んだきっかけ>
イケメン俳優・水嶋ヒロが、どーいう小説書いたんだろう?って気になった。
多数応募があった中で、「大賞」をとった。しかも出版社は「齋藤さん=水嶋ヒロ」って知らなかったというんだから・・・
気になった。
 
 
<あらすじ>
職を失い、金銭トラブルが起こり、、、自殺しようとしたヤスオ。
ビルの屋上から飛び降りようとした所、黒尽くめの服を着た不気味な男に引き止められる。
黒尽くめの男・京谷が、持ちかけた話とは、ヤスオの臓器を高額で購入したい。という話だった。
 
 
<ネタバレ&感想>
読む前に、いろいろな方からの感想を聞いていました。
半分以上が酷評でした(笑)
なので、期待しないで読みました。なので、ハードルは低かった~~~
 
感想としては・・・
「皆が言うほど、悪くない」ですね。(私って優しい!??)
 
以下よりチョット内容に触れます。
 
 
自殺しようとしているヤスオ。
ヤスオを引き止めた京谷。
生きたくても、生きられない人がいる。
その命、ムダにするなら売って欲しいと言う京谷。
臓器移植を待つ人たちへ、売ってくれと言う。
 
生きられるのに、死を選んだヤスオ。。。
 
まぁ、ヤスオは取り引きに応じるのですが・・・
 
 
内容がかなり重いと思う。
「人の命」「自殺」「臓器移植」・・・などなどが中心ですから、かなりダークなテーマでした。
なのに、本書は浅くて薄い!!
仮にも、人の命を扱うんだから、もっと慎重に扱って欲しかった・・・。
浅くて&軽い。。。。でも、その分 誰にでも読めそうな感じ。
日本語(漢字)さえ読めれば、誰でも読めると思う。
でも、内容が内容だから、お子様にはお奨めしません。
 
ってココまではかなりの酷評ですね~^^;
でも、読み終えて。
「果たしてコレが大賞?」って思った時に、、、
『この程度で大賞』をとる小説は、いっぱいあると思いました。
今まで、出会った本で「XX賞大賞受賞」という本はたくさん読んだ。 有名な賞もあれば、有名じゃない賞もある。
その賞も、たくさんの中から選ばれた賞。
その「賞」でも、『なんで、コレが!??』と思えるのもたくさんあった。
なので、本書も許してあげようと思う(かなり上から目線で失礼)
 
参考までに・・・
本書が大賞で・・・他に特別賞2作&奨励賞2作あるらしいのです。
ぜひ、読んでみたいですね~~~(イジワルかな?)
 
以前、このブログでもUPした
風待ちのひと 【伊吹 有喜】は、特別賞だったらしいです。(第3回だったかな??)
当時は「夏の終わりのトラヴィアータ」というタイトルだったそうですが・・・
「風待ちのひと」良かったのに。
・・・ポプラ社の基準が分からない・・・
 
 
本書のラスト。
誤植なのか??シールが貼ってあるのですが・・・・
(私が読んだのは、図書館で借りた本ですが初版のヤツです)
コレって、誤植なの?演出なの?って・・・
演出だとしたら、かなり斬新で面白い!
でも、誤植だとしたらお粗末すぎる!!
私は買ってないけど、買った人をバカにしてる?って思った。
 
 
私の周囲では酷評だった「オヤジギャグ」。
ハハハ・・・^^; 本当、苦笑いでした。
まぁでも、「オヤジギャグの脳のヤスオ。」をラストで使いたかったんですよね!?
あと、テーマが重いからオヤジギャグでシュールな笑いが欲しかったのかな??
と思えば、、、許そう!!(またまた上から目線で失礼)
 
 
なんだかんだ書きましたが、
一応、小説としては成立しているし、、、雑ではあるけど、ストーリーとして成り立っているので良いかな。
(どこまで、ハードルが低いんだろう??)
 
次回作。もっと深く書いて欲しいですね。
多分、買わないけど・・・図書館で借ります。
図書館で借りて、良かったら買いますけどね。
 
本書は、、、買わないです。
1回読めば充分だし・・・
内容が浅いので1時間半で、読めました。
 
 
書庫では★3つに入れますが、、、
気に入っては無いです。
でも、そんなに悪い本じゃないから・・・
 
と、微妙な判断でした。
 
水嶋さんファンの方。失礼な発言があったらゴメンなさいm(_ _)m
 
 

