FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › 球体の蛇 【道尾 秀介】

球体の蛇 【道尾 秀介】

<読んだきっかけ>
以前、読んでいた作家さんなのですが・・・毎回毎回、幼い子供が犠牲になったり、、、性的虐待が多かったので避けていた作家さん。なのですが、「カラスの親指」を読んで、なかなか良かったので、再び!!



<あらすじ>
1992年。17歳の友彦は、幼馴染のナオの家でお世話になっていた。
ナオの父親・乙太郎との3人暮らし。

6年前の夏。ナオの姉・サヨ と 母・逸子は亡くなっていた。

2人の死には、悲しい「秘密」があった。


突然現れた、サヨに似た女性・智子。

智子に惹かれていく友彦。しかし・・・



<ネタバレ&感想>
友彦の視線で語られていく。

現在から
メインは1992年。
6年前の事件。

ボヤカシている、どこか「闇」に包まれているのが、引き寄せられた。
うっすら、、、見えてくる。と、いう所に読者は惹かれるのでしょうね。

冒頭と本文に「星の王子さま」(サン=テグジュペリ・作)が出てくる。
「星の王子さま」大好きな私はグワッと胸を突かれた。


肝心な、本書の感想ですね・・・
全体的に「暗~~い」感じでした。
曇り空の下、、、みたいに、鬱々としてて、いつ晴れるんだろう??って。
なので落ち込んでいる時とかには向かないですね(笑)

幼い子が性的被害。とかは、無かったけど、、、道尾さんの作品「性的」なモノから抜け出せないのか。。。
「性的」が全てじゃないけど、、、多い気がします。

本書、『つながり』は、ともかく。。。
ラストは、「ほほ~~~ん』と面白かったと思う。

↓ちょっと内容に触れます。





ラスト。
火災事故の真実を知るのはナオだけ。
火災の真実は・・・・。ナオは「xxxxxxだった」と言ってるけど、果たして本当か?

OOが自殺をしたというけど、、、本当???


などなど、、、ナオというオンナが怖かった。

誰も知らない真実。は、作り変え出来るんですよね^^;

イヤ~~~怖い(>_<)!!!!




お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★☆☆

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by 紅子
わぐまさんの↓以下の部分がほーんとそうなんですよね!!!私も色々想像をめぐらせながらも結局は分からないまま・・・ってそれが一番怖いじゃん!と思ったクチです^^;TBさせて下さいね。

No title * by わぐま(*^。^*)
結局、一番怖いのはナオでしたね~。
ひや~~~、オンナって怖い・・・。
トラバありがとうございます。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

わぐまさんの↓以下の部分がほーんとそうなんですよね!!!私も色々想像をめぐらせながらも結局は分からないまま・・・ってそれが一番怖いじゃん!と思ったクチです^^;TBさせて下さいね。
2010-02-18-23:18 * 紅子 [ 返信 * 編集 ]

No title

結局、一番怖いのはナオでしたね~。
ひや~~~、オンナって怖い・・・。
トラバありがとうございます。
2010-02-20-17:28 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]