FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › 14歳、明日の時間割 【鈴木 るりか】
2019-09-20 (Fri) 09:28

14歳、明日の時間割 【鈴木 るりか】

14歳、明日の時間割 【鈴木 るりか】

<読んだきっかけ>
ブロ友さんが同作家さんの「さよなら、田中さん」を紹介していて、興味惹かれた。

<あらすじ>
中学が舞台。
小説で賞を取ってしまった為に、なんだかいろいろと大変になってしまった少女。
家庭科が苦手な母親、だが娘は家庭科が得意。娘の淡い恋心?
数学が苦手な少年。
父親が家を出て行き、母親が変な男を連れてきて、やがて母親が出て行って、変な男と2人で暮らすことになった少年。
友達がいない少女。
運動が苦手な少女。
母親に愛されていない少女。
小説家になりたかった先生。

みんなちょっとずつ挫折してたりして、それでも前を向いて歩こうとする姿。

<ネタバレ&感想>
いやいや、、、ビックリです。
この小説、中学3年生の女の子が書いたって・・・。
いや、、、凄いね^^ ビックリだわ。
言われなきゃ、分らないと思う。

本書、ブロ友さんが「さよなら、田中さん」というのを紹介していて、、、
本書と「さよなら、田中さん」の2冊を予約してたんだけど、本書が先に来たので読んだ。

中学2年生たちがメイン。
みな、それぞれ悩みがあって・・・
それでも、自分なりに頑張る姿。いいねぇ~~
&中学生の悩みって、今も昔もあんまり変わらないのかな?
私、今46歳だけど自分が中学生の頃とあんまり変わらない気がした。
もちろん、今はスマホがあったりするのでそーいう環境の悩みは別だけど、
根本的な悩みって、昔も今もそう変わってないんだと思う。

家庭科が苦手な母親には同情した。
なるほどね、、、そーいう人もいるのね。
私はどちらかというと、家庭科は得意な方だと思う。
裁縫も簡単なものは出来るし、料理も人並みだと思う。
ので、苦手な人は大変だろうなぁと同情。

運動が苦手な女の子の話も良かった。
その前に、、、この作家さん感性がなんかものすごく良い!
言葉のチョイスがものすごく良い!というか、私は好き。
ピタッと心にはまるというか、その情景が目に浮かぶ。
一番、心に響いたのが、
運動が苦手な女の子の話。
祖父と両親と女の子と暮らしている。
この祖父が良い!(女の子も良いが)
で、いろいろあって祖父が亡くなってしまう。
大好きな祖父が亡くなった・・・
空が光と遊んでいるような春の朝だった
と表現している。
もうね、、、なんか凄いよ!
空が光と遊んでいる~~なんて言葉、46年生きていて使ったこと無いよ。
それでいて、その情景が想像出来る。
春の暖かい日差しと柔らかい空。優しい光景だけど、祖父が亡くなったという悲しい事実。
そーいう感じ?なんかね、、、言葉が良い!
いやいやいや・・・良いねこの作家さん。
好きになってしまったよ。「さよなら、田中さん」も楽しみ。

あとね、全ての章に登場するのが「中原くん」なんだけど、
これがまた良い!
中原くんも実はいろいろと大変なんだけど、
何気なく中原君は、いろんな人を救っているのだ(笑)
こーいう連作の短編に、中原くんのような人物がいると全体の完成度が上がるんだと思う。

あぁ、これを中3で書いたのかぁ。。。凄いなぁ

お気に入り度
★★★★☆
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-09-20

No title * by べる
おお!わぐまさんがこんなに褒めて下さるってすごいことだー。嬉しいなぁ。
ほんとに、これが中学生の作品!?って驚かされました。私も『さよなら~』が
予約多すぎて、こっちの方が予約が少なかったんで、こっちから読んだんですけど、
もう、一作で大好きな作家さんになっちゃいました。
作品としては、割とありふれた感じではあるんですけど、言葉のチョイスと
作品構成の巧さがすごいな、と感心しました。
おじいちゃんも中原くんもとってもいいキャラでしたよね。もちろん、それぞれの
主人公たちも良かったですけど。
『さよなら田中さん』もとても良い作品でしたよ。早く三作目が出ないかなぁと
心待ちにしています。

No title * by ナナ
気になる〜!
中2だからこその感性もあるだろうし。。。
大人には決して書けないものもあるんだろうなあ。
まあ、逆もあるだろうけれど。。

Re: べるさん * by わぐま
お!少し訂正させて頂きますよ。
> おお!わぐまさんがこんなに褒めて下さるってすごいことだー。嬉しいなぁ。
私も、褒めてる本は多いですよ^^; ただ、べるさんと好みが違うだけであって(笑)
今回は、珍しく好みが合いましたよね。

私もこの1冊で、すっかりファンになりました。
そう、内容的には「よくある本」なんだけど、言葉のチョイスと作品構成が凄い!
ホントに中学生が書いたの?と思うけど、中学生だからの言葉のチョイスなのか・・・と

そうそう、おじいちゃんも中原君も良いの!!
このおじいちゃん、良いなぁ・・・私の周りにはこーいう人いないけど。

とりあえず「田中さん」を楽しみにしてます。
3作目も、出たらすぐに読みたい!!

