FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › 贖い 【五十嵐 貴久】

贖い 【五十嵐 貴久】


<読んだきっかけ>
何度か読んだことのある作家さん。
新刊が面白そうだったから借りてみた。
 
 
<あらすじ>
東京・埼玉・愛知で起こった殺人事件。
日にちは違うのだが、子供が殺害されるという事件だった。
しかしなかなか犯人にたどりつくことが出来ず・・・
 
 
<ネタバレ&感想>
贖い。「あがない」と読むそうです。(私は知らなかった)
 
感想です。
う~~~ん、長すぎ!!
それぞれの事件。当然だけど、全ての事件の関係者、警察が出てきて・・・3つの事件の繋がりが見えて来ないので、「え~~~っとこの人、誰だっけ??」ってのもしばしば。
3つの事件と、怪しい男。流れからするとこの男が犯人だろうな・・・と思いつつ読むんだけど、、、^^;
(この男が何者か分からなかったけど、3つの事件とこの男の話しかないから、必然的にこの男が犯人?って思う)
 
で・・・3つの事件の話&怪しい男の話。
やっと、繋がります。(当然か。)
この時は「やっと繋がったよ・・・」と安堵
で、そっから先は面白かった。
「何で!??」とか先が気になって仕方ない!!
でも、読めば読むほど苦しい。真実が分かってくると、苦しくなる。
でもって、タイトルの意味が分かってくる。
 
あぁぁ、、、めちゃくちゃ長くって疲れたけど、後半は読み応えがあった。
でも、疲れるからもう二度と読まないだろうな。

お気に入り度
★★★☆☆
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

Comment







管理者にだけ表示を許可