FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › さしすせその女たち 【椰月 美智子】

さしすせその女たち 【椰月 美智子】

さしすせその女たち 【椰月 美智子】
<読んだきっかけ>
全ての本を読んだワケじゃないけど、なかなか面白いなぁと思う作家さん。
新刊があったから図書館に予約していた。

<あらすじ>
仕事と子育ての両方を頑張っている多香実。
夫は、協力的じゃない。
いろんな事を考えてしまい・・・

<ネタバレ&感想>
いや~~面白い!
まぁ、女性目線がメインなので男性が読んだら怒るかもしれないけど。

共働き家庭。妻もフルタイムで働いている。
のだとしたら、家事は平等に分けるべきよね・・・
なのに、協力しない夫にはムカつき~~~~!

後半に夫目線の章もあったのだが・・・
この夫、子供すぎる!
なんて言うんだろう、、、言動が子供!
結婚して、子供が出来たんだから大人になれ!って思った。
世の中の男性は、もっと大人であって欲しいと思った。
というか、きちんと大人の男性の方が多いよね?
本書のこの夫は少ない派じゃない??
&この夫は、結婚に向いてないよね^^; 
こーいう人は、一生一人で暮らすべきっしょ。結婚したらダメだよ。

主人公の多香実。
うん、私に似てるかも?って思いながら読んだけど・・・
こーやって第三者目線でみると、性格がキツイなぁ^^;
自分の言動を少し考えようって思った。

タイトルの「さしすせそ」
人付き合いの上手い、友達・千恵。
すが、らなかった、ごい、ンスある、うなのね。
を会話の中で上手く使うのが、コツだとか。
う~~~~確かに!
「さすが」とか「すごい」を言って、夫をのせると何でもやってくれる気がする。
モノは言いようですよね。
たとえ、忙しくて夫婦でもお互いを思いやる気持ちが大事なのかな。

お気に入り度
★★★☆☆
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by おんだなみ
男は、いつまで経っても子供です(スミマセン)
とは言え、共働きの夫婦なら、家事だけに限らず、同じ量の負担をするべきですよね。
それを出来ない男は、子供と言うより、ただの甘えです。
1人暮らしで独り立ちしてない奴は、家事の大変さを知らないのかも。
言われてやる前に、自分で気づいて行動しましょう!ねって。
あれ、本の話しませんでしたm(_ _)m

No title * by わぐま(*^。^*)
> おんだなみさん コメありがとうございます。
うんうん、でもそんな感じの内容なんです。
「ただの甘え」うん、そうなのかも。やっぱり、結婚する前に一人暮らしを経験するってのが必要なのかな?
実家だと、全部親がやってくれるから家事の面倒さが分らないのよね。あと、結婚後の取り決めが大事!!最初が肝心みたいっす。

No title * by hito
椰月さんの作品初めて読みました。
前からわぐまさんのおすすめだったよね~
他のも読んでみたいと思いましたよ。
イチオシありますか?

本書は腹が立ちました(笑)
やっぱり最初が肝心よね。
でも男ってみんな子供みたいでいつまでたっても夢見てる感じがする。
女は現実的だもんね。特に、結婚記念日のネックレスのくだりとか…
TBお願いします。

No title * by わぐま(*^。^*)
> hitoさん 読んでくれて嬉しいです^^
本書の、結婚記念日のネックレス。笑ってしまった。
本書の夫は、極端な気もするけど・・・やっぱり、男の人は永遠に子供なのだろうか^^; いやいや、大人になれよーー#
椰月さん。私も全てを読んだワケじゃないので、胸を張って語れるわけじゃないんだけど・・・
初期の本は「中学生が主人公の青春モノ」が多いと思います。私は、椰月さんと共通点が多いから、勝手に共感しながら読みましたが、恐らくだけどhitoさんって「青春モノ」あんまりお好きじゃない?(記事でみかけない気がする)
ブログの記事には書いてないけど「明日の食卓」は、子育てで苦労した母親が読んだら、どんな感想を持つんだろう?って気になってる。
「伶也と」は、読み始めは胸糞悪いというか、『この女意味不明』って思ったけど、次第に読んでいる自分が変わっていったのには、ビックリした。
TBありがとうございます。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

男は、いつまで経っても子供です(スミマセン)
とは言え、共働きの夫婦なら、家事だけに限らず、同じ量の負担をするべきですよね。
それを出来ない男は、子供と言うより、ただの甘えです。
1人暮らしで独り立ちしてない奴は、家事の大変さを知らないのかも。
言われてやる前に、自分で気づいて行動しましょう!ねって。
あれ、本の話しませんでしたm(_ _)m
2018-08-20-21:46 * おんだなみ [ 返信 * 編集 ]

No title

> おんだなみさん コメありがとうございます。
うんうん、でもそんな感じの内容なんです。
「ただの甘え」うん、そうなのかも。やっぱり、結婚する前に一人暮らしを経験するってのが必要なのかな?
実家だと、全部親がやってくれるから家事の面倒さが分らないのよね。あと、結婚後の取り決めが大事!!最初が肝心みたいっす。
2018-08-22-11:59 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

椰月さんの作品初めて読みました。
前からわぐまさんのおすすめだったよね~
他のも読んでみたいと思いましたよ。
イチオシありますか?

本書は腹が立ちました(笑)
やっぱり最初が肝心よね。
でも男ってみんな子供みたいでいつまでたっても夢見てる感じがする。
女は現実的だもんね。特に、結婚記念日のネックレスのくだりとか…
TBお願いします。
2018-09-15-10:08 * hito [ 返信 * 編集 ]

No title

> hitoさん 読んでくれて嬉しいです^^
本書の、結婚記念日のネックレス。笑ってしまった。
本書の夫は、極端な気もするけど・・・やっぱり、男の人は永遠に子供なのだろうか^^; いやいや、大人になれよーー#
椰月さん。私も全てを読んだワケじゃないので、胸を張って語れるわけじゃないんだけど・・・
初期の本は「中学生が主人公の青春モノ」が多いと思います。私は、椰月さんと共通点が多いから、勝手に共感しながら読みましたが、恐らくだけどhitoさんって「青春モノ」あんまりお好きじゃない?(記事でみかけない気がする)
ブログの記事には書いてないけど「明日の食卓」は、子育てで苦労した母親が読んだら、どんな感想を持つんだろう?って気になってる。
「伶也と」は、読み始めは胸糞悪いというか、『この女意味不明』って思ったけど、次第に読んでいる自分が変わっていったのには、ビックリした。
TBありがとうございます。
2018-09-16-09:10 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]