FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › ツナグ ~想い人の心得~ 【辻村 深月】
2020-02-23 (Sun) 13:50

ツナグ ~想い人の心得~ 【辻村 深月】

ツナグ ~想い人の心得~ 【辻村 深月】

<読んだきっかけ>
前作「ツナグ」が好きだったから。
本書は、続編。

<あらすじ>
「ツナグ」から7年。
歩美は、ちいさなおもちゃ会社に就職し、社会人になったが、
使者(ツナグ)としても、活動は続けており、
今回も、様々な依頼が・・・

<ネタバレ&感想>
前作を読んでから約9年。
この本は好きだったし、好きだから映画も観たし(テレビでやってたヤツをね)。
だから前作を9年前に読んだけど、覚えてる!
でも、さすがに詳細までは覚えて無いので、前作も借りてきた。
で、読んだ。
前作を読後、前作の自分の感想を読んでみた。
↓9年前に読んだ時の感想ブログです。
あらすじもこちらの方が詳しく書いてあるので、
「ツナグ」を知らない方は少しでも参考になるかな?

うん。9年前の私とは友達になれない!って思う(笑)
なんで、ツナグの正体バレがイヤだったのかなぁ。
今、いろいろ知ってて読むとラストの「歩美と祖母」の話が一番良いのにぃぃ。
でも、9年前は辻村さんの良さをまだ知ってないみたいだし・・・
まぁ、9年前の私はお子チャマだったのかな? 
恐らく、9年前は本書の本当の良さを理解してなかった。
再読した時(今)の方が、感動している気がする^^;

で、肝心の今回ね。。。
祖母からツナグの役目を引き継いで7年。
高校生だった歩美は、社会人になり、
仕事をしながらの「ツナグ」としての活動。
率直な感想。良い!う~~~良い!!泣きそうになった。
久々に読んでる最中に「読み終えたくない」って思った。
今回もいろいろなパターンがあった。
前作で登場した嵐の恋人?が出てきたり、
歴史上の人物に会いたいという老人が出てきたり、
幼い娘を亡くしてしまった母・娘を乳がんで亡くしてしまった母。
歩美が通常の仕事でお世話になってる人が亡くなって、その家族に「ツナグ」のことを言うか迷ったり。
昔、奉公していた家のお嬢様が若くして亡くなり、そのお嬢様に会いたいと願う爺様だったり。
(この爺様は何度も会うのを断られている)
歩美の恋心?だったり・・・

一番、泣けたのが娘を亡くした母。の話かな
娘が幼かったとしても、成人していたとしても、娘を思う母の心は変わらないんだなと
守ってあげられなくてゴメン。健康な体に産んであげられなくてゴメン。
、、、切ない。母の想いって、そーだよね。
でも、その想いが強すぎると子供には負担だぞ・・・とも思う。

昔、奉公していた先のお嬢様に会いたいと願う爺様。
うん、この会いたい理由に泣けた。

あと、歩美の恋心?は、良いねぇ~~~
奈緒さんが登場した時から、もしかして?と予感はあったものの・・・ムフフフ

これ、絶対に続編あるっしょ。
歩美の恋の行方が宙ブラリのままだし!!
う~ん、でも、私がこの2冊とも覚えているうちに3冊目を出して欲しいなぁ。
また間隔があくのなら、また1冊目から再読しなきゃ♪だし!!

イヤな話になってしまうけど・・・
本書って、全部「良いパターン」で終わるのよね。
(1作目の、女子高校生たちの話は少し違ったけど)
全部が良い話で終わるのもねぇ。。。この手の話で、イヤなパターンで終わるとなるとかなり残酷になってしまうよなぁ。と思いながら、全部ほのぼの系の優しい話ってのも・・・?
まぁ、これはこれで良いのかっ!?
全部が優しい話でも良いのかもね。(毒を欲してる時には読まない方が良いだろうな)
でも、似たようなパターンだと飽きられそう。

