FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★5つ › 逆ソクラテス 【伊坂 幸太郎】
2020-11-10 (Tue) 12:50

逆ソクラテス 【伊坂 幸太郎】

逆ソクラテス 【伊坂 幸太郎】

<読んだきっけか>
なんでだろう?ブロ友さんの影響?
かなり前に図書館に予約したから、理由は覚えて無い。

<あらすじ>
小学生が主人公の短編集。
(一部連作になってますが・・・)
「敵は、先入観。世界をひっくり返せ!」
がキャッチフレーズらしいです。

<ネタバレ&感想>
うん。良い!!
最初の話「逆ソクラテス」で
僕はそう思わない。ってのが・・・どっかで読んだような、、、
って思ってたら、アンソロジー
に収録されていて読んだみたいです。
詳しくは覚えてなかったけど「僕はそう思わない」ってのが心にずっと残ってた。

他の話では・・・
「足が遅いのにリレーの選手になってしまった4人と磯憲先生」
「子どもになめられている久保先生」
「磯憲先生に伸び伸びと指導を受けたミニバスの仲間」
「母の再婚相手に虐待されてるのでは?と友だちを救おうとする子供たち」
がなどなどありました。
それぞれの話が、心に残るのですが・・・
やっぱ一番心に刺さってるのが「僕はそう思わない」
かな。

少しネタバレになってしまうのですが・・・
転校生がやってくる。
声も小さくって目立たない?存在なんだけど、
ある日、その転校生は前の学校では「苛められっ子」だったと知る。
数週間後、転校生は「苛められっ子」では無く「苛めっ子」だった。と判明する
そう、被害者では無く加害者だったのだ。
で、担任の先生が「やり直そうとしてるんだから、やり直させてやりたくないか」
と言うんだけど・・・
何か心にひっかかる。
確かに、今までの自分の行いを心から反省して、やり直したいって思ってるなら、やり直させてあげたいって思うけど、じゃあその子に苛められてた側は?って思ってしまう。
苛めっ子にもやり直す権利はあるだろうけど、その前に苛められっ子との間にケジメをつけないとね。。。
本書では、その辺があやふやに描かれていたので、な~んか、モヤモヤしてしまった。

本書。子供達に読んでもらいたい本だね^^ 
でも、子供には難しいかなぁ。理解出来るのは、大人になってからかも知れない。
それでも、理解出来なくっても子供に読んで欲しい本です。



お気に入り度
★★★★★
(繰り返し、何度も読みたい本。
 多分だけど、読むたびに何かを発見しそうな、、、本)





スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-11-10

子供だって大変 * by おんだなみ
小さな世界ではあるけど、小学生なりに、
色々と頑張ったり、悩んだり、悲しんだりしてましたよね。
そんな事を思い出させてくれるのかな?
それにしても「苛めっ子」だったのをやり直すってどういう事よ?
やり直すも何も、普通にすればイイだけじゃん!って思う。
私も小学生の時、3回ほど学校が変わりましたが、
やり直すって感覚は無かったまぁ~、けど子供によっては
そう言う事もあるかも知れませんね。
「苛められっ子」なら、尚更そんな気持ちは強そうです。
面白そうですが、地元の図書館の予約が17件も有ったので
候補に入れて置いて様子見です。

No Subject * by hito
この本読んだのが夏だから、ところどころ記憶が曖昧なんだよね~
でもさ、やっぱり伊坂さんお得意の、最後まで読むと繋がってる感じ、好きだなぁ。

小学生が主人公なのに、ワクワクしながら読めた。
磯憲先生との繋がりもよかったなぁ。

もう一度読みたくなりましたよ。
文庫化されたら手元に置いておきたい!

おんだなみさん Re: 子供だって大変 * by わぐま
おんだなみさん
私の説明不足でした。
「苛めっ子」だった子は、心の底から反省し、新たな学校で「普通の生徒」としてやり直すのです。
でも、前の学校で何をやってたのか?「苛められっ子」と和解したのか?などについては、描かれてなく・・・
「苛めっ子」だって、「普通の子」としてやり直すは良いと思うのですが、その前にどんなケジメをつけたのかな?って気になってしまいました。
子供の頃って、今思うと狭い世界なんだけど、頑張って&悩んで&悲しかったり、悩んだり・・・いろいろありました。
そうそう、そんな感じです!
おんだなみさんのお父様は転勤族だったのですね。3回学校が変わるって、結構多いですよね。
私は、一度転校しただけです。タイから帰国した時だったので、ものすごく目立ってた(笑)

これね~~~大人気の伊坂さん作品ですからねぇ~~~。予約が多いのも納得です!

hitoさん * by わぐま
hitoさん
夏に読んだのなら、記憶は薄れます!
大雑把には、覚えてるんだけど詳細は覚えてないよね~~~

伊坂さん作品って、伏線の回収。が気持ち良いですよね。好きです。

私も、文庫化されたら欲しい!
手元に置いておいて、たま~に読みたいって思います。

No Subject * by べる
いじめっ子に関しては、私も基本的にはわぐまさんと
同じ感想です。いじめられた方は、絶対一生いじめられ
た記憶を忘れないと思うので。どんなに改心したところ
で、心に傷をつけた事実は消えない訳で。なかなか難し
い問題だな、と思いました。
でも、今回出て来た子は、多分本当に心からやったこと
を後悔しているのが伝わって来たので・・・やり直させ
てあげたいな、と思ってしまいました。ただ、できれ
ば、他の子じゃなくて、いじめた子自体に向けてやり
直しが出来るのがベストなんでしょうけどね。
伊坂さんらしい優しさが詰まった作品集でしたね。

