FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › かあちゃん 【重松 清】

かあちゃん 【重松 清】

<読んだきっかけ>
ブロ友さんの金平糖さんから教えて頂いた本。
少し前に重松さんの「ステップ」という本を読んだのですが、どうも合わなくてしばらく重松さんは読まない方が良いのか?と思ってしました。
でも、本書は図書館に予約してあったので、、、、気が進まないが借りて読んでみた。


<あらすじ>
ひとりの中学生がイジメを苦に自殺してしまう。発見が早く助かったのだが、転校する。
イジメの主犯の少年。
イジメられていた少年と仲が良かった少年。
イジメを知っていて見ないふりをしていた少女。
教師。
それぞれの「家族」との絆、自分と向き合い成長していく姿。


<ネタバレ&感想>
どの本にも言える事だが、得に重松さんは「読むタイミング」があると思う。

今回は、、、、まぁまぁ良いタイミングで読めた気がします。

タイトルからして、「泣かせ系??」とチョット偏見をもったまま読みました(私ってイヤなヤツです・笑)

確かに重松さん独特の世界ではあるが、露骨な「泣かせ系」では無いと感じました。


メインとなるテーマが2つありました。
「母親」と「イジメ」。

↑のあらすじでも、どこまで書こうか悩みましたが・・・・

それぞれの「母親」が登場します。それぞれ、いろいろな意味でスゴイ!
母親って偉大だし、貫禄あるし。。。。参りました。。。。
母の愛ってデッカイし、温かい。
って、素直に感じました。
まるで、広大な海?温かく見守ってくれている太陽???そんな自然の大きさでした。


2つめのテーマ。「イジメ」
苛められていた少年が自殺未遂をする。という所から始まったのですが、、、、

苛められていた少年と仲が良かったのに、イジメに加担しないと自分が苛められると思い、イジメに加担してしまう少年。

イジメの主犯格の少年。

イジメを見て見ぬふりしていた少女。

イジメに気付けなかった教師。

苛められていた少年。。。。

と、それぞれの「語り手」がいるのですが、、、、そして、それぞれの「家族」や「母親」との絆がみえてくるのです。

感想は、、、微妙ですね~~~。
悪くは無い!が、やはり「イジメ」は読んでいて、胸糞悪かった。(言葉が汚いですが・・・)
どこに行っても「イジメ」は無くならないし、現実問題として理解はしていますが、やっぱイヤなモンですね。

本書ではイジメを苦に自殺をして、助かったが転校した少年に対して、それぞれがどうしたら良いのか?という所がポイントとなってきてました。
少年に謝罪すれば良いのか???謝罪だけで済むのか???
答えは、、、、読んだら分かるのですが、、、、、
ものすごい深くて、でも大切なことでした。


なんだか、本当の意味の「謝罪」を教えられた気がします。

ちょっと重く・深い小説でした。







お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★☆☆

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by たら
重松さんはわたしもなんとなく読まずにいました。
でも職場で重松さんの本を好きな人がいて
勧められて何冊か読みました。
季節のシリーズでかかれたもの、なかなかよかったです。
これも読んでみようかな。^^

No title * by macska
題名が「かあちゃん」ですから、
母の偉大さがクローズアップされてましたね

重松さんって「子どもたち」のことを
書きたいんだなぁって感じる時があります
それに付随して友情やら、いじめやら、親子の関係やらが出てきて
物語を形作っているんだなぁって

トラバさせてくださいね
(訳分かんない文章ですが・・・)

No title * by 金平糖
本書は私には題名から受けたた印象とは随分違う内容の作品でした。
泣かせ系でもないし、母が大きく占めているものでもない。
それだけに、意外で、むしろ「青い鳥」の続編のような印象を受けました。
トラバ返しさせて下さいね。

No title * by banana
重松さんは、流星ワゴンしか読んだことないのだけど。。
面白いんだけど、全体的に、ちょっと、気分が低迷しちゃうの・・・(笑)。わぐまさんがおっしゃるとおり、読み時(タイミング)があるのでしょう!

