FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › 明日の子供たち 【有川 浩】
2014-09-03 (Wed) 10:14

明日の子供たち 【有川 浩】

 <読んだきっかけ>
好きな作家さんだから。
新刊が出たと知り読みたかった。
 
 
<あらすじ>
90人の子供が暮らす、児童養護施設。
新任の三田村慎平。
慎平の教育係りの和泉。
ベテランの猪股。
高校生の奏子。通称・カナ
同じく高校生の久志。通称・ヒサ
 
指導員の考え方の違いや、子供たちの進路。
児童養護施設への偏見。などなど・・・
 
 
<ネタバレ&感想>
う~~、感想が長くなりそう。
短い言葉で言うと、ラスト手前までは良かった。
でも、ラスト手前で・・・イマイチになった。
読後、時間がたってくると なんかムカついてきたーー# 
 
以下、詳しい感想。&内容に触れないと感想も書けないので、ちょっと内容に触れます。
 
 
 
児童養護施設が舞台。
児童養護施設とは、、、様々な事情で「親と暮らせなくなった子供」が暮らす場所。
そこの職員と、そこで暮らす高校生がメインで話しは進みます。
まずは、なんとなく知っていた児童養護施設。その規模は、様々だが・・・
知らなかった「児童養護施設」を知るには良い小説なのかな?と最初は思った。
得に、進路の悩み・・・
高校卒業後に進学が就職か。の悩みは、、、貧困家庭でも同じですよね^^; 
 
あと、知らなかったのが「当事者活動」という言葉。
「当事者活動を応援する施設」なるものが登場する。
児童養護施設の卒業生や、今入所している子供、を応援する施設。
得に卒業生がメインなのかな? 卒業して、一般家庭の子なら実家に相談するような事。
日常の些細なことでも、相談できるような場所。なにもしないでボーっと出来る場所。
こーいう悩みがあるんだ!とか こーいう施設があるんだ!って知らなかったから、それは一つ私の知識に繋がった。
知ることが出来て良かった。
 
・・・のだが!
(ここから批判へ変わります)
ラストの手前!!
ヒサとカナが、「もっと自分たちの事を知って欲しい」と思う。
どうすれば知ってもらえるか。
「・・・誰か、有名な作家さんに手紙を書いて、児童養護施設や当事者活動を応援する施設のことを本に買いてもらえば?」
となる。
ココに・・・違和感が!!(最終的にはムカついた)
 
これじゃ、まるで「空飛ぶ広報室」のパターンじゃん^^; 
「空飛ぶ~」も自衛隊のことを知って欲しい!からの・・・本。
ちょっと違うけど、高知県をPRした本もあった。
今回も、そのパターン!
散々読ませておいて、宣伝かよ!!
まぁ、↑でも書いたとおり、自分の知らなかった事を知れて一つ自分の知識になり、良かった^^というのも本音。
でも、、、なんか腹が立つ!
結局は宣伝??
 
でもって、「児童養護施設のことを知って欲しい」とか「当事者活動を応援する施設を知って欲しい」とあるが・・・
良いこと90%悪い面10%、描いているよね?
良い面ばっかり書いてある。
児童養護施設でも、一般家庭でも 年頃の子供は難しいのだと思う。
どんな子でも、進路に悩んだり 家庭のことで悩んだりするんじゃない?
本書は、マイナスな事も描いているけど、、、なんか、良い事の方が多い気がする。
そりゃ宣伝したいから、こうなるんだろうけど・・・
散々良いことばっかり書いておいて、「知って欲しい」ってなんか・・・嫌!
 
「空飛ぶ~」もそうだけど、こういった本を書きたいならルポルタージュとして出版すれば良いのに!って思う。
変に小説にするから、腹が立つ!
読後すぐは、「なんか嫌だよな・・・」くらいだったのが、時間が経ってくると「ムカつき」へと変わってきた。
 
せっかく知れた事も、なんか喜びが薄れてきたーー#
 
・・・で結局、ヒサやカナの進路がどうなったか。最後まで描かれてないし!
慎平ちゃんの恋愛も中途半端に終わってるし!
猪股先生、辞めちゃうの?みたいなこともあったけど、辞めてないし!!
全部が中途半端で終わってる。
 
最後に残ったのは「宣伝でした~~~~」(^O^)
 ・・・腹たつ~~~~~!
 
