FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › 美丘 【石田 衣良】

美丘 【石田 衣良】

<読んだきっかけ>
ブロ友さんのマチカさん・プラチナさんが絶賛してたのを、ドラマのCMを観て、思い出した。
 
<あらすじ>
明知大学2年生 峰岸美丘。
友達の彼氏でも欲しくなればすぐ寝て、
かわいい女の子なら、キスしたくなる。
相手が大男でもケンカして・・・自由奔放な美丘。
 
しかし、美丘には・・・
 
 
<ネタバレ&感想>
読む前から、マチカさんのブログを読んでいたので多少、内容を知りながら読みました。
 
ドラマでもやってるので、内容をご存知の方もいると思いますが・・・(ドラマと小説は違うかも・・・)
↓よりチョット内容に触れます。
 
 
破天荒というか、、、自由奔放というか、、、とにかく、「目いっぱい生きている」美丘。
 
彼女には、いつ終わりがくるか分からないから、「今」を精一杯生きるしか、無かった。
美丘は、幼い頃の手術が原因で、ヤコブ病になっていた。
潜伏期間は10年ほど。
発症すれば、治療方法が無く、病と向き合うしかない。
手足の痺れや記憶力の低下から始まり、最期には「自分で呼吸する事が出来なくなる」という病。
 
美丘は潜伏期間を過ぎているので、いつ発症してもおかしくない。
 
そんな中で太一と出会う。
 
やがて付き合いだす、太一と美丘。
一緒に暮らし始め、幸せな日々。
しかし、美丘はヤコブ病を発症する。
「普段出来た事」が出来なくなる美丘。記憶力が衰え、体力も無くなっていき・・・
 
う~~~ん。
本書、太一の語り口調なんですよね。それも過去形で・・・
つまり、全てが終わった後に「太一が語ってる」形です。
思い出しているような・・・
美丘に語りかけているような・・・。
そのせいか?結末が、見えてます。悲しい結末が。
 
一言じゃ、感想は言い切れない。
いろいろな感情が、蠢いてます。
 
まず、思ったのが・・・イジワルな感想だけど。
美丘の独特の考え方。
好きになったら、友達の彼氏でも寝取る。
きっと、自分に残されている時間は少ないんだから、自分の感情を大事にしたい。
とか、そーいったものだと思う。(もっと、複雑な感情だけど簡単に言うとね・・・)
ようは、いつまで「自分」でいられるか分からないから、「今」を目いっぱい生きる!
って感じなのかな・・・。
それって、大事な事だけど、周囲にいたらチョット嫌だな。
残された時間が少ないからって、許される事とそーじゃない事があると思う。
 
次に思ったのは、、、
「死」に直面した美丘と見届ける太一。
美丘が生きていたという証人になってくれと言われ・・・
美丘に「私が私じゃなくなったら、その手で終わらせて欲しい」と告げられる太一。
やがて、美丘にも病が・・・
戸惑い、迷いながらも美丘の思いを尊重する太一。
息を飲みながら、読みました。
どうする、太一。どうする、美丘。。。って、心配しながら読みました。
 
ヤコブ病。分かりやすく言うと狂牛病。
脳みそがスポンジみたくスカスカになってしまい、最期は自分が誰だか、分からなくなり、愛する人の事も忘れてしまう。
そこまでなっても「私」なのか。
う、、、私だったら、やっぱり美丘を同じ様な決断をするかな・・・?
でも、太一くん(愛する人)の今後を考えたら、違う決断をするでしょうね。
  
皮肉に聞こえるかもしれないけど、美丘って恵まれてない?とも思った。
両親に大切にされ育ててもらって、友達もいて、愛する人にも出会った。
本書にも書いてあったが、人は100%死を迎える。
ただ、美丘の場合、いつお迎えがくるか、分からない・・・。
明日、思いもよらぬかたちで命を亡くす人もいる。
病気なのに、お金がなくて満足な治療を受けられない人もいる。
家族もいなければ、愛する人がいない人もいる。。。
そー思うと、短い期間ではあるが精一杯生きた、生きれた美丘は恵まれてるのかな?と思った。
まぁ、若くして病気なのは可愛そうだけど・・・。 
 
ドラマは観てないが、どんな感じに仕上がってるのかチョット気になる。
なんか、原作とずれていそうで観るのが怖い・・・
 
本書では、
人を愛する事や 命・生きる事について深く描かれていると、思います。

 
心に残った一文があったので・・・
光り輝くときは、いつもそうと気づかぬうちにすぎてしまう。
 
 

お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★★☆

 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by ゅぅ
↑まだ記事ちゃんと読んでません。
何故ってちょうど昨日から読み始めているからー!!笑
なので読み終わってからもう1回感想書きに来ますねん。
では、うっとうしいコメントで失礼しました。

