FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › 悪党 【薬丸 岳】

悪党 【薬丸 岳】

<読んだきっかけ>
新刊が出たら、読みたい作家さん。


<あらすじ>
ある探偵のもとに「自分の息子を殺した犯人の”その後”を調べてくれ」という依頼がある。
依頼主の老夫婦は犯人の男を赦すべきか、そうでないか・・・の判断を探偵に委ねる。

その探偵にも「姉を殺された」という過去があった。

犯罪被害者の家族。
加害者を赦せるのか・・・。




<ネタバレ&感想>
かなり、重かったです。内容的にもキツイし、、、
軽く読みたい時には、向かないですね。

1章ごとに「依頼主」が変わる。
最初から最後まで、繋がっている事件もあるのだが、1章1章で「被害者」と「加害者」がいる。
特に感じたのが『被害者の多さ』
「これでもか~~~~!!」っていうくらい、被害者がいっぱい出てくる。
被害者が出てくるという事はその家族も出てくる。
痛ましいですよ・・・もう、ココロが泣いてしまうくらい、痛かった。

メインとなるテーマは。
犯罪被害者の家族が加害者を赦せるのか・・・
加害者が更生していたら、赦せる?
加害者が反省もせず、また悪い事をしていたら赦せない?
、、、といった感じです。

なので、とっても重いです。
赦せるか赦せないか・・・
気になる方は読んでみて下さい。

読みながら考えてしまう事。「自分だったらどうする?」でした。
私なら、、、即答です『赦せないです。』
相手が更生していようが、反省していようが、、、何がどうあっても赦せない。(私の心が狭いのか??)
自分と同じくらいの悲しみを相手にも経験さしてやりたいですね。(ん???私が悪党なのか??)


↓チョット内容に触れます。



ある事件の被害者。娘を喪った父の言葉が胸に刺さりました。
「俺たち(被害者家族)は不幸になっちゃいけない。笑えるように生きろ」
って感じの言葉です。
深い深い、、、重い言葉でした。


お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★☆☆

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

Comment







管理者にだけ表示を許可