FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★5つ › 架空の犬と噓をつく猫 【寺地 はるな】

架空の犬と噓をつく猫 【寺地 はるな】

架空の犬と噓をつく猫 【寺地 はるな】

<読んだきっかけ>
最近、好きな作家さん。

<あらすじ>
羽猫家・6人家族。
少し変わった家族で、、、悲しい過去があった家族。
それぞれの成長。

<ネタバレ&感想>
読み始めて少ししてから「あぁ、コレ絶対に好きだ」って確信した。
寺地さん、ドンピシャだわぁ
私のハートを射抜いた(笑)



田舎町に暮らす、羽猫家。
末の子供を亡くすという、悲しい過去があった。
そこから、逃れられなのだが・・・

語り手が、いろいろ変わってくる。
そこで目線が切り替わるから、少しだけ新鮮。
(最初は戸惑ったが^^;)

いろいろと突っ込み所はありそうだけど、
優しい箇所がいっぱいある。
今回も癒された。優しいなぁ

お気に入り度
★★★★★(おまけで・・・)
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by おんだなみ
前にも紹介していた作家さんですね。
語り手が変わって、一つの物語に成ってる小説って、前に幾つか読みましたが、
どれもが好きなストーリーだったので、これもそんな感じで読めるのかな~
って事で、早速予約しました。 読んだら改めて、感想を書きますね。

No title * by わぐま(*^。^*)
> おんだなみさん
今、私がハマってる作家さんです。
語り手が変わるのって、多面的に見れるから面白いですよね。私は好きですよ。
この作家さんね・・・別のブロ友さんとも話てたんだけど、
森沢さん系じゃない?って。森沢さんぽい癒しを感じました。
おんだなみさんにも合うと良いんだけど、、、イヤだったらゴメンちゃい。
感想、待ってますね~~~

No title * by おんだなみ
読みましたよ~
うん、良かった、 特に、山吹と頼の話は、何か、分かるな~
男って、どうも鈍感なんだよね、当時の自分を思い出すと、そう感じます。
後半は、何がどうと言う訳では無かったけど、なんか泣けました。
森沢さん系の優しい感じですが、やはり、女性側からの感じ方かもね。
早速、別の本を予約しました。

No title * by わぐま(*^。^*)
> おんだなみさん
読んでくれてありがとうございます。
男女で、感想が違いますねぇ。その感じも面白い。
後半で山吹が物置?に隠れている子供と話すシーンが、好きでした。
なんかね、胸に沁みた。泣きそうなんだけど、あったかい気持ちになった。
寺地さん、まだ制覇してないけど今の所「ミナトホテル~~」が一番好きです。最新刊はイマイチだったなぁ・・・

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

前にも紹介していた作家さんですね。
語り手が変わって、一つの物語に成ってる小説って、前に幾つか読みましたが、
どれもが好きなストーリーだったので、これもそんな感じで読めるのかな~
って事で、早速予約しました。 読んだら改めて、感想を書きますね。
2019-05-05-05:48 * おんだなみ [ 返信 * 編集 ]

No title

> おんだなみさん
今、私がハマってる作家さんです。
語り手が変わるのって、多面的に見れるから面白いですよね。私は好きですよ。
この作家さんね・・・別のブロ友さんとも話てたんだけど、
森沢さん系じゃない?って。森沢さんぽい癒しを感じました。
おんだなみさんにも合うと良いんだけど、、、イヤだったらゴメンちゃい。
感想、待ってますね~~~
2019-05-05-12:56 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

読みましたよ~
うん、良かった、 特に、山吹と頼の話は、何か、分かるな~
男って、どうも鈍感なんだよね、当時の自分を思い出すと、そう感じます。
後半は、何がどうと言う訳では無かったけど、なんか泣けました。
森沢さん系の優しい感じですが、やはり、女性側からの感じ方かもね。
早速、別の本を予約しました。
2019-05-22-21:50 * おんだなみ [ 返信 * 編集 ]

No title

> おんだなみさん
読んでくれてありがとうございます。
男女で、感想が違いますねぇ。その感じも面白い。
後半で山吹が物置?に隠れている子供と話すシーンが、好きでした。
なんかね、胸に沁みた。泣きそうなんだけど、あったかい気持ちになった。
寺地さん、まだ制覇してないけど今の所「ミナトホテル~~」が一番好きです。最新刊はイマイチだったなぁ・・・
2019-05-23-10:20 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]