お気に入り度
★★★★☆

スポンサーサイト



最終更新日 : 2020-02-23

No Subject * by べる
ちゃんと前作をおさらいしてから読むところが偉いです。
私は、大抵続編ものが出ても、前作を覚えていない
状態で読んでます^^;
9年も経つと、やっぱり自分自身も感じ方が変わる
んでしょうね。再読して感想が変わるっていうのは
結構ありそうです。
確かに、死者に再会して、全部が全部いい終わり方
っていうのはちょっとリアルじゃないかもしれませんね。
中には悪い結末になる人もいそうですもん。

DVDで見た?かな * by おんだなみ
「ツナグ」は、DVDかテレビ?で見て、結構、泣けたな~
と言う記憶があります、詳細はかなり忘れたけど・・・
当時は、辻村さんを知らなかったので、
小説まで読もうとは思っていなかったのですが、
まずは、1作目を読んで、続編を読みたいと思います。
再読して、良さを認識出来るって、イイですね、
9年って短い様でも、意外に意識は変わってるかも。
良いパターンばかりですか~、どうなんでしょう。
言われる様に、似たパターンに成ると辛いかも知れませんね。

べるさん * by わぐま
べるさん
いやいや、別に偉くない(笑)
今までに何回か、1作目を読んで時間がたってから2作目・3作目を読んで、モヤモヤした事があって。
で、結局1作目も読み直すってことが多かったんですね。
なので、『ツナグ』は好きだったし、どうせだから再読しました。

うん。この9年間で、義母の病気が見つかったり、認知症になったり。自分の病気もみつかったりと、「死」をいうものを考える機会が増えました。自分自身が変わったから、感想も変わったのかな?ブログをつけてると、以前の自分の感想も客観的に読めるから、面白いです。
べるさんのコメント読んで、改めて認識しました。
全部が全部、良い終わり方だと「ウソっぽく」なってしまうんだ。って思った
読んでいても心の中で「どうせ、良い結果で終わるんでしょ」って思ってしまい、楽しめなくなるのかな?って思う。
だから3作目があるなら、心を柔らかくして「優しい」を欲してる時に読みたいです^^

おんだなみさん Re: DVDで見た?かな * by わぐま
おんだなみさん
以前にテレビでやってたから、それかな?
うん、かなり原作に忠実だった気がします。
1作目→2作目をお勧めします!でも、2作目が出て、間もないから「待ち」になりそう。
9年経って、さらに良くなってる本。良いですよ♪
今の私のまま、3作目も読みたい気分。

良いパターンばっかりね・・・^^;
森沢さんの本も登場人物が良い人ばっかりで、ずっと読んでると自分の中に「悪」が生まれる時があって・・・
それに似た感じかな?
「悪いパターン」があったら、より一層好きになりそうなんだけどねぇ。

今回も感動でした * by hito
歩美の人間臭さみたいのが垣間見れてよかったです。
突然亡くなった取引先の社長に対して、その娘にツナグの事を言ってしまうか迷うところとかね。

歴史上の人物に会いたいと願う高齢男性の話も面白かった。
こっちがドキドキしました。

娘を亡くした母の話は、親目線で読んでしまうから辛くてたまらなかった。

「ツナグ」実際にいたらいいだろうなぁ。

hitoさん Re: 今回も感動でした * by わぐま
hitoさん
今回も良かったですよね。
> 突然亡くなった取引先の社長に対して、その娘にツナグの事を言ってしまうか迷うところとかね。
うん。この「言うべきか」悩む姿が、良い!
歩美も一人の人間なんだって思えた。

歴史上の人物に会いたいと言って来た老人の話。
私は、そこでてっきに何か「変なこと」が起きるのかな?とビビッたけど、
会うのは普通で、なんだか肩透かしだった(笑)

娘を亡くした母の話はね~~~。母目線で読んでしまうとダメよね。泣いちゃう。
特に幼い子が亡くなったのは、ツライね。

「ツナグ」が実際に居たら?かぁ・・・
突然の事故や病気で亡くなったら、心残りだもんねぇ・・・。
うん、居たらいいかも^^

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No Subject

ちゃんと前作をおさらいしてから読むところが偉いです。
私は、大抵続編ものが出ても、前作を覚えていない
状態で読んでます^^;
9年も経つと、やっぱり自分自身も感じ方が変わる
んでしょうね。再読して感想が変わるっていうのは
結構ありそうです。
確かに、死者に再会して、全部が全部いい終わり方
っていうのはちょっとリアルじゃないかもしれませんね。
中には悪い結末になる人もいそうですもん。
2020-02-23-21:57 * べる [ 返信 * 編集 ]