 
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by tomoko
これ、気になってましたが、やっぱり買うことはないのでしょう。。笑。わぐまさん、感想ありがとうございます!いつもは本を読まないけど、話題作だけは読むような方(←言い方悪くてすみません)とかの意見はあんまり参考にならないと思ってて酷評も流していたんですが、やっぱり><な本なんですね。笑
これは裏で色々あったみたいですし(大賞にすることで本が売れる、そしてこの本を原作に水嶋ヒロが監督として映画を撮る、とか?で両方に利益がある)不思議な大賞と言うことですよね・・
ただ、この作品と一緒に応募していた、もしかしたら原石が埋もれてしまっていたら残念だな・・・と思います。

No title * by -
なるほど、そういう作品だったのですね。
ダークなテーマを扱いながらも浅くて薄いって!それはそれで才能?
図書館にあったら読もうかな~、話のネタになるし。

No title * by macska
私は・・・、読まないなぁ・・・
気にもならないし・・・

いま、血迷って「罪と罰」読んでます
ラスコーリニコフが金貸しばあさんを殺す話

No title * by べる
最後のアレは誤植です。この間本屋に行った時、重版の作品で確認したら、きちんと訂正して印刷されてました。急いで作ったせいで、製本が間に合わなかったんでしょう。なんとも、お粗末ですね。
書いたのが水嶋ヒロってことは、出版社側は当然わかってたんじゃないですかねぇ。出来レース説は有力な気がしますね・・・。

No title * by banana
気になっていたので、ここで内容と感想を聞けて良かった…。わぐまさん、ありがとうございます!!
そうかぁ。映画化狙いなら、この賞レースも納得できるかも。でも一生懸命書いて応募した人は、可哀想だなって思います~

No title * by やっちい
そっかぁ。
ワタシ期待しちゃってたなぁ。
期待したまま読むと、どうしても点数が辛くなってしまうから
もっとハードル下げないといけないな。

No title * by わぐま(*^。^*)
TOMOKOさん。
買うのは、勿体無い!!
私、いろいろな本を読むけど・・・話題作も気になるミーハーちゃんですよ^^;
景気が悪いせいか、本もなかなか売れない中。。。本書は、100万部でしたっけ!??売れてますよね~。
「ウラ」があったかどうかは知らないけど・・・これと同時に応募した人の小説も読みたいですよね~~。

No title * by わぐま(*^。^*)
たこさん。
ダークなテーマなのに、浅い!!ってのも才能なのでしょう・・・(笑)
軽く読めるのが良いのかもしれない。。。普段、本を読まない人も軽く読めそうだし^^;
図書館、、、多分、順番待ちが凄いんじゃないですかね~~~。

No title * by わぐま(*^。^*)
マチカさん。
ハハハ^^;多分、興味ないですよね。
「罪と罰」なんて・・・なんだか、凄い本読んでますね~。
でも、たまには「名作」と言われる本も読みたいです。

No title * by わぐま(*^。^*)
べるさん。
誤植だったのね!??残念。。。。「斬新な演出」だったら、面白いなぁ~って思ってたのに。
やっぱり出来レースだったのかなぁ~? 確かに、水嶋ヒロの名前があったから、こんなの売れたんだろうけど・・・
やっぱ、他の応募作品も読みたいです。

No title * by わぐま(*^。^*)
バナナさん。どう致しまして。
コレ、映画化されても・・・多分、面白くないですよ。
「一生懸命書いて、応募した人」の作品も読みたいですよね~。
本にならないかしら??

No title * by わぐま(*^。^*)
やっちいさん。
ハードル下げて下さい(笑)
「大賞」を取った作品!!じゃなくて、、、新人作家さんが、頑張って書いた小説!!って思えば、許せると思いますよ。
優しい気持ちでね♪
やっちいさんの感想が楽しみ!!

No title * by 金平糖
まったく、同感(*^^*)
最後までSFを貫けばよかったのに、ラストを安っぽいドラマ仕立てにし、命や愛を持ち出してしまい、浅さが強調されてしまい残念に思いました。
ただ、皆が言うほど酷くはなかったので、次作に期待…と、言うことで( ̄ー ̄)ニヤリ
トラバさせてくださいね♪

No title * by わぐま(*^。^*)
そう。「そんなに悪くない」って思いました。
確かに浅いし、命を扱っているのに軽い。でも、新人作家さんでは有りそうな感じですよね。
まぁ、今後に期待!ですかね^^
トラバありがとうございます。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

