FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › さよなら渓谷 【吉田 修一】
2008-10-11 (Sat) 16:14

さよなら渓谷 【吉田 修一】

<読んだきっかけ>
好きな作家さんなので。。。


<あらすじ>
少し寂れた市営住宅で、幼児殺害事件が起きた。
取材をしていた記者の渡辺は「ある事件」に気付く。

十数年前の「ある事件」とは??



<ネタバレ&感想>
くら~~~い本だった。でも、かなり芯をついているというか、ピントが合ってた。。。

根が深く、考えさせられる内容でした。




以下、ネタバレ含みます

事件での加害者と被害者。
被害者なのに、将来までボロボロになって、救われない被害者。
加害者でも、未成年や家に力があるっていうだけで、「昔の事件」を忘れて、罪の意識もあまりなく、生きている人。
同じ加害者でも、罪を感じ、どうすれば許されるか?悩み、自分の人生まで、壊れてしまう人。。。。


この「事件」ってほんの数分の出来事だったはずなのに、将来がメチャメチャになって、、、、
被害者なのに、事件を忘れたいのに、いつになっても「被害者」で、、、、

なんか、痛かった。。。


「加害者」は許されないのだろうか・・・
「被害者」はいつになったら、普通に暮らせるのだろうか。。。。


この本を読んでいて、結構最初の方で「事件の真相」は分かってくるのですが、胸のモヤモヤ感があって、イッキに読んでしまいました。

吉田さんの「悪人」に似たような作風だったけど、「悪人」とは違った、もっと心の奥深くを描いているような気がしました。


お気に入り度(5つ星満点で・・・)
★★★☆☆

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by やっくん
やはり、『悪人』は直接の被害者、加害者の関係ではなかった分、
こちらの作品の方が、奥深い、だけど暗くてある種ピリピリとくるような内容でしたね。
記事、TBします。

No title * by わぐま(*^。^*)
もう5年以上前に読んだ本だけど、覚えてますよ。
奥深くて、、、でもイッキに読んでしまった本です。

TBありがとうございます

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

やはり、『悪人』は直接の被害者、加害者の関係ではなかった分、
こちらの作品の方が、奥深い、だけど暗くてある種ピリピリとくるような内容でしたね。
記事、TBします。
2014-01-23-21:39 * やっくん [ 返信 * 編集 ]

No title

もう5年以上前に読んだ本だけど、覚えてますよ。
奥深くて、、、でもイッキに読んでしまった本です。

TBありがとうございます
2014-01-24-13:00 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]