FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › 伶也と 【椰月 美智子】

伶也と 【椰月 美智子】

2014年に読んだ本。 時間がなくって・・・やっと今ブログを書いている。
 
<読んだきっかけ>
以前、別の本を読んでなんか気になる存在の作家さん。
新刊があったので読んでみた
 
<あらすじ>
生まれて初めてのライブでロックバンドのボーカル・伶也を愛してしまった直子。
自分の全てをささげる直子の40年後は・・・
 
 
<ネタバレ&感想>
冒頭に「40年後」が描かれているので、『あぁやっぱり?』といった感じで読み始めた。
マジメすぎるというか、、、お堅い人?の直子が、
ロックバンドの伶也を愛してしまう。
 
伶也と出会ってからは、全てを伶也にささげる。
 
途中までは「あぁバカな女だよ」とか・・・「何じゃ?この女」って哀れむような感じで読んでいた気がする。
 
しかし、ラストの方までいくと、なんか感じが変わった。
ココまで、一人の男を愛せるってある意味幸せ?
と思ってしまった。
愛しても愛しても、決して振り向いてくれないのに、生涯一人の男を愛せるって・・・
凄いよなぁぁと感心。
 
冒頭の部分がラストにもあるのだが、同じことが描かれているのに、
最初に読んだ時と、最後に読んだ時の感じかたが違った。
 
あまり期待しないで読んだ本だけど、面白かった。
 
お気に入り度
★★★★☆
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by HIMEば~ば
ココまで、一人の男を愛せるってある意味幸せ?

に、感動して読んでみようかなって

私は持っていない部分だから知りたいな。

今晩は~

でも…図書館まだ登場しない、、、
リクエストしてみるね。

いつもありがとう(*^_^*)

No title * by わぐま(*^。^*)
> HIMEば~ばさん
本書のような、一人の男を愛せるって、、、私にも無いかも。
読んだ後、少しだけ羨ましく思っちゃった。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

ココまで、一人の男を愛せるってある意味幸せ?

に、感動して読んでみようかなって

私は持っていない部分だから知りたいな。

今晩は~

でも…図書館まだ登場しない、、、
リクエストしてみるね。

いつもありがとう(*^_^*)
2015-01-06-23:12 * HIMEば~ば [ 返信 * 編集 ]

No title

> HIMEば~ばさん
本書のような、一人の男を愛せるって、、、私にも無いかも。
読んだ後、少しだけ羨ましく思っちゃった。
2015-01-08-10:53 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]