FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★5つ › 氷点 【三浦 綾子】

氷点 【三浦 綾子】

<読んだきっかけ>
以前、記事にした・・・きっかけ。にあるのですが、私が物心ついてから(記憶の中にある・・・)初めて自分の意志で買って&読んだ本。

この本をきっかけに本が好きになった。


<あらすじ>
昭和21年、夏。

旭川市の医師であり、辻口医院の院長でもある辻口啓造の、愛娘・3歳のルリ子を絞殺される。

事件があった時、ルリ子の母・夏枝は、辻口医院の勤務医・村井と逢引中だった。

この事実を知った啓造は「犯人の子供」を引き取り、自分達の子供として育てる事にした。夏枝には本当の事を言わないで・・・

「汝の敵を愛せよ」という、キリスト教の教えを実践したい啓造。しかし、、、、



<ネタバレ&感想>
この本を初めて読んだのが20年前。高校1年の夏でした。
当時は、ものすごい時間かかって読んだ気がします。
正直言って、よく理解出来てなかったと思います。ただ、「ありえねぇ~」と思った記憶があります。


20代前半のトラブル続きの時。
20代後半の人生にいろいろと迷ってた時。
など、この本を何回も読みました。

複雑ですよね?
登場人物の誰の立場になって考えるか・・・それで、物語の見え方は変わってくるし。。。
それぞれの「敵」って変わりますのもね。

だから?この本が面白いと思うのです。

15歳の私は「夏枝」の気持ちなんて、さっぱり理解出来なかったけど、
35歳の私は・・・「やはり理解しがたいけど、ちょっと気持ちが分かる・・・」と、、、
当たり前なんですが、15歳と35歳の間にはいろいろな修羅場があり、、、様々な経験で、変わったのでしょうけど^^;;


そして、この本の芯にある 「汝の敵を愛せよ」という、困難なテーマ。
やはり15歳の時には「敵」なんてほとんど居ないに等しいので、実感が無かったけど、、、
20代は「絶対ムリ! 嫌悪感の塊のヤツを愛せるワケないじゃん!」、、、と
そして、今は・・・・やはりムリっぽいですね。
でも、気持ちの持ちようは変わってきている気がします。


「汝の敵を愛せよ」
私に「敵」を「愛せる」日は来るのだろうか???

この「氷点」って「続・氷点」もあります。
(もちろん、私は何度も読んでます。)良かったら、「続」も読んでみて下さい。


40代になっても、50代でも読んでみたい本のひとつです。
その時の私が、何を思うか・・・。成長していたいモノです。。。

ちなみに・・・この物語、何度もドラマ化してるのですが、一度も観てません。
以前、大好きだった本の映画化で、かなりのショックを受け、それ以来 イメージを壊されたくない本は、映像化かれても観ないようにしてます^^;



あなたは「汝の敵」を愛せますか?



恋愛小説でもミステリーでも意外な展開があるワケでもないこの物語。
じっくり読むにはすごく良いと思います。
物語が濃くて深くて長いので、、、読むなら、じっくり読んだ方が面白いし、楽しめると思います。




注)別に私はキリスト教の信者ではありません。


お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★★★
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by kao*ae0**5
そういや、石原さとみとかで最近もやってましたね。
私もこれは、続まで読みました。汝の敵まで愛そうと思っても、なかなか、それが相手には伝わらないからね~。
理想に生きようと思っても、一日いちにちは辛いかもね~。
子供が教会の幼稚園に行っていて、聖書とか読むようになると、特に海外の本とかは読み方が変わってくるように思えます。
日本人は宗教に対する考えがちょっと薄いからピンとくることは少ないけどね。

No title * by わぐま(*^。^*)
日本人って無宗教の人、多いですよね。海外ではそれが意外らしいですけど・・・。
なかなか、理想的には生きられないけど、「許す心」を持ちたいかな?って、思います。

No title * by チュウ
20年ぐらい前に三浦綾子さんにはまって、読みましたね!
クリスチャンではないですけど…当時は、聖書も買って、近所の小さな教会の日曜礼拝にも参加していたという…染まりやすい奴でしたww
わぐまさんの記事を読んで…また、読みたくなってきましたね♪

No title * by banana
私もこの本を読みましたが、ずいぶん前…たぶん20代前半?かな?
年代によって見方が変わってくるんですね。
それを聞いて、また読みたいなって思いました。
ちなみに私も映画やドラマは全く見てません。自分が思い描く世界が壊されそうで…。

No title * by わぐま(*^。^*)
チュウさん。本格的ですね!礼拝に参列って・・・今でも??
もし、また三浦さんの本読んだなら記事にして下さいね。

No title * by わぐま(*^。^*)
バナナさん。きっと再読したら、見え方が変わってますよ・・・(多分ね)
気に入ってる小説とか、自分のイメージが強い本は得にドラマとか見たくないですよね? 共感出来てちょっと嬉しいぞ私。。。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

そういや、石原さとみとかで最近もやってましたね。
私もこれは、続まで読みました。汝の敵まで愛そうと思っても、なかなか、それが相手には伝わらないからね~。
理想に生きようと思っても、一日いちにちは辛いかもね~。
子供が教会の幼稚園に行っていて、聖書とか読むようになると、特に海外の本とかは読み方が変わってくるように思えます。
日本人は宗教に対する考えがちょっと薄いからピンとくることは少ないけどね。
2009-02-04-11:43 * kao*ae0**5 [ 返信 * 編集 ]

No title

日本人って無宗教の人、多いですよね。海外ではそれが意外らしいですけど・・・。
なかなか、理想的には生きられないけど、「許す心」を持ちたいかな?って、思います。
2009-02-04-14:03 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

20年ぐらい前に三浦綾子さんにはまって、読みましたね!
クリスチャンではないですけど…当時は、聖書も買って、近所の小さな教会の日曜礼拝にも参加していたという…染まりやすい奴でしたww
わぐまさんの記事を読んで…また、読みたくなってきましたね♪
2009-02-04-22:27 * チュウ [ 返信 * 編集 ]

No title

私もこの本を読みましたが、ずいぶん前…たぶん20代前半?かな?
年代によって見方が変わってくるんですね。
それを聞いて、また読みたいなって思いました。
ちなみに私も映画やドラマは全く見てません。自分が思い描く世界が壊されそうで…。
2009-02-04-23:12 * banana [ 返信 * 編集 ]

No title

チュウさん。本格的ですね!礼拝に参列って・・・今でも??
もし、また三浦さんの本読んだなら記事にして下さいね。
2009-02-05-15:42 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

バナナさん。きっと再読したら、見え方が変わってますよ・・・(多分ね)
気に入ってる小説とか、自分のイメージが強い本は得にドラマとか見たくないですよね? 共感出来てちょっと嬉しいぞ私。。。
2009-02-05-15:44 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]