FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › リライブ 【小路 幸也】

リライブ 【小路 幸也】

<読んだきっかけ>
ある方のブログで紹介されていて、面白そうだったから借りてみた。
 
<あらすじ>
死の間際に現れるバク。
 
人の思い出を食べるバク。
人生は選択が多いもの。その選ばなかった人生を、みる事が出来る。
選ぶ直前に、戻れる。
そして、バクと会った事、最初に選んでいた人生&その後。のことは覚えていない。
選び直した人生が、良いモノだったか、悪いモノだったかは分からない。。。
 
選ばなかった方の人生とは・・・
 
 
 
<ネタバレ&感想>
 
軽いファンタジー系だと思います。
 
人生が終わろうとしている時に現れるバク。
思い出を食べるバク。
そして、人は選び直した人生をみれる。。。
 
短編集です。1つの話、およそ20分位で読めます。(7編ありました。)
 
下宿している二人の大学生の間で、迷う少女。
 
最後から2番目の恋をやり直したいと願う女性。
 
友達の彼女との関係に戸惑う少年。
 
ジョン・レノンが死んだ日に戻りたいと願う人。
 
愛する人と仕事で悩む女性。
 
「取り戻したい言葉」がある人。
 
暴走族だった少年がもう一度・・・
 
 
最初に選んでいた、選択肢は分からない。
1つの話ごと、最初に出てくる主人公も、誰だか分からない。
そして、バクの「聞こえますか。」から始まる。
ラストにバクが出てくる。そして・・・
 
うん。。。ファンタジーというか、妄想が強い話は大ッ嫌い!!
でも、本書は好きでした。
 
あまり書くとネタバレになってしまい、本書の良さが薄れるので書きませんが・・・
 
あの時、違う選択肢を選んでいたら?って考える事ってあると思うんです。
そーいった小説も多いと思います。
パッと思い出すのが、荻原浩さんの「あの日にドライブ」。
 
本書は、全てが短編です。
そして、最初の人生で歩んでいた選択肢も分かりません。
帰りたい瞬間が、どの瞬間かも、最初は分かりません。
で、読み進めていくと全てが「あぁ~~」って繋がるパターン。
なので、読みにくい感はあるかもしれない・・・
でも、短編だからか、話が繋がりやすいし、読んでいくとだんだん、パターンが掴めてくる。
 
この話の裏は・・・とか、
多分、最初はコッチを選んだんだ・・・。って想像しやすくなってくる。
もう一つの選択肢を歩んだ後に、バクと再会する。
 
私は死んだ事が無いから、死ぬ直前に思い出を食べるバクが現れるのかは知らない。
 
でも、自分が死ぬ直前にバクが現れて、「もう一つの道」を見れるなら・・・
どの瞬間にするかな~~~。
って、想像してたら面白くなった。
 
どの話も、優しい感じでした。
いろいろな話があって、楽しめたけど、、、ありきたりだけど、ラストの話がやっぱり一番好きかな。
 
 
もし、もう一つの道を選べるなら、、、
どの瞬間に戻りたいですか?
 
 
メモ・・・
「取り戻したいものはありませんか?」
「やり直したい恋ありませんか?」
「選ばれなかった人生」
「死ぬほど後悔した日」
「やり残した仕事」
「取り戻したい言葉」
「もう一度味わいたい幸せな瞬間」

 
お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★★☆

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by macska
おや、ファンタジー嫌いなわぐちゃんがめずらしい・・・
ブログを読んでいて重松清の「なぎさの媚薬」シリーズを思い出しました
官能小説(いわゆるエロ本)に分類される本なので
わぐちゃんは読んでないと思いますが
とても悲しく読んだ覚えがあります

No title * by わぐま(*^。^*)
う~~ん。ファンタジー好きな人からみたら、本書はファンタジーと違うのかも^^; ただ、現実では「ありえな~い」ってですかね。
重松さんが、エロ本?・・・言葉改めまして、官能小説??かなり意外ですよ~~~。
悲しいエロ本は読みたくないけど、気になってしまいました(笑)

No title * by macska
図書館で「なぎさの媚薬」で検索してみてください
試しに読んでみて、ダメだったら途中でやめましょう(笑)
イケそうだったら感想聞かせてくださいな(笑笑)

No title * by わぐま(*^。^*)
はい。気になるので、チラ見してみます。
で、途中で挫折するかも^^;
図書館で見かけたら借りてみますね。

No title * by -
「もしも」シリーズみたいな話でしたね。面白い設定だったけど、同じようなものと比べるとちょっとパンチ不足だったかな、と思いました。
で、どの瞬間にもどりたいかといえば・・・あり過ぎて答えが出ません。

No title * by わぐま(*^。^*)
「もしも」シリーズ、面白いですよね。確かに似たようなケースになってしまいがち・・・
本書読んでしばらくは、どこに戻ろうか悩みましたが、、、同じく多すぎて決められなかったです(笑)

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

おや、ファンタジー嫌いなわぐちゃんがめずらしい・・・
ブログを読んでいて重松清の「なぎさの媚薬」シリーズを思い出しました
官能小説(いわゆるエロ本)に分類される本なので
わぐちゃんは読んでないと思いますが
とても悲しく読んだ覚えがあります
2010-12-10-11:15 * macska [ 返信 * 編集 ]

No title

う~~ん。ファンタジー好きな人からみたら、本書はファンタジーと違うのかも^^; ただ、現実では「ありえな~い」ってですかね。
重松さんが、エロ本?・・・言葉改めまして、官能小説??かなり意外ですよ~~~。
悲しいエロ本は読みたくないけど、気になってしまいました(笑)
2010-12-11-23:13 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

図書館で「なぎさの媚薬」で検索してみてください
試しに読んでみて、ダメだったら途中でやめましょう(笑)
イケそうだったら感想聞かせてくださいな(笑笑)
2010-12-13-19:04 * macska [ 返信 * 編集 ]

No title

はい。気になるので、チラ見してみます。
で、途中で挫折するかも^^;
図書館で見かけたら借りてみますね。
2010-12-14-08:21 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

「もしも」シリーズみたいな話でしたね。面白い設定だったけど、同じようなものと比べるとちょっとパンチ不足だったかな、と思いました。
で、どの瞬間にもどりたいかといえば・・・あり過ぎて答えが出ません。
2010-12-15-12:29 * - [ 返信 * 編集 ]

No title

「もしも」シリーズ、面白いですよね。確かに似たようなケースになってしまいがち・・・
本書読んでしばらくは、どこに戻ろうか悩みましたが、、、同じく多すぎて決められなかったです(笑)
2010-12-16-11:00 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]