FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › 読んだ本 › 年に一度、の二人 【永井 するみ】

年に一度、の二人 【永井 するみ】

<読んだきっかけ>
前回、永井さんの本読んで、ひどい目にあって「しばらくは長井さんは読まないでおこう・・・」と思ったのに、借りてしまった。
なんとなく読みたくなってしまった・・・



<あらすじ>
仕事で知り合った男性と「来年の同じ日。10月の3週の水曜日に、ココで再会しよう」約束した沙和子
約束だけで、それ以外何もない。それが7年続いている・・・


旅先で出会った青年と「来年の10月の3週目の水曜日にココで再会しよう」と約束するOL。


年に一度だけ会う。。。



<ネタバレ&感想>
はははは・・・・私、バカだなぁ~~~。
アレだけ酷評しておきながら、また借りてるよ・・・・


今回のストーリー。。。
以下、ネタバレします。












夫とは上手く行ってないが、夫も子供もいる沙和子。
で、年に一度「恋人」に会えるのを楽しみにしている。。。

母親が病弱で「結婚するなら、実家の近くに住んでくれる人」と、結婚相手に迷うOL。
旅先で出会った青年が忘れられず、再会を待ち遠しく思っているのに、条件の良い相手に傾いていく。

1話目が沙和子。
2話目がOLちゃん。
3話目が「まとめ」
なのですが・・・

やっぱり、永井さんの描く「女性像」がダメだわ~~~。

年に一度の・・・っていうから、期待して読んだのに。。。
どんな、複雑な思いがあって、切ないのかな???とワクワクしてたのに・・・


沙和子もOLちゃんも、期待ハズレ。
「な~に、ワケ分からない事言ってんだよ --#」と、プチ切れしてました(笑)

キレたけど、嫌悪感は無かったので、、、、。多分、読んでも大丈夫ですよ~~。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

Comment







管理者にだけ表示を許可