FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › 放課後のウォー・クライ 【上原 小夜】

放課後のウォー・クライ 【上原 小夜】

<読んだきっかけ>
「日本ラブストーリー大賞」関連を最近、読み漁ってる私。
気になる賞のひとつです。


<あらすじ>
数学の先生と周囲にはナイショで付き合っているリカ。
スタンガンを持ち歩いているけど、大人しい存在の仮谷。
2次元の世界で恋しているのに、妊娠をおそれる真希。

3人の高校2年生。の、イマドキ?の青春ストーリー。


<ネタバレ&感想>
「先生と生徒の恋愛」に、最初からなんとなく、イヤ~な予感。
20ページくらい読んで、一度閉じました。
正直言って「気持ち悪い。」といった感じ。

でも、やっぱり気になったので続きを読みました。
(2週間くらい、間があいてしまったので最初から読み直した)


はい、偏見はイケナイです。
私も偏見、、、イヤな目で10代の子をみるようになってしまったのか?と思うとチョット反省。


もちろん、先生と生徒の恋が良いとも思えないけど、、、

本書、ガマンして30ページくらいまで読むと、その後はグイグイ引きこまれると思います。


↓から、ちょっと内容に触れます。

一人暮らしをしていて、どこか寂しいリカ。
17歳なのに「若さ」とか「やる気」が無いリカ。
周囲の大人は「勿体無い」とか「今が一番良い時」とかいうけど、実感が無い。。。その通り!!
私も高校生の頃はダラダラ生きていて、周囲の大人に同じ様な事を言われ、、、でも当時は「は!?意味分かんない!」って思っていたけど、36歳にもなると、分かる!!

本書は、17歳ながらの悩みとかアガキですね。
「生きる事」「死んでしまう事」、17歳ながらも考えて、自分なりに答えを見つけている。

17歳。微妙な年ですね~。
子供でも無い、けど「大人」でも無い。
自分が17歳の頃は生意気にも大人になったつもりだった。。。けど、今思えばただの生意気なガキでした。
そんな、17歳の不安定で「あやうい」ココロが痛いほど丁寧に描かれていました。

「先生と生徒の恋」やら「スタンガン」やら、、、「飲酒」やら、、、マユをひそめたくなるシーンも多々ありましたが。
自分の17歳を思い出せば、何も言えなくなりました。
決して良い事では無いけど、いろいろな経験をして成長していくものですよね?
だから、偏見ナシにシンプルな気持ちで読めば、スッと入ってくる話だと思います。

途中で、本当に突然の!!!と、ちょっと驚愕の展開になりましたが、伏線が全く無かっただけに、シンプルに驚いたし、話の展開としては良かったのかな~と思います。



10代後半の独特の悩みを忘れてしまっている大人にも、
本書の主人公たちと同世代の高校生達にも、、、
「お勧めします!」と胸を張って言えないけど、
「読んでみて、悪くはない本だよ。」っていう感じかな。



★4つに限りなく近い、
お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★☆☆

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by macska
「日本ラブストーリー大賞」は
「カフーを待ちわびて」を最近読みました
沖縄の先島が舞台なので、沖縄好きの私には楽しい本でした

十代の頃は「生きる事」「死んでしまう事」が対置されますね
宮本輝さんの「錦繍」ではそれらのニュアンスを少々変え、
「生きている事」と「死んでいる事」として向き合わせ、
そしてそれらは「同じことかもしれない」とします

二十代の頃から今に至るまで私に居座るテーマです

No title * by たら
日本ラブストーリー大賞ってはじめて聞きました。
ラブストーリーからは遠ざかっているものとしては
興味ありますね。

ちなみに私のおじは教え子と結婚して幸せに暮らしています。
いま、84歳ですけどね。^^

No title * by banana
一度閉じて2週間あいたっていうところにクスッと笑いました(笑)17歳の当事者が読むと、また違うのかな…ちょっと興味ある…(笑)

No title * by わぐま(*^。^*)
マチカさん。
「カフー~」は私も好きですよ。

「生きる事」「死ぬ事」。。。深いです。
本書で「なんで自殺したらダメなの?」みたいなニュアンスがあるのですが、、、。
私も、「生きること」について考える時ありますね。

No title * by わぐま(*^。^*)
たらひらさん。
この「ラブストーリー大賞」って、当たりハズレはあるけど、なかなか面白いですよ。
私は「埋もれる」ってタイトルのがダメでしたね~~~。
「カフーを待ちわびて」らへんがお勧めかな~。

84歳のおじさま、、、教え子とね・・・。私の周りにもいるけど、、、現役の先生と生徒だとチョットキツイかな。

No title * by わぐま(*^。^*)
バナナさん。
そうなの~~。「あまりのイヤさ」に一度閉じて、図書館の返却日が来てしまったので一度返したんだけど、気になってまた借りて、、、せっかく借りたんだから読もう!!
ってヤヤコシイ奴です(笑)

17歳の感想も聞いてみたいですね~。
どう感じるんだろう?

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

「日本ラブストーリー大賞」は
「カフーを待ちわびて」を最近読みました
沖縄の先島が舞台なので、沖縄好きの私には楽しい本でした

十代の頃は「生きる事」「死んでしまう事」が対置されますね
宮本輝さんの「錦繍」ではそれらのニュアンスを少々変え、
「生きている事」と「死んでいる事」として向き合わせ、
そしてそれらは「同じことかもしれない」とします

二十代の頃から今に至るまで私に居座るテーマです
2009-10-27-09:02 * macska [ 返信 * 編集 ]

No title

日本ラブストーリー大賞ってはじめて聞きました。
ラブストーリーからは遠ざかっているものとしては
興味ありますね。

ちなみに私のおじは教え子と結婚して幸せに暮らしています。
いま、84歳ですけどね。^^
2009-10-27-10:00 * たら [ 返信 * 編集 ]

No title

一度閉じて2週間あいたっていうところにクスッと笑いました(笑)17歳の当事者が読むと、また違うのかな…ちょっと興味ある…(笑)
2009-10-29-12:26 * banana [ 返信 * 編集 ]

No title

マチカさん。
「カフー~」は私も好きですよ。

「生きる事」「死ぬ事」。。。深いです。
本書で「なんで自殺したらダメなの?」みたいなニュアンスがあるのですが、、、。
私も、「生きること」について考える時ありますね。
2009-10-29-17:58 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

たらひらさん。
この「ラブストーリー大賞」って、当たりハズレはあるけど、なかなか面白いですよ。
私は「埋もれる」ってタイトルのがダメでしたね~~~。
「カフーを待ちわびて」らへんがお勧めかな~。

84歳のおじさま、、、教え子とね・・・。私の周りにもいるけど、、、現役の先生と生徒だとチョットキツイかな。
2009-10-29-18:01 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

バナナさん。
そうなの~~。「あまりのイヤさ」に一度閉じて、図書館の返却日が来てしまったので一度返したんだけど、気になってまた借りて、、、せっかく借りたんだから読もう!!
ってヤヤコシイ奴です(笑)

17歳の感想も聞いてみたいですね~。
どう感じるんだろう?
2009-10-29-18:03 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]