FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › 殺人者 【深谷 忠記】
2009-10-30 (Fri) 14:47

殺人者 【深谷 忠記】

<読んだきっかけ>
図書館の「返却された本」のコーナーにあって、タイトルが衝撃的で借りてみた。
多分、以前のも深谷さんの本は読んだことある。。。。


<あらすじ>
児童を虐待する親が何者かによって、殺害される。
繰り返される虐待。その児童を保護する者達。

殺害事件の真犯人は?


<ネタバレ&感想>
読んでいて、気持ちの良い内容では無かったです。
きっと、子供をもつ親なら「すっごくイヤな気持ち」になるでしょう。

それでも、読んだ。
よく聞く、「虐待」というテーマだったから。

世間では「虐待する親は、自分も虐待されてきた」という。そう『負の連鎖』。
悲しい連鎖だと思います。
繰り返される虐待。

それがメインで描かれている本なので、読んでいてツラかったです。
でも、虐待された子供は、どうなるの?と気になり、読み続けました。

答えは、、、、明確に描かれてませんが、一応描かれてました。

↓からちょっと内容に触れます。





自分の子供を虐待している親が殺害される。
その犯人は???という所ですが、、、

読みながら「コイツは怪しいな~~~」と思う人が2人。
でも大抵「怪しいヤツは犯人では無い!」
本書の場合は。。。。
ふっふ・・・・「そうきたか!でも、伏線はあったし・・・・まぁでもそんなモンかぁ?」
といった所でしょうか。


本書、前半部分は得に!
「語り手」が、コロコロ変わるのですが、分かりにくい^^; 読み難かったです!
と、登場人物が多い気もします。。。
多い気がするだけで、そんなに多くは無いのかもしれないけど、「名前」に特徴がないのか・・・読みながら「アンタ誰だっけ?」と思う時が数回あった。(ただ、私の記憶力が無いだけだと思いますが)


う~~ん。ミステリーとしては、まぁまぁの出来。(かなり上から目線で失礼)
テーマとしてあげられてる「虐待」。・・・キツイ内容ですね。
でも、こーいう事も世の中ではありえるんだなぁ。と感じる程度には、良いかも。
でも、でも、本当に胸が痛むし悲しいです。。。


タイトルにもなっている「殺人者」とは一体何の・誰のことなんでしょうか?
答えは、、、読めば分かります。



と、いう事であまりお勧めしませんが、、、「虐待」の世界を知ったという意味で。
お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★☆☆

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

Comment







管理者にだけ表示を許可