FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★5つ › 欧米に寝たきり老人はいない 【宮本 顕二/宮本 礼子】

欧米に寝たきり老人はいない 【宮本 顕二/宮本 礼子】


<読んだきっかけ>
延命治療のことをネットで調べていたら出会った本。
図書館にあったから借りてみた。
 
 
<内容>
現在の日本における高齢者の終末期医療。
海外での、高齢者の終末期の医療。
さまざまな考え方などなど・・・
 
 
<感想>
いろいろな意味で勉強になりました。
 
前半部は、ほとんどが「現在の日本」。読んでいて、苦しくなった。
後半は、海外の高齢者の「終わりの迎え方」などなど。
 
日本でも、海外でも、様々な問題点がある。
 
でも、ひとつだけ確実に言えることは・・・
日頃から、家族間で「延命治療」について、話合っておくことが大事なんだと。
自分の意識が無くなったら?意志表示が出来なくなったら? どうしてほしいのか。
現在の日本では基本的に延命治療するのが主流だ。
でも、成人 各世代にアンケートをとってみると
「延命治療を希望しない」が8割を超えるとか・・・
そう、理想と現実が全く違うのです。
 
そーいうのが詳しく書かれている本です。
 
 
 
じゃあ、延命治療を希望しない私はどうすれば良いの??となる。
以前から、気になってた私。
「延命治療を希望しない」と一筆書いておくことが大事。
以前から、書こう書こうって思ってても、書いてなかった。
今回。書きました!!
書いたのだが、法的には何の力も無いヤツです。
何の力も無いけど「自分の意志」を病院側へ伝えることは出来る。
 
 
 
「死」は、別に悪いことじゃない。
命あるものは、全てがやがて死を迎える。
人間だけじゃなく動物だって・・・
お金持ちでも貧乏人でも、頭が良くてもバカでも、美人でもブスでも、死は やってくる。
必ず訪れる「死」
そのことについて、もっと家族で話をしても良いんじゃないだろうか?
自分が死を迎えるときは、こーして欲しい!とかビジョンがあると思う。
だったら、それを書面化して残すのは大事だと・・・
もちろん、自分の考え方が変わったら、書き換えれば良いだけだし・・・
 
 
最後にひとつだけ、
本書を読んで強く感じたこと
(以前から、うすうす思ってたこと)
日本の医療は、間違っていると思う。
または、医療に関する政治が間違ってると思う。
 

何が何だか、分からなくなっている高齢者に治療って必要か?
寝たきりになってまで、生きているって何の意味があるの??
本人が強く願っている治療なら、何も言わないけど、
大半が本人の意思とは関係なしに治療している。
なぜ?誰のために??
 
なんて、生意気なこと書いちゃったけど
私が思ってることを書いているような本でした。
 
自分や家族の終末期医療。を考えるのに良い本かな?と思います。
 
オススメ度
★★★★★
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by tokonatumikan
おはようございます

私達は話し合ってますよ~
もうダメなら延命しないと。あと、お墓には二人とも入らない(散骨してほしい)とかね(*^_^*)
子供が居ないし妹も未婚なんで、万が一の時、もう少ししたら、家の処分とかも誰かに頼まなきゃとかも考えてます。
ただ、私達の両親の世代はなかなか考えられないでしょうね。自分の葬式は心配してますけどね~
大事なのはその前なんだけどなぁ

No title * by hito
おととし、祖母が亡くなる前の一ヶ月くらいの時に直面しました。
食事で栄養がとれなくなり胃瘻するかしないかと…
私自身、高齢で胃瘻の措置が必要となっても、やってほしくありませんが、いざ、家族がそうなると、お願いしてしまうんですよ。
祖母は胃瘻の措置はとらず、鼻からチューブでしたが苦しそうでした。
だからと言って、今すぐ旅立たせる決心て、つかないものなんですよね。
本当に難しい問題です。
大好きな祖母だっただけに、みんなが苦しみました。
頭がしっかりしているうちに、延命治療について一筆残しておくべきですね。

No title * by わぐま(*^。^*)
> tokonatumikanさん
みかんさんの所とウチ、似てるかも。
ウチも子供がいないのですが・・・夫とは、よ~く話合ってます。

で、親世代!!
そうなの。葬儀のこととか財産のこと、などの話はよくするんだけど、その前の話をしたがらないのよね。仰るように、大事なのは「その前」ですよね! 本書、出来るなら親世代に読んでもらいたい。

No title * by わぐま(*^。^*)
> hitoさん
大好きな祖母様のことで、かなりツライ思いをされたんですね。
大切な人を亡くすって誰にとってもツライことですよね。でも、だからこそ 一筆残さなきゃいけないのかな?と思います。
別れは辛いけど、その人と築き上げたことは無くならないし、心の中では私が生きている限りはいるわけだし。
大切な人だからこそ、安らかな最期をむかえて欲しいものです。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

おはようございます

私達は話し合ってますよ~
もうダメなら延命しないと。あと、お墓には二人とも入らない(散骨してほしい)とかね(*^_^*)
子供が居ないし妹も未婚なんで、万が一の時、もう少ししたら、家の処分とかも誰かに頼まなきゃとかも考えてます。
ただ、私達の両親の世代はなかなか考えられないでしょうね。自分の葬式は心配してますけどね~
大事なのはその前なんだけどなぁ
2016-03-07-08:30 * tokonatumikan [ 返信 * 編集 ]

No title

おととし、祖母が亡くなる前の一ヶ月くらいの時に直面しました。
食事で栄養がとれなくなり胃瘻するかしないかと…
私自身、高齢で胃瘻の措置が必要となっても、やってほしくありませんが、いざ、家族がそうなると、お願いしてしまうんですよ。
祖母は胃瘻の措置はとらず、鼻からチューブでしたが苦しそうでした。
だからと言って、今すぐ旅立たせる決心て、つかないものなんですよね。
本当に難しい問題です。
大好きな祖母だっただけに、みんなが苦しみました。
頭がしっかりしているうちに、延命治療について一筆残しておくべきですね。
2016-03-07-17:23 * hito [ 返信 * 編集 ]

No title

> tokonatumikanさん
みかんさんの所とウチ、似てるかも。
ウチも子供がいないのですが・・・夫とは、よ~く話合ってます。

で、親世代!!
そうなの。葬儀のこととか財産のこと、などの話はよくするんだけど、その前の話をしたがらないのよね。仰るように、大事なのは「その前」ですよね! 本書、出来るなら親世代に読んでもらいたい。
2016-03-08-12:27 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

> hitoさん
大好きな祖母様のことで、かなりツライ思いをされたんですね。
大切な人を亡くすって誰にとってもツライことですよね。でも、だからこそ 一筆残さなきゃいけないのかな?と思います。
別れは辛いけど、その人と築き上げたことは無くならないし、心の中では私が生きている限りはいるわけだし。
大切な人だからこそ、安らかな最期をむかえて欲しいものです。
2016-03-08-12:33 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]