FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › 館島 【東川 篤哉】

館島 【東川 篤哉】

<読んだきっかけ>
最近、知った作家さん。
ブロ友さんの紅子さんに本書を「秀逸な作品」と紹介されて、読みたくなった。
私の通う図書館に無かったのでリクエストした。
 
 
<あらすじ>
天才建築家・十文字和臣が瀬戸内海の孤島にある自分が設計した別荘で亡くなった。
 
中央に螺旋階段があり、 外観は銀色で六角形。と一風変わった建造物。
 
その螺旋階段の下で、十文字氏は亡くなっていた。
監察医の所見では「転落死」では無く「墜落死」との事。
 
事件の真相が明らかにならないまま半年が過ぎ・・・
十文字氏の妻・康子夫人により、関係者が別荘に集められた。
 
 
<ネタバレ&感想>
シンプルで、面白かった。
紅子さんから「秀逸だ」と教えられていたので、かなりハードルが高かったが、それでも楽しめた。
 
半年前に起きた、「墜落死」
十文字氏の後継者をめぐる、血の繋がらない兄弟の争い。
そして、新たに起こる事件。&謎。
頼りにならない刑事と、ヤンチャで若い女の子の探偵。
と、ミステリーの定番っぽいのだが、飽きなかった。
 
東川さんっていうと、お笑い系ミステリーだと思うのだが、本書のお笑い系は控えめだった。
そんなに、ハジケて無かったです。
多少、笑いを誘う要素があるものの、かなり控えめなので 初心者の方でも多分大丈夫。
 
ただ、、、東川さんの「お笑い」の要素が好きな私なので、ちょっと物足りなかった。
 

 
 
 
↓、かなり内容に触れるので、これから本書を読みたい人はスルーして下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 

この別荘に隠されたトリック。
キーワードは「ネジとナット」。
 
そんなのって、現実にありえるのか?可能なのか??
と、疑問に思ったが、ミステリー小説って事で、ヨシとしよう。
もし、あるならば行って見たいと思うが。
 
その、トリックの解明に至るまでだが、、、
伏線が、白々しい・・・。
不自然に登場する、「パラセーリング」
詳細までは、推測出来なかったがこの「パラセーリング」が、何か引っかかってて 再登場するだろうなぁって思ってたら、やっぱり再登場した。
伏線がなんか見えてて・・・
ミステリーとしては、中途半端な感じもするが、ヨシとしよう!!
 
今度は「爆笑できる東川さん作品」を読みたいなぁ~~~。
 
 
 

お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★☆☆

 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by べる
私はこのバカトリック大好きですけどね(笑)。もともと、東川さんって爆笑出来るタイプの作品はないように思うんですよね^^;私の中で爆笑出来たのって『ここに死体を捨てないで下さい!』くらいなんですよね^^;笑いのツボが変わったのかもしれないですけど(笑)。やっぱり東川さんは烏賊川市シリーズでしょう(笑)。

No title * by わぐま(*^。^*)
あぁ~~、鋭いコメですわwww
実は私が初めて読んだ東川さんの本って「ここに死体を捨てないで下さい」だったんです・・・
だから、私の脳内では『東川さん=お笑い系』という図式になってまして・・・^^;
その後、烏賊川市シリーズとか数冊読んだのですが、、、お笑いの方がイマイチでして・・・
「ここに死体を~~」みたく、思いっきり笑いたいですわwww
トラバありがとうございます。

No title * by 紅子
えへへ、東川さんの作品では常に笑い転げている紅子です^^どうもツボが皆様とずれているみたいで、非難を受けることも多々ありますが、そんなことには負けずイヒイヒ笑っています。・・・え~、やっぱりおかしいのかなぁ~^^;;海堂さんの『夢見る~』の笑いは全然ついていけなかったけど、東川さんの笑いは全てOK。いえい、やっぱりファンなんだわ~♪・・・と改めて自覚したところでTBさせて下さいね^^

No title * by わぐま(*^。^*)
東川さんのお笑いのセンス、私も好きですよ。
ただ、もうちょっとハジけて欲しい!!!

海堂さんね、、、数冊読んだのですが、う~~~んイマイチでした。「夢見る~」読んでみたいですね^^
(怖いものみたさです・笑)

トラバありがとうございます。

No title * by 金平糖
ユーモア溢れる筆致なのに、結構大掛かりで本格派ミステリーというギャップが好きです。
綾辻さんの館シリーズを続けざまに読み、胸焼けしていたので楽しめました。
トラバさせて下さいね。

No title * by わぐま(*^。^*)
そうそう・・・笑えるのに、ちゃんとミステリーにもなってるのが凄いですよね。
やっぱ「笑い」が良いのかしら!?
トラバありがとうございます。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

私はこのバカトリック大好きですけどね(笑)。もともと、東川さんって爆笑出来るタイプの作品はないように思うんですよね^^;私の中で爆笑出来たのって『ここに死体を捨てないで下さい!』くらいなんですよね^^;笑いのツボが変わったのかもしれないですけど(笑)。やっぱり東川さんは烏賊川市シリーズでしょう(笑)。
2010-05-07-01:38 * べる [ 返信 * 編集 ]

No title

あぁ~~、鋭いコメですわwww
実は私が初めて読んだ東川さんの本って「ここに死体を捨てないで下さい」だったんです・・・
だから、私の脳内では『東川さん=お笑い系』という図式になってまして・・・^^;
その後、烏賊川市シリーズとか数冊読んだのですが、、、お笑いの方がイマイチでして・・・
「ここに死体を~~」みたく、思いっきり笑いたいですわwww
トラバありがとうございます。
2010-05-08-23:13 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

えへへ、東川さんの作品では常に笑い転げている紅子です^^どうもツボが皆様とずれているみたいで、非難を受けることも多々ありますが、そんなことには負けずイヒイヒ笑っています。・・・え~、やっぱりおかしいのかなぁ~^^;;海堂さんの『夢見る~』の笑いは全然ついていけなかったけど、東川さんの笑いは全てOK。いえい、やっぱりファンなんだわ~♪・・・と改めて自覚したところでTBさせて下さいね^^
2010-06-07-23:28 * 紅子 [ 返信 * 編集 ]

No title

東川さんのお笑いのセンス、私も好きですよ。
ただ、もうちょっとハジけて欲しい!!!

海堂さんね、、、数冊読んだのですが、う~~~んイマイチでした。「夢見る~」読んでみたいですね^^
(怖いものみたさです・笑)

トラバありがとうございます。
2010-06-08-11:03 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

ユーモア溢れる筆致なのに、結構大掛かりで本格派ミステリーというギャップが好きです。
綾辻さんの館シリーズを続けざまに読み、胸焼けしていたので楽しめました。
トラバさせて下さいね。
2010-06-10-09:25 * 金平糖 [ 返信 * 編集 ]

No title

そうそう・・・笑えるのに、ちゃんとミステリーにもなってるのが凄いですよね。
やっぱ「笑い」が良いのかしら!?
トラバありがとうございます。
2010-06-14-13:13 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]