これ、気になってましたが、やっぱり買うことはないのでしょう。。笑。わぐまさん、感想ありがとうございます!いつもは本を読まないけど、話題作だけは読むような方(←言い方悪くてすみません)とかの意見はあんまり参考にならないと思ってて酷評も流していたんですが、やっぱり><な本なんですね。笑
これは裏で色々あったみたいですし(大賞にすることで本が売れる、そしてこの本を原作に水嶋ヒロが監督として映画を撮る、とか?で両方に利益がある)不思議な大賞と言うことですよね・・
ただ、この作品と一緒に応募していた、もしかしたら原石が埋もれてしまっていたら残念だな・・・と思います。
2011-02-08-12:46 * tomoko [ 返信 * 編集 ]

No title

なるほど、そういう作品だったのですね。
ダークなテーマを扱いながらも浅くて薄いって!それはそれで才能?
図書館にあったら読もうかな~、話のネタになるし。
2011-02-08-16:22 * - [ 返信 * 編集 ]

No title

私は・・・、読まないなぁ・・・
気にもならないし・・・

いま、血迷って「罪と罰」読んでます
ラスコーリニコフが金貸しばあさんを殺す話
2011-02-08-16:47 * macska [ 返信 * 編集 ]

No title

最後のアレは誤植です。この間本屋に行った時、重版の作品で確認したら、きちんと訂正して印刷されてました。急いで作ったせいで、製本が間に合わなかったんでしょう。なんとも、お粗末ですね。
書いたのが水嶋ヒロってことは、出版社側は当然わかってたんじゃないですかねぇ。出来レース説は有力な気がしますね・・・。
2011-02-09-00:30 * べる [ 返信 * 編集 ]

No title

気になっていたので、ここで内容と感想を聞けて良かった…。わぐまさん、ありがとうございます!!
そうかぁ。映画化狙いなら、この賞レースも納得できるかも。でも一生懸命書いて応募した人は、可哀想だなって思います~
2011-02-09-06:36 * banana [ 返信 * 編集 ]

No title

そっかぁ。
ワタシ期待しちゃってたなぁ。
期待したまま読むと、どうしても点数が辛くなってしまうから
もっとハードル下げないといけないな。
2011-02-09-09:17 * やっちい [ 返信 * 編集 ]

No title

TOMOKOさん。
買うのは、勿体無い!!
私、いろいろな本を読むけど・・・話題作も気になるミーハーちゃんですよ^^;
景気が悪いせいか、本もなかなか売れない中。。。本書は、100万部でしたっけ!??売れてますよね~。
「ウラ」があったかどうかは知らないけど・・・これと同時に応募した人の小説も読みたいですよね~~。
2011-02-10-10:36 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

たこさん。
ダークなテーマなのに、浅い!!ってのも才能なのでしょう・・・(笑)
軽く読めるのが良いのかもしれない。。。普段、本を読まない人も軽く読めそうだし^^;
図書館、、、多分、順番待ちが凄いんじゃないですかね~~~。
2011-02-10-10:38 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

マチカさん。
ハハハ^^;多分、興味ないですよね。
「罪と罰」なんて・・・なんだか、凄い本読んでますね~。
でも、たまには「名作」と言われる本も読みたいです。
2011-02-10-10:40 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

べるさん。
誤植だったのね!??残念。。。。「斬新な演出」だったら、面白いなぁ~って思ってたのに。
やっぱり出来レースだったのかなぁ~? 確かに、水嶋ヒロの名前があったから、こんなの売れたんだろうけど・・・
やっぱ、他の応募作品も読みたいです。
2011-02-10-10:43 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

バナナさん。どう致しまして。
コレ、映画化されても・・・多分、面白くないですよ。
「一生懸命書いて、応募した人」の作品も読みたいですよね~。
本にならないかしら??
2011-02-10-10:46 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

やっちいさん。
ハードル下げて下さい(笑)
「大賞」を取った作品!!じゃなくて、、、新人作家さんが、頑張って書いた小説!!って思えば、許せると思いますよ。
優しい気持ちでね♪
やっちいさんの感想が楽しみ!!
2011-02-10-10:48 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

まったく、同感(*^^*)
最後までSFを貫けばよかったのに、ラストを安っぽいドラマ仕立てにし、命や愛を持ち出してしまい、浅さが強調されてしまい残念に思いました。
ただ、皆が言うほど酷くはなかったので、次作に期待…と、言うことで( ̄ー ̄)ニヤリ
トラバさせてくださいね♪
2011-03-28-16:57 * 金平糖 [ 返信 * 編集 ]

No title

そう。「そんなに悪くない」って思いました。
確かに浅いし、命を扱っているのに軽い。でも、新人作家さんでは有りそうな感じですよね。
まぁ、今後に期待!ですかね^^
トラバありがとうございます。
2011-03-29-13:30 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]