FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › 飢餓海峡 改訂決定版  【水上 勉】

飢餓海峡 改訂決定版  【水上 勉】

<読んだきっかけ>
ブロ友さん Gonna Fly Nowさんの所で知った。
(ブロ友さん Gonna Fly Nowさんとは、最近『本の趣味が似ているなぁ~』と、思っている方です)
 
 
<あらすじ>
昭和22年。
北海道・函館を出航した青函連絡船は、台風の影響で転覆する。
死者・500名を越す、大惨事となった。
その死者の中に「身元不明」が2人いた。
 
同日、北海道にある村で、火災が発生し 台風の風の影響もあり、多数の被害者が出ていた。
火災の元となったのは質屋に押し入った強盗が証拠隠滅の為に放火したものだった。
 
2つの事件の結びつき。とは?
 
事件を捜査する警察。
事件の関係者の女性。
事件から10年を追った、事件の真相とは???
 
 
<ネタバレ&感想>
非常に長かった・・・・。
とてつもなく疲れた。
 
舞台が昭和22年。
なので、聞きなれない言葉などがあり、想像を膨らましながら読みました。
多少 難しい言葉・言い回しがあり、「読みにくいなぁ~」とも思ったけど、理解出来る範囲内。
昭和22年の日本。私は生まれてないが、時代背景が丁寧に描かれていたので、想像出来た。
 
青函連絡船の事故と村で起きた火災事件。
事件を追う、警察。
今の時代と違って、交通手段も不便だったり、、、スムーズに行かない。
もちろんインターネットなど無い時代。
その分、人との繋がりや人と人とのふれ合いが濃い。
人の温もりみたいのが、ひしひしを伝わってくるような感じだった。
戦後のモノが無い時代。
良くも悪くも昭和22年を描いているんだなぁと思った。
そして、この時代があっての今・現代になるんだなぁ~~と、思った。
 
 
内容的にはミステリーになるのか・・・
最近の小説のように絶妙なトリックとか、巧妙な手段、みたいのは無かったが、、、
時代背景と登場人物の心情。犯行の動機など、、、全てを含めて凄かった。
なんだか、スケールがデカクて。。。壮大な!!感じでした。
 
読むのにかなりの時間がかかったが、、、読み応えのある小説だと思いました。
かなり疲れたので、二度と読まないでしょう。。。一度、集中して読めばそれで充分だと思った。
もし、本書を読まれる方がいるのなら・・・かなり時間がかかると思って下さい。
 
 
お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★★☆


スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by GonnaFlyNow
わぐまさん、ボリュームたっぷりの上下巻を読み終わってお疲れ様でした&ありがとうございます(^_-)
戦後という時代背景と厳寒の地で、人と人との心の触れあいや絆、生き抜いていく意思の力…、読み応えたっぷりでした。
上下巻合わせて約700ページですから、この本を読む方はエネルギーがいりますね(^_-)

No title * by わぐま(*^。^*)
なかなかの面白い本を教えていただき、こちらこそありがとうございます。
そうそう、、、なかなかのボリュームでしたね(笑)
でも、戦後の混乱や貧困の中、必死に生きようとする姿は凄かった。
読むのにかなりのエネルギーを使ったけど、無駄では無かったですよ。いつまでも、心に残るような本でした。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

わぐまさん、ボリュームたっぷりの上下巻を読み終わってお疲れ様でした&ありがとうございます(^_-)
戦後という時代背景と厳寒の地で、人と人との心の触れあいや絆、生き抜いていく意思の力…、読み応えたっぷりでした。
上下巻合わせて約700ページですから、この本を読む方はエネルギーがいりますね(^_-)
2010-05-12-21:45 * GonnaFlyNow [ 返信 * 編集 ]

No title

なかなかの面白い本を教えていただき、こちらこそありがとうございます。
そうそう、、、なかなかのボリュームでしたね(笑)
でも、戦後の混乱や貧困の中、必死に生きようとする姿は凄かった。
読むのにかなりのエネルギーを使ったけど、無駄では無かったですよ。いつまでも、心に残るような本でした。
2010-05-13-10:34 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]