FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › 言霊たちの夜 【深水 黎一郎】

言霊たちの夜 【深水 黎一郎】


<読んだきっかけ>
「ミステリーアリーナ」が面白くて、深水さん作の本を読んでいる。


<あらすじ>
大手ゼネコンに勤務する田中。
同僚から電話がかかってきて、その会話を聞いてしまった彼女が勘違いをして、家を出てしまう。
彼女を探す為、町に出たり 彼女の友達の家に電話したり・・・
様々な勘違いや、聞き間違えなどにより・・・大事件へと!!



<ネタバレ&感想>
面白かった!かな~り笑えた。
同音異義語や勘違いが・・・(笑)
マジメに読むとムカつきそうだけど、バカミスっぽくて私は好きだなぁ。

下ネタONLYの話もあるので、全ての人に「オススメします」とは言えないけど・・・
笑える本でした^^

シンプルで笑えたのは・・・
結婚を考えている田中くんの家に彼女が来ていて(同棲だったかな?)、彼女は台所で夕飯作り。
田中君は、同僚から来た電話に出た。
彼女の話の後に仕事の話になって・・・
同僚 「新しいチームを作るんだけど、関はどうかな?」
田中 「関?関は入れないよ」
同僚 「じゃあ、梶は?」
田中 「梶もだめだ。だってアイツ鈍くさいし」
同僚 「じゃあ若狭は?」
田中 「若狭は重要だろ~~~」
これを、台所で聞いていた彼女は、泣きながら家出したとか・・・
意味の分からなかった方↑の「田中」の部分だけ、声にして読んでみてください。
結婚を意識している彼女が、これを言われたと思うと・・・涙。


お気に入り度
★★★☆☆
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by パッション3
深水さん?
読んだことがない・・
でもミステリーは好きだし、
読んでみよう。

No title * by わぐま(*^。^*)
> パッション3さん コメントありがとうございます。
私も、数ヶ月前に知った作家さんです。
まだよく知らない作家さんですが、面白いですよ。
本書は下ネタも含むので、不快な思いをされたらゴメンなさい。
深水さん「ミステリーアリーナ」というのがあるんですが、これも面白かった!!私が深水さんを読み始めた最初の本です^^ 他の本は、よく知らな~~い。です ゴメン!!

No title * by べる
同じ会社にこれだけ紛らわしい苗字の人間がいた、というのが悲劇(喜劇?w)でしたね^^;言葉って改めて面白いなぁと思わされた作品でした。またこういうの書いて欲しいです。

No title * by わぐま(*^。^*)
確かに!悲劇の始まりは、紛らわしい苗字の人が多い職場だった。ですね^^ で、お年頃のカップルだった!!
言葉って面白いですよね。日本語の不思議さ、曖昧さ、を描いている章もありましたよね。本当、面白い!!
予約本が、貯まってしまってるのでなかなか進めないけど、少しずつ深水さん読んでますよ^^

No title * by パッション3
読み始めました。
感想書きますね。

No title * by わぐま(*^。^*)
> パッション3さん
わざわざご丁寧にありがとうございます。
感想、待ってますね^^

No title * by パッション3
「てめいら、早合点するのもいい加減にしろ!
みんな頓珍漢な勘違いばかりしやがって!
この世の中で俺だけじゃねえか、まともなの!」
う~~~ん・・・
うちの家内のようだ・・

No title * by わぐま(*^。^*)
> パッション3さん
あら?奥様は恐妻家??もしくは、本書みたく「耳が悪くて聞き違いや勘違い」が多いのか・・・?

No title * by パッション3
いえ、
「耳が悪くて・・」
ではなく、
「頭が悪くて・・」
です。

No title * by わぐま(*^。^*)
> パッション3さん
あら・・・そんな毒舌を^^;
それでも夫婦でいるってことは、そこには「愛」があるからでしょうね~~~

No title * by パッション3
違います。
「あきらめ」
があるからです。

No title * by わぐま(*^。^*)
> パッション3さん
怖いっす^^; まぁ、夫婦にもいろいろな形がありますからねぇ~~~

No title * by パッション3
ところで、
その言霊に、
「映像として与えられた瞬間に、
受ける人間の想像力は死ぬのであり、
文章によって刺激を受けた各自の脳が、
おのおの思い思いに生み出す情景には、
どんな映像ソフトも絶対にかなわない」
という文がありました。
その通り!
だから、いい本は、映像化してはいけないのです。
ただ、逆に映像化した方がいいかなあ
という本もありますが。