DVDで見た?かな

「ツナグ」は、DVDかテレビ?で見て、結構、泣けたな~
と言う記憶があります、詳細はかなり忘れたけど・・・
当時は、辻村さんを知らなかったので、
小説まで読もうとは思っていなかったのですが、
まずは、1作目を読んで、続編を読みたいと思います。
再読して、良さを認識出来るって、イイですね、
9年って短い様でも、意外に意識は変わってるかも。
良いパターンばかりですか~、どうなんでしょう。
言われる様に、似たパターンに成ると辛いかも知れませんね。
2020-02-24-10:16 * おんだなみ [ 返信 * 編集 ]

わぐま べるさん

べるさん
いやいや、別に偉くない(笑)
今までに何回か、1作目を読んで時間がたってから2作目・3作目を読んで、モヤモヤした事があって。
で、結局1作目も読み直すってことが多かったんですね。
なので、『ツナグ』は好きだったし、どうせだから再読しました。

うん。この9年間で、義母の病気が見つかったり、認知症になったり。自分の病気もみつかったりと、「死」をいうものを考える機会が増えました。自分自身が変わったから、感想も変わったのかな?ブログをつけてると、以前の自分の感想も客観的に読めるから、面白いです。
べるさんのコメント読んで、改めて認識しました。
全部が全部、良い終わり方だと「ウソっぽく」なってしまうんだ。って思った
読んでいても心の中で「どうせ、良い結果で終わるんでしょ」って思ってしまい、楽しめなくなるのかな?って思う。
だから3作目があるなら、心を柔らかくして「優しい」を欲してる時に読みたいです^^
2020-02-24-11:49 * わぐま [ 返信 * 編集 ]

わぐま おんだなみさん Re: DVDで見た?かな

おんだなみさん
以前にテレビでやってたから、それかな?
うん、かなり原作に忠実だった気がします。
1作目→2作目をお勧めします!でも、2作目が出て、間もないから「待ち」になりそう。
9年経って、さらに良くなってる本。良いですよ♪
今の私のまま、3作目も読みたい気分。

良いパターンばっかりね・・・^^;
森沢さんの本も登場人物が良い人ばっかりで、ずっと読んでると自分の中に「悪」が生まれる時があって・・・
それに似た感じかな?
「悪いパターン」があったら、より一層好きになりそうなんだけどねぇ。
2020-02-24-11:56 * わぐま [ 返信 * 編集 ]

今回も感動でした

歩美の人間臭さみたいのが垣間見れてよかったです。
突然亡くなった取引先の社長に対して、その娘にツナグの事を言ってしまうか迷うところとかね。

歴史上の人物に会いたいと願う高齢男性の話も面白かった。
こっちがドキドキしました。

娘を亡くした母の話は、親目線で読んでしまうから辛くてたまらなかった。

「ツナグ」実際にいたらいいだろうなぁ。
2020-03-09-14:22 * hito [ 返信 * 編集 ]

わぐま hitoさん Re: 今回も感動でした

hitoさん
今回も良かったですよね。
> 突然亡くなった取引先の社長に対して、その娘にツナグの事を言ってしまうか迷うところとかね。
うん。この「言うべきか」悩む姿が、良い!
歩美も一人の人間なんだって思えた。

歴史上の人物に会いたいと言って来た老人の話。
私は、そこでてっきに何か「変なこと」が起きるのかな?とビビッたけど、
会うのは普通で、なんだか肩透かしだった(笑)

娘を亡くした母の話はね~~~。母目線で読んでしまうとダメよね。泣いちゃう。
特に幼い子が亡くなったのは、ツライね。

「ツナグ」が実際に居たら?かぁ・・・
突然の事故や病気で亡くなったら、心残りだもんねぇ・・・。
うん、居たらいいかも^^
2020-03-09-17:06 * わぐま [ 返信 * 編集 ]