FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › 嫁をやめる日 【垣谷 美雨】
2017-05-07 (Sun) 11:59

嫁をやめる日 【垣谷 美雨】


<読んだきっかけ>
好きな作家さんだし、面白そうだったから。

<あらすじ>
46歳の夫が、市内のホテルで急死した。
妻・夏葉子には、「東京へ出張」と言っていたのに・・・その言葉は嘘だった。
元々、夫婦仲が良くなかったこともあり、夫の死を悲しめない夏葉子。
一方、義父母や親戚たちからは、最初は夫の早すぎる死に同情してくれたものの、やがて夏葉子の行動まで口を出すようになっていった。
そして、義父母の介護も、夏葉子へ???

義父母・婚家からの「卒業」


<ネタバレ&感想>
すっごい、面白かった。
垣谷さん、いっつもテーマのチョイスが最高に良い!

今回は、46歳の夫が急死し(妻は3歳下だっけ??)
残された妻の話。
夫が浮気していた?と疑っていることもあり、夫が亡くなったのに涙も出てこない妻。
夫の死後「自由になった!」と思うものの、実際は義父母の相手などなど、婚家に縛られ・・・挙句の果てには、義父母の介護まであてにされていることが判明。

あぁ、面白い!
こーいう場合、嫁はどこまでやったら良いの??と興味津々で読んだ。
夫の両親より先に夫が亡くなってしまった場合・・・どーするんだろう?
夫婦に子供がいた場合。
夫に兄弟がいた場合。
などによって、状況は違ってくるけど、、、。

本書、
婚家からの卒業を手助けしてくれたのは、妻の父親でした。
最初は存在が薄かった父親なんだけど、いざという時大活躍!
カッコ良かったわぁ~~~。

話の中で、
海外では愛情が無くなった夫婦は離婚するが、
日本では愛情が無くなっても離婚しない。
その一つに、お金も問題があるという。
日本では結婚して、女性が仕事を続けるのが難しい会社がある。
子供を産んだら、仕事を続けるのももっと大変だろう。
女性が金銭的に自立出来ないから、離婚しない。
のだという
うん、その通りだよなぁ・・・と感心。

それと、「つぶしてもいい人」という言葉が、胸に刺さった。
本書内で言う「つぶしてもいい人」世の中にいっぱい、いるんだろうなぁ。
私もそうなのかな?と思うと少し悲しくなった。

なかなか面白い1冊でした。
面白くて、次の展開が気になって、、、イッキ読みしました。

垣谷さん、次はどんなのを書くんだろう?
期待しちゃう!!

お気に入り度
★★★★☆

スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by おんだなみ
旦那さんと、義父母を持つ身には、近いシチュエーションですね、
緊急事態の時は、人との関係性が露わに成りますね、
その時、自分は?と考えさせて暮れるテーマの本でしょうか。

No title * by わぐま(*^。^*)
> おんだなみさん
あ~~確かに、似ている境遇なのかも知れません。(夫は元気に生きているけど)
この作家さん、いつも題材のチョイスが良いのです。40代の女性受けするような・・・感じだと思います。
緊急時、人間性が出ますよね。(笑) 私はこの数年、義父母の本性をみた気がします(笑) 所詮、嫁は嫁でしか無いのよね。良くも悪くも・・・

No title * by hito
いや~本当に面白かった。
一気読みでした。
夫の両親の介護なんて絶対無理だわ。
わぐまさんは同居して、本当にえらいなといつも思っています。
福岡市は人口が増えすぎて、デパ地下は高齢者で混雑してるの。
ついね、イラっときて、「七十歳死亡法案、可決」賛成かもって思う。
もちろん、自分も含めてそれでいいと思う。
垣谷さんって、すごいね。
TBお願いします。

No title * by わぐま(*^。^*)
> hitoさん
うん、本書面白くてイッキ読みですよね。&hitoさんには読んで欲しい本だったから、読んでもらえて嬉しいです。
うん、ウチは介護っていっても・・・まだ、完全介護じゃないし、最近は突き放してるから大丈夫^^
私んトコも高齢者、多いですよ。だからイラッってするの分る。
でもまぁ、ウチの義父母や私の親も「どっかの誰か」に迷惑かけてると思うと、、、仕方ないのかな?って諦めちゃう。
「七十歳死亡法案、可決」私は、賛成!!義父母の、言動みてると長生きしたくないって思う。
垣谷さん、面白いですよね。好きな作家さんです。
TBありがとうございます!!

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

旦那さんと、義父母を持つ身には、近いシチュエーションですね、
緊急事態の時は、人との関係性が露わに成りますね、
その時、自分は?と考えさせて暮れるテーマの本でしょうか。
2017-05-07-14:54 * おんだなみ [ 返信 * 編集 ]

No title

> おんだなみさん
あ~~確かに、似ている境遇なのかも知れません。(夫は元気に生きているけど)
この作家さん、いつも題材のチョイスが良いのです。40代の女性受けするような・・・感じだと思います。
緊急時、人間性が出ますよね。(笑) 私はこの数年、義父母の本性をみた気がします(笑) 所詮、嫁は嫁でしか無いのよね。良くも悪くも・・・
2017-05-08-12:00 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

いや~本当に面白かった。
一気読みでした。
夫の両親の介護なんて絶対無理だわ。
わぐまさんは同居して、本当にえらいなといつも思っています。
福岡市は人口が増えすぎて、デパ地下は高齢者で混雑してるの。
ついね、イラっときて、「七十歳死亡法案、可決」賛成かもって思う。
もちろん、自分も含めてそれでいいと思う。
垣谷さんって、すごいね。
TBお願いします。
2018-09-22-21:11 * hito [ 返信 * 編集 ]

No title

> hitoさん
うん、本書面白くてイッキ読みですよね。&hitoさんには読んで欲しい本だったから、読んでもらえて嬉しいです。
うん、ウチは介護っていっても・・・まだ、完全介護じゃないし、最近は突き放してるから大丈夫^^
私んトコも高齢者、多いですよ。だからイラッってするの分る。
でもまぁ、ウチの義父母や私の親も「どっかの誰か」に迷惑かけてると思うと、、、仕方ないのかな?って諦めちゃう。
「七十歳死亡法案、可決」私は、賛成!!義父母の、言動みてると長生きしたくないって思う。
垣谷さん、面白いですよね。好きな作家さんです。
TBありがとうございます!!
2018-09-24-12:22 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]