FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › おいしくて泣くとき 【森沢 明夫】
2020-07-06 (Mon) 15:03

おいしくて泣くとき 【森沢 明夫】

おいしくて泣くとき 【森沢 明夫】
<読んだきっかけ>
好きな作家さんだから。

<あらすじ>
3人の目線からの話。
1人目。「大衆食堂かざま」の店主の中学生の息子・心也。
2人目。 心也の幼馴染・夕花。
3人目。「カフェレストラン・ミナミ」のママさん・ゆり子。

「大衆食堂かざま」では、貧困など様々な理由で家で満足に食べれない子供のために「こども飯」を提供していた。
心也の幼馴染の夕花も、「こども飯」の利用者で、家には問題があった。
「カフェレストラン・ミナミ」のゆり子は、オーナーとふたりカフェを営んでいたのだが、ある日事故にあい・・・。

<ネタバレ&感想>
相変わらずの優しさ♪ 優しいのぉ~~~
なんだろ、毒が無いよねぇ~~~。
温かい毛布で包まれたような本。
(今の時期だと暑苦しいか^^;)

少しだけ内容に触れます。




心也と夕花の話と、ゆり子の話がどう繋がるんだろう?と推理しながら読んだんだけど、、、うん、想定内かな。
「にんにくが入ったバター醤油の焼きうどん」がキーワードかしら?

今回は「こども食堂」が主軸。
様々な理由で、家で満足に食べれない子。
う~ん、難しいよね。子供にもプライドがあるし、でもお腹は空くし!
「こども食堂」を偽善者呼ばわりする人もいる。
私には何が偽善者なのかよく分からなかったが・・・
お腹が空いてるって、力も出ないし、精神的にも弱ってくるのよね。惨めな気持ちにもなるし・・・
そんな子供たちが、タダで食べれる場所があるのなら良いじゃない!って思う。
なんで偽善者呼ばわりするんだろう・・・。

感想が反れた。
心也と夕花。ゆり子のお話。
うん、やっぱり「優しい」小説。森沢さん、安定した優しさ^^
まぁ、読むタイミング次第では「物足りない」とか「ご都合主義」とか、イヤな感想にもなるだろうなぁ。
だから、読むタイミングは大事だけど・・・
こーいう優しさまみれの本ってのもたまには良いのかな。

森沢さん作品では、よく再会があるのだが・・・
後半に登場する「タコツボ」のおじさん。
どっかで出会った気がする。どこだろう???

一つ、残念だったのは・・・
ヤンキーの石村くん。中途半端に別れてしまった。
もう1回くらい、出てきて欲しかったなぁ。

お気に入り度
★★★☆☆





スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-07-06

最新刊 * by おんだなみ
世の中に奉仕する人に、売名行為だとか、偽善者呼ばわりする人が
居るのってホント、寂しい事です。
森沢さんが、タイムリーなテーマを扱った物語は
優しく前向きにさせてくれますよね。
ま、上手く行き過ぎな事もあるけど、それも許せます。
「こども食堂」の舞台で子供たちには、どんな交流が起きるのかな~
いつもの再会も楽しみです。
一森沢ファンとして、早速予約しました。

おんだなみさん Re: 最新刊 * by わぐま
おんだなみさん
そう、森沢さんの最新刊です。
偽善ねぇ・・・。世の中や誰かの為に、奉仕していて、それが誰かの幸せにしてるのなら、それで良いじゃん!って思います。
それを非難する人達って、結局は何もしてないのよね。だったら、文句言うな~~~!です。

今回も、上手く行き過ぎです(笑)
だから「毒」が欲しい人には物足りないかもね。
でもたまには、こーいうのも良いのかな?って思います。
毒ばっかりだと、心も荒んでくるし(笑)

読みました~ * by おんだなみ
森沢マジックで一気に読む事が出来たけど、
今回は、少年・少女のキラキラ部分が多過ぎて、
かなり残念な感じでした。
不幸な子供時代、突然の悲しい別れ、偶然の再会と言う構成に、
「子供食堂」と言う重いテーマを活かしきれてないのでは?
ヤンキーの石村くんも、あそこまで使って置いて、
その後の出番無し?
再会も、色々とあったのかも知れないけど、効果薄い感じだし、
わぐまさんが言う様に、読むタイミングが悪かったのかなぁ~。

おんだなみさん Re: 読みました~ * by わぐま
おんだなみさん
そうなのよね。
子供時代の話、からの・・・「子供食堂」を活かしきれてないのよね。
私が一番残念だったのは、ヤンキーの石村くんが再登場しなかった所!
え、、、まぁまぁの要の役だったよね?で、もう出ないの!?ってかなり残念だった。

悪くは無いんだけど、なんかイマイチ感がぬぐえない。
なんだろね?やっぱタイミング?

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

最新刊

世の中に奉仕する人に、売名行為だとか、偽善者呼ばわりする人が
居るのってホント、寂しい事です。
森沢さんが、タイムリーなテーマを扱った物語は
優しく前向きにさせてくれますよね。
ま、上手く行き過ぎな事もあるけど、それも許せます。
「こども食堂」の舞台で子供たちには、どんな交流が起きるのかな~
いつもの再会も楽しみです。
一森沢ファンとして、早速予約しました。
2020-07-06-17:55 * おんだなみ [ 返信 * 編集 ]

わぐま おんだなみさん Re: 最新刊

おんだなみさん
そう、森沢さんの最新刊です。
偽善ねぇ・・・。世の中や誰かの為に、奉仕していて、それが誰かの幸せにしてるのなら、それで良いじゃん!って思います。
それを非難する人達って、結局は何もしてないのよね。だったら、文句言うな~~~!です。

今回も、上手く行き過ぎです(笑)
だから「毒」が欲しい人には物足りないかもね。
でもたまには、こーいうのも良いのかな?って思います。
毒ばっかりだと、心も荒んでくるし(笑)
2020-07-07-15:56 * わぐま [ 返信 * 編集 ]

読みました~

森沢マジックで一気に読む事が出来たけど、
今回は、少年・少女のキラキラ部分が多過ぎて、
かなり残念な感じでした。
不幸な子供時代、突然の悲しい別れ、偶然の再会と言う構成に、
「子供食堂」と言う重いテーマを活かしきれてないのでは?
ヤンキーの石村くんも、あそこまで使って置いて、
その後の出番無し?
再会も、色々とあったのかも知れないけど、効果薄い感じだし、
わぐまさんが言う様に、読むタイミングが悪かったのかなぁ~。
2020-08-13-08:54 * おんだなみ [ 返信 * 編集 ]

わぐま おんだなみさん Re: 読みました~

おんだなみさん
そうなのよね。
子供時代の話、からの・・・「子供食堂」を活かしきれてないのよね。
私が一番残念だったのは、ヤンキーの石村くんが再登場しなかった所!
え、、、まぁまぁの要の役だったよね?で、もう出ないの!?ってかなり残念だった。

悪くは無いんだけど、なんかイマイチ感がぬぐえない。
なんだろね?やっぱタイミング?
2020-08-13-10:08 * わぐま [ 返信 * 編集 ]