FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › いつか陽のあたる場所で 【乃南 アサ】

いつか陽のあたる場所で 【乃南 アサ】

<読んだきっかけ>
たま~に、読みたくなる乃南さん。
作品が多すぎて、どの本を読もうか迷っていたら、ブロ友さんのラブリさんの記事で紹介してて、読みたくなった。
 
 
<あらすじ>
東京の下町で暮らす芭子(はこ)・29歳
芭子の仲良しの綾香・41歳
 
ふたりは、ひっそりと暮らしている。
ご近所の噂話にも敏感になり、警官の姿をみるとドキッとし・・・。
 
そこには、ふたりの変わった出会いが関連していた・・・。
 
 
 
<ネタバレ&感想>
ドキドキするような、ミステリーでも無いし、
「謎解き」があるワケでも、無い。
 
う~~~ん。「人情モノ」とでも、言うのだろうか・・・。
人と人との繋がりだったり、
芭子の隠された、過去だったり・・・。
普通の『人』の暮らしというか、、、そんな感じ。
 
なので、ハラハラ・ドキドキしたい時には向かないと思いました。
ごくごく、普通な感じ。
 
 
↓、内容に触れます。
 
 
 
肝心な所は
芭子と綾香の「出会った場所」
 
物語のかなり最初で、明らかになるのでココで触れても問題ないと思いますが、
知りたくない方は、ここまでで・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
二人が出会ったのは
「刑務所」
それそれが罪を犯してしまい、刑務所に入っていた。
そこで知り合った二人。
 
出所後、普通に仕事をし、普通に暮らしたい。
その為には「刑務所」の事を、周囲には秘密に・・・。
 
なんだか、切なかったですね・・・。
 
もし、隣人が・・・
職場で知り合った人が・・・
「去年の今頃は、刑務所に居たんだぁ~~」と、言い出したら。。。
 
やっぱり、チョットひいてしまうかも・・・
私は人間として、小さいヤツなのかもしれないけど、、、やっぱり、チョットひくかも。。。
でも、やはり最後は「その人の人間性」なんだと思う。
 
前科のある人でも、いろいろな話とかで、「その人」が理解出来れば、普通に接すれる気がしました。
まぁ、その「犯罪」の内容にもよるだろうけど・・・^^;
 
 
 
そんな事情のある、芭子と綾香の心の葛藤が丁寧に描かれてました。
乃南さんの描く「人」って、結構好きですね。
本書、シリーズ化されるらしいので続編も読みたいです。
 

お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★☆☆
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by むつみ
私も時々乃南さんの作品は読みます。
ちょっとした心の揺れなどがとっても繊細に描かれている気がします。
これは読んだことないので本屋で探してみようと思います。ぽち

No title * by わぐま(*^。^*)
そうなんですよね。乃南さんって、「心の揺れ」の描き方が、リアルで良いですよね。ものすごい丁寧さを感じます。

No title * by わぐま(*^。^*)
ナイショさん。
そうなんですよね。「人」なんですよね・・・。
きちんと「その人」と向き合う事が、大切なんだと思います。

難しいお仕事ですね。簡単に「頑張って」とは言えません。
でも、とっても大切な仕事だと思います。ナイショさんの力を必要としている人は多勢いるのだと思います。 陰ながら応援してます。

No title * by ラブリ
綾香の犯した罪はともかく、芭子に関しては、もし字面だけでその罪状を読んでいたら、きっとあまりにも軽率で自己中心的な恥ずべき人物だと断罪して終わっていた気がします。でも乃南さんの書いた細やかな心情描写を読むと、そう簡単に切り捨てることは出来なくなってしまう。あらためて自分の視野の狭さと、作者の手腕のすごさを再認識させられました。
こちらからもTBさせてくださいね♪

No title * by わぐま(*^。^*)
ラブリさん。
そうそう、、、心情が凄い丁寧に描かれてましたね。
読むにつれ、人物が生き生きしてくるんですよね。乃南さん、凄いですね。
本書を教えて頂き&トラバありがとうございます。

No title * by やっくん
初めまして! ラブリさんのブログからやってきました^^
私も乃南アサさんの女刑事・音道貴子シリーズが好きで、この本にたどり着きました。
続編も、図書館に予約済みです。TBしていきますので、よろしくお願いします。

No title * by わぐま(*^。^*)
初めまして。やっくんさん、コメありがとうございます。
お!!偶然にも、今「音道貴子シリーズ」読んでいる所です。先日「鎖」を読み終えた所・・・。なかなか、面白いですね~~

TBありがとうございます。
あとで、ゆっくりお邪魔させてくださいね。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

私も時々乃南さんの作品は読みます。
ちょっとした心の揺れなどがとっても繊細に描かれている気がします。
これは読んだことないので本屋で探してみようと思います。ぽち
2010-03-31-15:16 * むつみ [ 返信 * 編集 ]

No title

そうなんですよね。乃南さんって、「心の揺れ」の描き方が、リアルで良いですよね。ものすごい丁寧さを感じます。
2010-04-01-11:00 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

ナイショさん。
そうなんですよね。「人」なんですよね・・・。
きちんと「その人」と向き合う事が、大切なんだと思います。

難しいお仕事ですね。簡単に「頑張って」とは言えません。
でも、とっても大切な仕事だと思います。ナイショさんの力を必要としている人は多勢いるのだと思います。 陰ながら応援してます。
2010-04-03-11:00 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

綾香の犯した罪はともかく、芭子に関しては、もし字面だけでその罪状を読んでいたら、きっとあまりにも軽率で自己中心的な恥ずべき人物だと断罪して終わっていた気がします。でも乃南さんの書いた細やかな心情描写を読むと、そう簡単に切り捨てることは出来なくなってしまう。あらためて自分の視野の狭さと、作者の手腕のすごさを再認識させられました。
こちらからもTBさせてくださいね♪
2010-04-06-16:19 * ラブリ [ 返信 * 編集 ]

No title

ラブリさん。
そうそう、、、心情が凄い丁寧に描かれてましたね。
読むにつれ、人物が生き生きしてくるんですよね。乃南さん、凄いですね。
本書を教えて頂き&トラバありがとうございます。
2010-04-08-09:30 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

初めまして! ラブリさんのブログからやってきました^^
私も乃南アサさんの女刑事・音道貴子シリーズが好きで、この本にたどり着きました。
続編も、図書館に予約済みです。TBしていきますので、よろしくお願いします。
2010-07-08-21:18 * やっくん [ 返信 * 編集 ]

No title

初めまして。やっくんさん、コメありがとうございます。
お!!偶然にも、今「音道貴子シリーズ」読んでいる所です。先日「鎖」を読み終えた所・・・。なかなか、面白いですね~~

TBありがとうございます。
あとで、ゆっくりお邪魔させてくださいね。
2010-07-10-01:49 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]