Re: ナナさん * by わぐま
うん、良いですよ。
中学生だからこその感性。大人には出てこない言葉があるんだと思います。
大人だから書ける内容ってのもありますよね。大人の世界?

でも、この穢れてないピュアな心。みたいな感性?
良かったです。
それを小説に表現出来るなんて、凄いなと思いました。

図書館だと待つかも知れないけど、、、結構読みやすい本でした。
是非、読んでみてください

気分は・・・ * by おんだなみ
小説の中にある、言葉の表現に「ズキュン」と来る事って、
意外にありますよね。

中学生の頃と、今の自分、表面的な部分はそれなりに成ったけど、
本質は変わってない気がします。

変な鎧を着ているより、中学生だからこそ、書けたのかも知れないですね。

Re: 気分は・・・ * by わぐま
たくさんのコメント、ありがとうございます。

そうそう「ズキュン」来ました^^
なんだろね、自分の中での弱いワードってありますよね。

まだ、社会の荒波にもまれてないピュアな心の女の子が書いたから、メチャクチャピュアな感じでしたよ。
もう46歳の立派なオバサンだけど、本質的なことは変わってないんでしょうね。
なんかね、、、心の綺麗な小説でした。


Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

おお!わぐまさんがこんなに褒めて下さるってすごいことだー。嬉しいなぁ。
ほんとに、これが中学生の作品!?って驚かされました。私も『さよなら~』が
予約多すぎて、こっちの方が予約が少なかったんで、こっちから読んだんですけど、
もう、一作で大好きな作家さんになっちゃいました。
作品としては、割とありふれた感じではあるんですけど、言葉のチョイスと
作品構成の巧さがすごいな、と感心しました。
おじいちゃんも中原くんもとってもいいキャラでしたよね。もちろん、それぞれの
主人公たちも良かったですけど。
『さよなら田中さん』もとても良い作品でしたよ。早く三作目が出ないかなぁと
心待ちにしています。
2019-09-21-22:09 * べる [ 返信 * 編集 ]

No title

気になる〜!
中2だからこその感性もあるだろうし。。。
大人には決して書けないものもあるんだろうなあ。
まあ、逆もあるだろうけれど。。
2019-09-22-22:45 * ナナ [ 返信 * 編集 ]

わぐま Re: べるさん

お!少し訂正させて頂きますよ。
> おお!わぐまさんがこんなに褒めて下さるってすごいことだー。嬉しいなぁ。
私も、褒めてる本は多いですよ^^; ただ、べるさんと好みが違うだけであって(笑)
今回は、珍しく好みが合いましたよね。

私もこの1冊で、すっかりファンになりました。
そう、内容的には「よくある本」なんだけど、言葉のチョイスと作品構成が凄い!
ホントに中学生が書いたの?と思うけど、中学生だからの言葉のチョイスなのか・・・と

そうそう、おじいちゃんも中原君も良いの!!
このおじいちゃん、良いなぁ・・・私の周りにはこーいう人いないけど。

とりあえず「田中さん」を楽しみにしてます。
3作目も、出たらすぐに読みたい!!
2019-09-23-15:19 * わぐま [ 返信 * 編集 ]

わぐま Re: ナナさん

うん、良いですよ。
中学生だからこその感性。大人には出てこない言葉があるんだと思います。
大人だから書ける内容ってのもありますよね。大人の世界?

でも、この穢れてないピュアな心。みたいな感性?
良かったです。
それを小説に表現出来るなんて、凄いなと思いました。

図書館だと待つかも知れないけど、、、結構読みやすい本でした。
是非、読んでみてください
2019-09-23-15:29 * わぐま [ 返信 * 編集 ]

気分は・・・

小説の中にある、言葉の表現に「ズキュン」と来る事って、
意外にありますよね。

中学生の頃と、今の自分、表面的な部分はそれなりに成ったけど、
本質は変わってない気がします。

変な鎧を着ているより、中学生だからこそ、書けたのかも知れないですね。
2019-09-27-15:50 * おんだなみ [ 返信 * 編集 ]

わぐま Re: 気分は・・・

たくさんのコメント、ありがとうございます。

そうそう「ズキュン」来ました^^
なんだろね、自分の中での弱いワードってありますよね。

まだ、社会の荒波にもまれてないピュアな心の女の子が書いたから、メチャクチャピュアな感じでしたよ。
もう46歳の立派なオバサンだけど、本質的なことは変わってないんでしょうね。
なんかね、、、心の綺麗な小説でした。

2019-09-27-17:36 * わぐま [ 返信 * 編集 ]