FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › 介護士K 【久坂部 羊】

介護士K 【久坂部 羊】

介護士K 【久坂部 羊】
<読んだきっかけ>
少し前から、気になり読んでいる作家さんの新刊本。

<あらすじ>
有料老人ホームで入居者が転落死した。
ルポライターの美和は、介護士の小柳の言動に違和感を感じ、調べるが・・・


<ネタバレ&感想>
うわ~~~なんだかリアル。
この手の事故?事件??って、何度もニュースで聞いた気がする。
介護士が、入居者を殺害する・・・ってヤツ。

今回もそんな感じの内容。
一応、最後まで犯人は分らなくなってるのだが、、、
アリアリの分りやすい犯人。

今回のは、ミステリーの犯人探しというより、
高齢者・介護問題。
この問題に今現在悩んでいる人も多いのでは?と思う。

介護が必要になった親(義理の親)
自宅で、お世話するのは無理だから施設に入れる。
人によっては、そのうちに面会に来なくなる。
施設に入れられた人は、当然だが家に帰りたいと言う。
体のアチコチが悪く、痛い所だらけ。この先、治る見込みもない。
生きてても痛いだけだから殺してくれと言う。
わがままばかり言う入居者。

でもって、給料のわりに仕事がキツイと言われている介護職。
夜勤になると、少人数で多数の入居者の面倒をみないといけない。
離職率も高いとか・・・。


本書内の小柳の思考。
その考えってヤバイよなぁと思うけど、全面否定出来ない自分がいる。
介護は、心身共に疲弊する。
心も体もボロボロに疲れ・・・寝れない&寝ても疲れは抜けず、また頑張る毎日。
心もボロボロに傷付いてるのに、それすら気が付かずひたすら介護の毎日。
そんなのが続いたら、人間おかしくなりますよね・・・。

超高齢化社会の日本。これからどーなるんだろう?

ラストまでに小柳の問いに対して、答えが欲しかった。
小柳が何も言い返せない位の、答え。無いのかな?
読後はモヤモヤ・・・

お気に入り度
★★★★☆
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by hito
これも読んでみたいな~
自分の親の介護もそうだけどさ、自分自身が介護を必要となる時まで生きていたらどうなるんだろう?とよく考える。
何をきっかけに弱るかなんて誰にも分からないからね。
その頃は外国人に施設で介護されてるのかしらね~😭

No title * by わぐま(*^。^*)
> hitoさん
自分の介護かぁ・・・介護が必要になる前に死ねたら良いんだけどなぁ。施設に入るのはお金がかかるから、それはそれで大変ですよね。
本書は、かなりディープです。内容も重いし!(笑)
なので少しでも、気分が明るい時にでも読んで下さい。と言っても新刊だから「待つ」かも。
途中で挫折したとしても、感想を聞かせてくれたら嬉しいです。

No title * by おんだなみ
何とも、タイムリーな小説ですね。
私も父親の介護の経験があるので、かなり興味のあるテーマです。
子育ては、いつかは終わるけど、介護は先が見えず、疲労が溜まり続け
精神的にも辛いモノです。
介護にかかわる事件を見ると辛い反面、何となく分かる気もします。
自分も、そんな状況になったら・・・・怖いですね。

No title * by わぐま(*^。^*)
> おんだなみさん
介護士による高齢者への暴力・虐待って、なんだかニュースではよく聞く気がします。ホント、タイムリー。
自分に兄弟・姉妹がいなくって、親が認知症になってしまったら?施設にいれるお金も無かったら?自分が独身だったら、自分一人でお世話するしかない。でもって介護離職。
そーいう人も多いのでは?
そう、子育ては終わりが見えるけど、介護は終わりが見えない。
終わり=相手の死。だから、それを望むのもチョット・・・って思ってしまう。
なんだか、暗い話になってしまいました。ゴメン。
でも、コレが日本の現実だと思いますよ。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

これも読んでみたいな~
自分の親の介護もそうだけどさ、自分自身が介護を必要となる時まで生きていたらどうなるんだろう?とよく考える。
何をきっかけに弱るかなんて誰にも分からないからね。
その頃は外国人に施設で介護されてるのかしらね~😭
2019-02-27-14:00 * hito [ 返信 * 編集 ]

No title

> hitoさん
自分の介護かぁ・・・介護が必要になる前に死ねたら良いんだけどなぁ。施設に入るのはお金がかかるから、それはそれで大変ですよね。
本書は、かなりディープです。内容も重いし!(笑)
なので少しでも、気分が明るい時にでも読んで下さい。と言っても新刊だから「待つ」かも。
途中で挫折したとしても、感想を聞かせてくれたら嬉しいです。
2019-02-27-19:42 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

何とも、タイムリーな小説ですね。
私も父親の介護の経験があるので、かなり興味のあるテーマです。
子育ては、いつかは終わるけど、介護は先が見えず、疲労が溜まり続け
精神的にも辛いモノです。
介護にかかわる事件を見ると辛い反面、何となく分かる気もします。
自分も、そんな状況になったら・・・・怖いですね。
2019-02-28-06:01 * おんだなみ [ 返信 * 編集 ]

No title

> おんだなみさん
介護士による高齢者への暴力・虐待って、なんだかニュースではよく聞く気がします。ホント、タイムリー。
自分に兄弟・姉妹がいなくって、親が認知症になってしまったら?施設にいれるお金も無かったら?自分が独身だったら、自分一人でお世話するしかない。でもって介護離職。
そーいう人も多いのでは?
そう、子育ては終わりが見えるけど、介護は終わりが見えない。
終わり=相手の死。だから、それを望むのもチョット・・・って思ってしまう。
なんだか、暗い話になってしまいました。ゴメン。
でも、コレが日本の現実だと思いますよ。
2019-02-28-13:30 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]