No title * by わぐま(*^。^*)
> パッション3さん
うんうん!同感!!
人気のある小説を映画化!とかドラマ化!!とか、大嫌い!!
絶対に止めて欲しい!!もう、何度も絶望させられましたよ、私は。
100人読者がいれば、100通りの映像化がある。それぞれが頭ん中で想像して読んでいる。それを誰かが勝手に映像化するなんて許せないと思う。
ごくたま~に「映像化したら面白そうな本」ってのにも出会うけど、、、でも、やっぱり壊されたくないって気持ちの方が強いかな。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

深水さん?
読んだことがない・・
でもミステリーは好きだし、
読んでみよう。
2016-05-03-11:12 * パッション3 [ 返信 * 編集 ]

No title

> パッション3さん コメントありがとうございます。
私も、数ヶ月前に知った作家さんです。
まだよく知らない作家さんですが、面白いですよ。
本書は下ネタも含むので、不快な思いをされたらゴメンなさい。
深水さん「ミステリーアリーナ」というのがあるんですが、これも面白かった!!私が深水さんを読み始めた最初の本です^^ 他の本は、よく知らな~~い。です ゴメン!!
2016-05-03-19:33 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

同じ会社にこれだけ紛らわしい苗字の人間がいた、というのが悲劇(喜劇?w)でしたね^^;言葉って改めて面白いなぁと思わされた作品でした。またこういうの書いて欲しいです。
2016-05-05-00:22 * べる [ 返信 * 編集 ]

No title

確かに!悲劇の始まりは、紛らわしい苗字の人が多い職場だった。ですね^^ で、お年頃のカップルだった!!
言葉って面白いですよね。日本語の不思議さ、曖昧さ、を描いている章もありましたよね。本当、面白い!!
予約本が、貯まってしまってるのでなかなか進めないけど、少しずつ深水さん読んでますよ^^
2016-05-06-08:32 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

読み始めました。
感想書きますね。
2016-05-06-13:00 * パッション3 [ 返信 * 編集 ]

No title

> パッション3さん
わざわざご丁寧にありがとうございます。
感想、待ってますね^^
2016-05-07-11:27 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

「てめいら、早合点するのもいい加減にしろ!
みんな頓珍漢な勘違いばかりしやがって!
この世の中で俺だけじゃねえか、まともなの!」
う~~~ん・・・
うちの家内のようだ・・
2016-05-08-12:54 * パッション3 [ 返信 * 編集 ]

No title

> パッション3さん
あら?奥様は恐妻家??もしくは、本書みたく「耳が悪くて聞き違いや勘違い」が多いのか・・・?
2016-05-10-12:05 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

いえ、
「耳が悪くて・・」
ではなく、
「頭が悪くて・・」
です。
2016-05-10-12:26 * パッション3 [ 返信 * 編集 ]

No title

> パッション3さん
あら・・・そんな毒舌を^^;
それでも夫婦でいるってことは、そこには「愛」があるからでしょうね~~~
2016-05-10-12:40 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

違います。
「あきらめ」
があるからです。
2016-05-10-20:47 * パッション3 [ 返信 * 編集 ]

No title

> パッション3さん
怖いっす^^; まぁ、夫婦にもいろいろな形がありますからねぇ~~~
2016-05-11-16:39 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

ところで、
その言霊に、
「映像として与えられた瞬間に、
受ける人間の想像力は死ぬのであり、
文章によって刺激を受けた各自の脳が、
おのおの思い思いに生み出す情景には、
どんな映像ソフトも絶対にかなわない」
という文がありました。
その通り!
だから、いい本は、映像化してはいけないのです。
ただ、逆に映像化した方がいいかなあ
という本もありますが。
2016-05-11-16:44 * パッション3 [ 返信 * 編集 ]

No title

> パッション3さん
うんうん!同感!!
人気のある小説を映画化!とかドラマ化!!とか、大嫌い!!
絶対に止めて欲しい!!もう、何度も絶望させられましたよ、私は。
100人読者がいれば、100通りの映像化がある。それぞれが頭ん中で想像して読んでいる。それを誰かが勝手に映像化するなんて許せないと思う。
ごくたま~に「映像化したら面白そうな本」ってのにも出会うけど、、、でも、やっぱり壊されたくないって気持ちの方が強いかな。
2016-05-11-17:35 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]