No title * by わぐま(*^。^*)
たらひらさん。
「季節風シリーズ」を読まれたんですね~。私は春が好きだったような記憶があります。
本書も悪くは無いですよ~。でも「流星ワゴン」の方が好きかも。

No title * by わぐま(*^。^*)
マチカさん。
そうそう、重松さんって中学生の登場が多いですよね。
子供の微妙な心の揺れ・・・を描いている作品が多いように思えます。
読むタイミングさえ合えば、悪くないんだけど^^;

トラバありがとうございます。

No title * by わぐま(*^。^*)
金平糖さん。
「青い鳥」が未読なので、何とも言えませんが・・・
私もタイトルの印象とかなり違いました。「希望が丘~」や「ステップ」のように、シングル・マザーの話かと思ったら。。。
でも、私はこーいった分散されている?方が良かったみたいです。

トラバ返しありがとうございます。

No title * by わぐま(*^。^*)
バナナさん。
「流星ワゴン」好きですね~。★3つ半くらい!
重松さんって本当にタイミングが難しい。読後に異様に落ち込んでしまう時もあれば、「何だったんだよーー#」と怒る時もある。
でも、私がよく感じるのはチョットした寂しさかな。でも、その寂しさの中に優しさや暖かさがあります。
まぁ、読むタイミングやら好き嫌いの問題ですけどね。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

重松さんはわたしもなんとなく読まずにいました。
でも職場で重松さんの本を好きな人がいて
勧められて何冊か読みました。
季節のシリーズでかかれたもの、なかなかよかったです。
これも読んでみようかな。^^
2009-11-01-14:18 * たら [ 返信 * 編集 ]

No title

題名が「かあちゃん」ですから、
母の偉大さがクローズアップされてましたね

重松さんって「子どもたち」のことを
書きたいんだなぁって感じる時があります
それに付随して友情やら、いじめやら、親子の関係やらが出てきて
物語を形作っているんだなぁって

トラバさせてくださいね
(訳分かんない文章ですが・・・)
2009-11-01-15:17 * macska [ 返信 * 編集 ]

No title

本書は私には題名から受けたた印象とは随分違う内容の作品でした。
泣かせ系でもないし、母が大きく占めているものでもない。
それだけに、意外で、むしろ「青い鳥」の続編のような印象を受けました。
トラバ返しさせて下さいね。
2009-11-02-07:38 * 金平糖 [ 返信 * 編集 ]

No title

重松さんは、流星ワゴンしか読んだことないのだけど。。
面白いんだけど、全体的に、ちょっと、気分が低迷しちゃうの・・・(笑)。わぐまさんがおっしゃるとおり、読み時(タイミング)があるのでしょう!
2009-11-03-08:10 * banana [ 返信 * 編集 ]

No title

たらひらさん。
「季節風シリーズ」を読まれたんですね~。私は春が好きだったような記憶があります。
本書も悪くは無いですよ~。でも「流星ワゴン」の方が好きかも。
2009-11-03-09:14 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

マチカさん。
そうそう、重松さんって中学生の登場が多いですよね。
子供の微妙な心の揺れ・・・を描いている作品が多いように思えます。
読むタイミングさえ合えば、悪くないんだけど^^;

トラバありがとうございます。
2009-11-03-09:15 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

金平糖さん。
「青い鳥」が未読なので、何とも言えませんが・・・
私もタイトルの印象とかなり違いました。「希望が丘~」や「ステップ」のように、シングル・マザーの話かと思ったら。。。
でも、私はこーいった分散されている?方が良かったみたいです。

トラバ返しありがとうございます。
2009-11-03-09:24 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

バナナさん。
「流星ワゴン」好きですね~。★3つ半くらい!
重松さんって本当にタイミングが難しい。読後に異様に落ち込んでしまう時もあれば、「何だったんだよーー#」と怒る時もある。
でも、私がよく感じるのはチョットした寂しさかな。でも、その寂しさの中に優しさや暖かさがあります。
まぁ、読むタイミングやら好き嫌いの問題ですけどね。
2009-11-03-09:29 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]