No title * by macska
>息を飲みながら、読みました。
>どうする、太一。どうする、美丘。。。って、心配しながら読みました。

同じように感情移入しまくって読みました
わぐちゃんと異なるのは、私の場合その感情移入が
いまだに継続中だっていうことでしょうか・・・・・・
客観視できないんです

美丘と太一のことを思うといまだに涙します
これを読んでいたその時の感情に支配されます

>どうする、太一。どうする、美丘。

この時ってほかの選択肢なんてあり得ませんでした
その感情をいつまでも引きずっています
それなので客観視ができないんです、わたし

トラバさせてくださいね

No title * by わぐま(*^。^*)
ゆうちゃん。
今読んでいる最中でしたか~~~。
ゆうちゃんの感想が気になりますね。若い子?(確か、美丘と同じ年くらいですよね??)が読んだら、どう感じるんだろう??って
覚えていたら、また来て下さいね。

No title * by わぐま(*^。^*)
マチカさん。
あぁ~~~私は、本書ダメですね~~~。
読後スグは、良かったんだけど、しばらくしてブログに感想を残そうと思い、本書で何を感じたか・何を思ったかを考えてたら、フツフツと『違和感』が湧いてきてしまいましたね。
でも、深く考えなかったらコレはコレでスルーしてたかもしれない・・・。
今では、冷静になって本書を思い出してます。うん、私は「違和感」アリアリです。
トラバありがとうございます。

No title * by ゅぅ
読み終わったので来ました~。
わぐまさんの記事読んで、「周りから見た太一と美丘」っていうのもあるんだなぁと思いました。
確かに友達という立場で美丘みたいなのがいたら嫌かも…。

ゅぅはこの物語、太一の立場になって考えた訳でもないし美丘の立場になって考えた訳でもなかったんですよね。
太一と美丘の凄く近くにいる第三者の気分でした。
まさしく「読者」。
そうなると太一の大切な人を失っていく怖さも美丘の自分が自分でなくなってしまう怖さも解れるような気がして。
美丘の自分に正直に生き過ぎる姿も「あぁ、衣良さんが描く女の子!って感じだなぁ」ってニヤニヤしながら読んでいました。
なんか感じたことが沢山ありすぎて、しかも思い出す度に感情が揺れすぎて何を感想としてあげればいいやら混乱しますね。
ゅぅも「美丘」の記事UPしたんで良かったら読んでみて下さい。

No title * by banana
この原作、石田衣良だったんだー。結末がみえていて、しかも「死」に関わるのだと私はちょっと嫌だな…(笑) ドラマでは多少かわるのかな。個人的には美丘って名前は素敵だと思います(笑)

No title * by わぐま(*^。^*)
ゆうちゃん。再来ありがとう♪
読後すぐは、私も感情が揺れ動きすぎて、言葉が見つからなかったです。自分の感情なんだけど、分からなかったなぁ~~~
「自分に正直に生きる美丘」って、魅力的ではあるけど・・・客観的にみると、迷惑だよなぁ~~~とも思った。
ゆうちゃんの記事が楽しみです。早速うかがいますね。

No title * by わぐま(*^。^*)
バナナさん。
「美丘」って素敵な名前ですよね。私も綺麗な名前だなぁって思いました。
テレビで石田さんが言ってたけど、知人?に「美丘」って名前の方がいるみたいですよ。その方の名前だけ頂いて、小説を書いたとか・・・

No title * by れじみ
こんにちは☆

儚くて切ない物語でした^^;
ラストは色々と考えちゃいました…。

No title * by わぐま(*^。^*)
レジミさん。初めまして~~コメありがとうございます。

本書は読後にいろいろと考えてしまいました。
「読後スグ」と「読後、時間が経ってから」の感想がかなり変わってしまった本です。

No title * by チュウ
またまたこんな遅れてやってきました(;^_^A
私はドラマも見てたんですけど…
美丘の破天荒ぶりは原作のイメージだったけど、太一が原作よりも草食系だったような…
そのかわり、ラストは、小説よりもいい感じで終わってくれてましたよ。
普通は、原作の方が映像より好きなんだけど、この作品は映像が好きかも?みたいな…
ちょっと複雑な気持ちになる本でしたね。
こちらからもTBさせてくださいね。

No title * by わぐま(*^。^*)
再放送のドラマをチョコチョコ観ました。
最終回も観ました。
私もラストはドラマの方が好きですね~。
(ドラマ、途中はあまり覚えてないですね^^;)
トラバありがとうございます。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

↑まだ記事ちゃんと読んでません。
何故ってちょうど昨日から読み始めているからー!!笑
なので読み終わってからもう1回感想書きに来ますねん。
では、うっとうしいコメントで失礼しました。
2010-07-16-10:08 * ゅぅ [ 返信 * 編集 ]