べるさん * by わぐま
べるさん
あの元・いじめっ子の件は、やっぱ引っかかります。
被害者側は、一生忘れられないっしょ。
被害者は一生忘れられない傷を負ったのに、加害者側は新たな土地で心を入れ替えて「やり直します」って言うのも、何か違う気がする。
今回の子は、本当に心の底からやった事を後悔し、反省してるみたいだから応援したい気持ちはあるんだけど、「やり直す」前に、前の学校での事にケリをつけないとダメじゃない?って思います。それが難しいのは分かるんだけど、な~んかモヤモヤが残ってしまいました。
でも、他の話は強くて優しくって好きな本です。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

子供だって大変

小さな世界ではあるけど、小学生なりに、
色々と頑張ったり、悩んだり、悲しんだりしてましたよね。
そんな事を思い出させてくれるのかな?
それにしても「苛めっ子」だったのをやり直すってどういう事よ?
やり直すも何も、普通にすればイイだけじゃん!って思う。
私も小学生の時、3回ほど学校が変わりましたが、
やり直すって感覚は無かったまぁ~、けど子供によっては
そう言う事もあるかも知れませんね。
「苛められっ子」なら、尚更そんな気持ちは強そうです。
面白そうですが、地元の図書館の予約が17件も有ったので
候補に入れて置いて様子見です。
2020-11-10-16:42 * おんだなみ [ 返信 * 編集 ]

No Subject

この本読んだのが夏だから、ところどころ記憶が曖昧なんだよね~
でもさ、やっぱり伊坂さんお得意の、最後まで読むと繋がってる感じ、好きだなぁ。

小学生が主人公なのに、ワクワクしながら読めた。
磯憲先生との繋がりもよかったなぁ。

もう一度読みたくなりましたよ。
文庫化されたら手元に置いておきたい!
2020-11-10-19:41 * hito [ 返信 * 編集 ]

わぐま おんだなみさん Re: 子供だって大変

おんだなみさん
私の説明不足でした。
「苛めっ子」だった子は、心の底から反省し、新たな学校で「普通の生徒」としてやり直すのです。
でも、前の学校で何をやってたのか?「苛められっ子」と和解したのか?などについては、描かれてなく・・・
「苛めっ子」だって、「普通の子」としてやり直すは良いと思うのですが、その前にどんなケジメをつけたのかな?って気になってしまいました。
子供の頃って、今思うと狭い世界なんだけど、頑張って&悩んで&悲しかったり、悩んだり・・・いろいろありました。
そうそう、そんな感じです!
おんだなみさんのお父様は転勤族だったのですね。3回学校が変わるって、結構多いですよね。
私は、一度転校しただけです。タイから帰国した時だったので、ものすごく目立ってた(笑)

これね~~~大人気の伊坂さん作品ですからねぇ~~~。予約が多いのも納得です!
2020-11-11-10:48 * わぐま [ 返信 * 編集 ]

わぐま hitoさん

hitoさん
夏に読んだのなら、記憶は薄れます!
大雑把には、覚えてるんだけど詳細は覚えてないよね~~~

伊坂さん作品って、伏線の回収。が気持ち良いですよね。好きです。

私も、文庫化されたら欲しい!
手元に置いておいて、たま~に読みたいって思います。
2020-11-11-10:51 * わぐま [ 返信 * 編集 ]

No Subject

いじめっ子に関しては、私も基本的にはわぐまさんと
同じ感想です。いじめられた方は、絶対一生いじめられ
た記憶を忘れないと思うので。どんなに改心したところ
で、心に傷をつけた事実は消えない訳で。なかなか難し
い問題だな、と思いました。
でも、今回出て来た子は、多分本当に心からやったこと
を後悔しているのが伝わって来たので・・・やり直させ
てあげたいな、と思ってしまいました。ただ、できれ
ば、他の子じゃなくて、いじめた子自体に向けてやり
直しが出来るのがベストなんでしょうけどね。
伊坂さんらしい優しさが詰まった作品集でしたね。
2020-11-14-21:11 * べる [ 返信 * 編集 ]

わぐま べるさん

べるさん
あの元・いじめっ子の件は、やっぱ引っかかります。
被害者側は、一生忘れられないっしょ。
被害者は一生忘れられない傷を負ったのに、加害者側は新たな土地で心を入れ替えて「やり直します」って言うのも、何か違う気がする。
今回の子は、本当に心の底からやった事を後悔し、反省してるみたいだから応援したい気持ちはあるんだけど、「やり直す」前に、前の学校での事にケリをつけないとダメじゃない?って思います。それが難しいのは分かるんだけど、な~んかモヤモヤが残ってしまいました。
でも、他の話は強くて優しくって好きな本です。
2020-11-15-12:13 * わぐま [ 返信 * 編集 ]