FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › 夏の騎士 【百田 尚樹】

夏の騎士 【百田 尚樹】

夏の騎士 【百田 尚樹】

<読んだきっかけ>
小説以外で何かと話題になる作家さんだが、
私はただの小説家として注目している。
全てを読んだワケじゃないが、新刊が出ると気になる作家さん。

<あらすじ>
31年前の夏、劣等生だった宏志・陽介・健太の3人は騎士団を結成する。
昭和最後の夏に、3人の少年達が経験した友情・恋・勇気。

百田さん版「スタンド・バイ・ミー」

<ネタバレ&感想>
うん。スタンド・バイ・ミーだ!!^^
体も小さくて、運動も苦手で勉強も苦手な、劣等生の3人が
成長していく。
う~~~良いねぇ^^

31年前を宏志が、振り返って話す。という内容。
勉強すると言ったのになかなかやらないとか、少しイライラしたし、
起伏が無いので読んでいて物足りない感があったけど、
実際ってこーいう感じだよねぇ。

昭和最後の夏。私は中3だったから、本書の少年達より3つ上なのかな?
なので、親近感があった。
そうそう、こんな感じだった~~~~。っていろんな場面で思った。

話は、アレコレ反れるし、本題がどこ?って思ったけど、
本題は「少年達の成長」なのだろう。
最後はあっけなかったけど、実際ってこーいう感じかも。

全ての面で、大袈裟に描いてないのでなんだかリアル。
文体が読みやすいから、子供から大人まで読めるけど、飽きるかも。
でも、自分の子供の頃を思い出して、少し似てるのかな?と思った。
当たり前だけど、子供の頃って子供ですよね(笑)

お気に入り度
★★★☆☆
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-30

No title * by おんだなみ
確かに、小説以外の所での話題も多いですよね、
私も何冊かは読んでいて、好きな作家さんです。

最寄りの図書館では、1冊の蔵書に14件の予約があったので、
ほとぼりが冷めたら借りたいと思います。

学生の頃って、色んな意味で自由でバカで、未来が楽しそうだった気がします。
そんな気持ちを思い出させてくれるかな?

Re: おんだなみさん * by わぐま
そう、残念なことに小説以外で注目を浴びている^^; 
有名になるのは良いんだけど、変なイメージがつきますからねぇ・・・
(この方の場合、自業自得な気もするけど)

本書は、小6の冴えない少年達の、、、成長?でした。
小学生の頃って、女の子の方が成長が早いというか大人ですよね。
で、ホントにガキな少年達なんだけど、どこか憎めなくって微笑ましい?感じ。
心の中でつい応援したくなるような・・・
ま、読んでみてください。ほとぼりが冷めた頃にね^^

No title * by べる
これはちょっと気になってるんですけど、すでにもう予約がすごくて。
最近の百田さんの言動にはちょっと辟易していて、正直もう作品読む気にもなれないで
いたんですけどね。これは純粋に爽やかな青春小説って感じだったので。
作家活動最後の作品、みたいに言われてましたけど、ほんとなのかな~。
結局普通に作品出しそう^^;

Re: べるさん * by わぐま
ね^^; ここ最近の百田さんの、アレコレの騒動には辟易。
といっても、私は詳しく知らないようにしてます。
作家としての、百田さんだけで良いので、アレコレの騒動は見出し程度だけみて、詳しくは知りません。
多分、知ったら読みたくなくなると思う。

なので、本書はすんなりと読めました。
小6の少年達のお話だから、青春というより「子供の成長」みたいな感じ?
でも、なんか良かったですよ。

本書が、作家最後なの??
だったら、もっとかみ締めて読めば良かったかな?

アレコレあるけど、一度全てを忘れて読んでみるのも悪くないと思いますよ^^

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

確かに、小説以外の所での話題も多いですよね、
私も何冊かは読んでいて、好きな作家さんです。

最寄りの図書館では、1冊の蔵書に14件の予約があったので、
ほとぼりが冷めたら借りたいと思います。

学生の頃って、色んな意味で自由でバカで、未来が楽しそうだった気がします。
そんな気持ちを思い出させてくれるかな?
2019-08-31-05:29 * おんだなみ [ 返信 * 編集 ]

わぐま Re: おんだなみさん

そう、残念なことに小説以外で注目を浴びている^^; 
有名になるのは良いんだけど、変なイメージがつきますからねぇ・・・
(この方の場合、自業自得な気もするけど)

本書は、小6の冴えない少年達の、、、成長?でした。
小学生の頃って、女の子の方が成長が早いというか大人ですよね。
で、ホントにガキな少年達なんだけど、どこか憎めなくって微笑ましい?感じ。
心の中でつい応援したくなるような・・・
ま、読んでみてください。ほとぼりが冷めた頃にね^^
2019-08-31-15:38 * わぐま [ 返信 * 編集 ]

No title

これはちょっと気になってるんですけど、すでにもう予約がすごくて。
最近の百田さんの言動にはちょっと辟易していて、正直もう作品読む気にもなれないで
いたんですけどね。これは純粋に爽やかな青春小説って感じだったので。
作家活動最後の作品、みたいに言われてましたけど、ほんとなのかな~。
結局普通に作品出しそう^^;
2019-09-01-22:17 * べる [ 返信 * 編集 ]

わぐま Re: べるさん

ね^^; ここ最近の百田さんの、アレコレの騒動には辟易。
といっても、私は詳しく知らないようにしてます。
作家としての、百田さんだけで良いので、アレコレの騒動は見出し程度だけみて、詳しくは知りません。
多分、知ったら読みたくなくなると思う。

なので、本書はすんなりと読めました。
小6の少年達のお話だから、青春というより「子供の成長」みたいな感じ?
でも、なんか良かったですよ。

本書が、作家最後なの??
だったら、もっとかみ締めて読めば良かったかな?

アレコレあるけど、一度全てを忘れて読んでみるのも悪くないと思いますよ^^
2019-09-02-08:40 * わぐま [ 返信 * 編集 ]