No title

>息を飲みながら、読みました。
>どうする、太一。どうする、美丘。。。って、心配しながら読みました。

同じように感情移入しまくって読みました
わぐちゃんと異なるのは、私の場合その感情移入が
いまだに継続中だっていうことでしょうか・・・・・・
客観視できないんです

美丘と太一のことを思うといまだに涙します
これを読んでいたその時の感情に支配されます

>どうする、太一。どうする、美丘。

この時ってほかの選択肢なんてあり得ませんでした
その感情をいつまでも引きずっています
それなので客観視ができないんです、わたし

トラバさせてくださいね
2010-07-16-13:19 * macska [ 返信 * 編集 ]

No title

ゆうちゃん。
今読んでいる最中でしたか~~~。
ゆうちゃんの感想が気になりますね。若い子?(確か、美丘と同じ年くらいですよね??)が読んだら、どう感じるんだろう??って
覚えていたら、また来て下さいね。
2010-07-17-00:16 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

マチカさん。
あぁ~~~私は、本書ダメですね~~~。
読後スグは、良かったんだけど、しばらくしてブログに感想を残そうと思い、本書で何を感じたか・何を思ったかを考えてたら、フツフツと『違和感』が湧いてきてしまいましたね。
でも、深く考えなかったらコレはコレでスルーしてたかもしれない・・・。
今では、冷静になって本書を思い出してます。うん、私は「違和感」アリアリです。
トラバありがとうございます。
2010-07-17-00:19 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

読み終わったので来ました~。
わぐまさんの記事読んで、「周りから見た太一と美丘」っていうのもあるんだなぁと思いました。
確かに友達という立場で美丘みたいなのがいたら嫌かも…。

ゅぅはこの物語、太一の立場になって考えた訳でもないし美丘の立場になって考えた訳でもなかったんですよね。
太一と美丘の凄く近くにいる第三者の気分でした。
まさしく「読者」。
そうなると太一の大切な人を失っていく怖さも美丘の自分が自分でなくなってしまう怖さも解れるような気がして。
美丘の自分に正直に生き過ぎる姿も「あぁ、衣良さんが描く女の子!って感じだなぁ」ってニヤニヤしながら読んでいました。
なんか感じたことが沢山ありすぎて、しかも思い出す度に感情が揺れすぎて何を感想としてあげればいいやら混乱しますね。
ゅぅも「美丘」の記事UPしたんで良かったら読んでみて下さい。
2010-07-17-10:52 * ゅぅ [ 返信 * 編集 ]

No title

この原作、石田衣良だったんだー。結末がみえていて、しかも「死」に関わるのだと私はちょっと嫌だな…(笑) ドラマでは多少かわるのかな。個人的には美丘って名前は素敵だと思います(笑)
2010-07-18-08:29 * banana [ 返信 * 編集 ]

No title

ゆうちゃん。再来ありがとう♪
読後すぐは、私も感情が揺れ動きすぎて、言葉が見つからなかったです。自分の感情なんだけど、分からなかったなぁ~~~
「自分に正直に生きる美丘」って、魅力的ではあるけど・・・客観的にみると、迷惑だよなぁ~~~とも思った。
ゆうちゃんの記事が楽しみです。早速うかがいますね。
2010-07-20-09:59 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

バナナさん。
「美丘」って素敵な名前ですよね。私も綺麗な名前だなぁって思いました。
テレビで石田さんが言ってたけど、知人?に「美丘」って名前の方がいるみたいですよ。その方の名前だけ頂いて、小説を書いたとか・・・
2010-07-20-10:11 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

こんにちは☆

儚くて切ない物語でした^^;
ラストは色々と考えちゃいました…。
2010-08-07-07:08 * れじみ [ 返信 * 編集 ]

No title

レジミさん。初めまして~~コメありがとうございます。

本書は読後にいろいろと考えてしまいました。
「読後スグ」と「読後、時間が経ってから」の感想がかなり変わってしまった本です。
2010-08-08-13:21 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

またまたこんな遅れてやってきました(;^_^A
私はドラマも見てたんですけど…
美丘の破天荒ぶりは原作のイメージだったけど、太一が原作よりも草食系だったような…
そのかわり、ラストは、小説よりもいい感じで終わってくれてましたよ。
普通は、原作の方が映像より好きなんだけど、この作品は映像が好きかも?みたいな…
ちょっと複雑な気持ちになる本でしたね。
こちらからもTBさせてくださいね。
2011-04-02-00:56 * チュウ [ 返信 * 編集 ]

No title

再放送のドラマをチョコチョコ観ました。
最終回も観ました。
私もラストはドラマの方が好きですね~。
(ドラマ、途中はあまり覚えてないですね^^;)
トラバありがとうございます。
2011-04-03-14:02 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]