FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › 神のふたつの貌 【貫井 徳郎】

神のふたつの貌 【貫井 徳郎】

<読んだきっかけ>
ブロ友さんべるさんに教えていただいた本。
(貫井さんの「夜想」を読んだ時。)
 

<あらすじ>
教会の牧師の子に生まれた・早乙女 輝。育った環境のせいか、どこか無口で暗い少年。
 
ある日、礼拝中に「匿っていただけませんか」と男が入ってきた。
朝倉という美しい顔の男だった。
 
朝倉が来てから、早乙女の生活に少しずつ変化が・・・
 
 
<ネタバレ&感想>
舞台が「教会」
なので、「神様はいるのか?」「神がいるなら、ナゼ不幸になる?」とか
「死とは?」「苦しみとは??」
などなど、ちょっとダークな?話もあった。
そーいったチョット難しい系の話と、事件。
 
うぅ~~~ぞくぞくした(=^▽^=)
 
「神」の話。いるのか・いないのか・・・とか、いった話はチョット苦手な分野でしたけど、、、大丈夫。
精神的に追い詰められるというか、、、考え出すとキリが無いような、、、、感じ。

 
と、「事件」
朝倉という男が来てから、早乙女少年の家庭が少しずつ変化する。。。
 
 
↓より、ネタバレします。
ハッキリと ばらすので、本書を未読の方はスルーした方が良いです。
 
 
 
 

 
最初から、早乙女輝の事を「早乙女」と表現しているのに違和感があった。
輝は、まだ小学生なのに、、、普通なら「輝」とか「輝くん」だろうに・・・と思ったが、
輝を大人扱いして「早乙女」と呼ぶのだと解釈した。
 
第2章・3章と普通に読んだ。
見事に騙されてた!!!!(私って素直なヤツ・・・)
そう。2章と3章は同時進行。
2章の「早乙女」は、輝の息子の創が。
3章の「早乙女」は輝。が主人公。
分かった時に、「あぁ~~~」って感心した。見事にやられた!!!
気持ちの良い、騙され方だった。
この騙され方が好き♪♪
 

「神」の話とか、小難しい話は、苦手だけど^^;
(正直、「神の話」では少し寝てしまった・・・)
だが・・・「神に対する姿勢」で、それぞれの精神構造が、はっきりしてて分かりやすかった。

 
 

お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★★☆

 
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by 紅子
貫井さんの作品、読んだ~!と思っても次々未読が出てくるんですよねぇ。『慟哭』は評判が良かったので買ったら保存状態になっていますし(笑)。
ぞくぞくしたいので借りてこようかな^^読んだらまたご報告に来ます♪

No title * by べる
これは騙されますよね。貫井さんの構成の巧さが光っていた作品だと思います。読んで頂けて嬉しいです。なかなか気に入って下さったみたいでほっとしました^^;ブログ開設前に読んだので記事がなくてTB出来ないのが残念です^^;ちなみに『慟哭』も騙された~!系で面白いですよ。軽めのものが良ければ『被害者は誰?』がお薦め^^

No title * by わぐま(*^。^*)
紅子さん。
そうそう、、、貫井さんって、多いですよね~。私も、未読がどっさりと!!!
「慟哭」は、読んだんだけど、忘れてるし・・・。でも、良かった記憶だけはあります。

No title * by わぐま(*^。^*)
べるさん。
なかなか、素敵な本を教えてくれてありがとうございます。
そうそう、、、べるさんの感想が知りたくて、お邪魔させて頂いたけど記事が無かった。。。チョット残念でした。(機会があったら、是非 記事にして下さい)
本書は、構成が凄いですね。見事でした。こーいった小説は大好きですね♪
「慟哭」は、、、忘れてしまったみたいです(笑)ブログを始める直前に読んだ記憶が・・・
「被害者は誰?」も、最近読んだ気がします。。。なかなか、良かったですよ。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

貫井さんの作品、読んだ~!と思っても次々未読が出てくるんですよねぇ。『慟哭』は評判が良かったので買ったら保存状態になっていますし(笑)。
ぞくぞくしたいので借りてこようかな^^読んだらまたご報告に来ます♪
2010-05-26-23:07 * 紅子 [ 返信 * 編集 ]

No title

これは騙されますよね。貫井さんの構成の巧さが光っていた作品だと思います。読んで頂けて嬉しいです。なかなか気に入って下さったみたいでほっとしました^^;ブログ開設前に読んだので記事がなくてTB出来ないのが残念です^^;ちなみに『慟哭』も騙された~!系で面白いですよ。軽めのものが良ければ『被害者は誰?』がお薦め^^
2010-05-26-23:58 * べる [ 返信 * 編集 ]

No title

紅子さん。
そうそう、、、貫井さんって、多いですよね~。私も、未読がどっさりと!!!
「慟哭」は、読んだんだけど、忘れてるし・・・。でも、良かった記憶だけはあります。
2010-05-29-10:39 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

べるさん。
なかなか、素敵な本を教えてくれてありがとうございます。
そうそう、、、べるさんの感想が知りたくて、お邪魔させて頂いたけど記事が無かった。。。チョット残念でした。(機会があったら、是非 記事にして下さい)
本書は、構成が凄いですね。見事でした。こーいった小説は大好きですね♪
「慟哭」は、、、忘れてしまったみたいです(笑)ブログを始める直前に読んだ記憶が・・・
「被害者は誰?」も、最近読んだ気がします。。。なかなか、良かったですよ。
2010-05-29-10:43 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]