 
以上、ヒネクレ者の感想でした(笑)
 
 
書庫「お気に入り★3つ」に入れるけど、、、
別に気に入ってない!
ただ知らないことを知れたのは、良いことだし・・・
でも、「小説」が好きなので、★は付けません!!
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by く~みん
有川さん、ここんとこそういうの多いですよね。○○大使か○○宣伝部長狙ってる???
そこんとこ、見せないように読者に宣伝(?)して欲しいよね。協力してくれた方=モデルって構造が作品の中に見えちゃってるのよね…それって、読者には興ざめだよね^^;
私もヒネクレ者だから、きっと同じ感想かもね!

No title * by やっちい
確かにね、「宣伝」が全面に出ていると
「小説」好きの我々には
ちょっとひっかかりを覚えるかも。
でも有川さんだから
ストーリは絶対におもしろいハズ。
ひっかかるかもしれないケド、読んでみたい本。

No title * by HIMEば~ば
そうなのか…ふふ

どうしようかな、有川さんのご本読みやすいよね
わぐまさんの紹介で好きになった作家さんだよ。

批判が面白かった (=^・^=)

No title * by わぐま(*^。^*)
く~みんさん。
そうなの、そうなの!!く~みんさんの仰る通りなのよね。
舞台裏というか、、、「宣伝してる」ってのを描いちゃうから、興ざめ。
なんか残念です。

No title * by わぐま(*^。^*)
やっちいさん。
内容そのものは、良いです。さすが有川さん♪
ただ「宣伝」がね^^;;;純粋に「小説」として楽しみたかったから残念でした。

No title * by わぐま(*^。^*)
HIMEば~ばさん。
有川さんの本って読みやすいですよね。
私の紹介で好きになった??出版社に「おこずかい」を請求しようかしら?(笑)
批判ね^^; 本当、残念でしたよ。
でも、内容そのものは良いと思うのでお奨めですよ^^

No title * by 紅子
ネタバレになりそうな部分の前まで読んだけど・・・ラストがムカつくのかな?予約出遅れで、読むのはだいぶん後になりそうです。

No title * by わぐま(*^。^*)
紅子さん。
ネタバレになりそうなので、あまりお答えは出来ませんが・・・
・・・
紅子さんの感想、待ってます!!

No title * by やじお
実は今日、読み終わりました。そっか。ラストは宣伝と捉えることもできますね。僕は単純なので、「県庁~」や「空飛ぶ~」と同じ路線で面白かったって感じました。
ストーリーは有川作品らしく、いいテンポで色々と知らない事も描かれていて面白かったです。
僕はお気入りの作品になっちゃいましたね。
こちらの記事、TBさせて頂きます。

No title * by わぐま(*^。^*)
やじおさん。
「宣伝」と言う表現は違うのかもしれないけど・・・
『手紙を貰ったのがきっかけで書きました』みたいなこと書かれてましたよね。そこがイヤ!
「県庁~」や「空飛ぶ~」もラストが凄いイヤだったから、そーいう路線が私にはダメなんでしょうね。
本書、ストーリーそのものは好きですよ。ラストさえ違えば、好きになった本かも。
TBありがとうございます

No title * by べる
わぐまさんのお気持ち、わからないでもないです。最後の手紙で興ざめしちゃったって人も多そうですよね。私もちょっとアレ?と思いましたし。
でも、私は貧乏な子供と児童養護施設の子供を同列に考えるのはちょっと違うように思うのですが。それを言ってしまったら、この作品が書かれた意味がなくなってしまう気がします。『施設の子供』っていうだけで受ける偏見や誤解が、作品を書かれるきっかけになっているのでしょうから。
受け取り方は様々ですね。でも、問題提起にいい一冊なのは間違いないでしょうね。

No title * by わぐま(*^。^*)
べるさん。
本当、ラストの手紙の件で 興ざめしました。あれさえなければ良い本なのに・・・
貧乏な家庭の子と児童養護施設の子を同列で考えるのは確かに違いますね。ゴメンなさい。べるさんのコメントを読んで自分が何を言いたかったのか、考えてみました。
本書、施設の子供たちっていうだけで偏見や誤解があるって描きたいんですよね? それなら、進路の件うんぬん・・・は、無くても良いのかな?と思います。だって、進路の件の悩みは施設の子独自の悩みじゃないし、貧困家庭の子の悩みでもあるでしょ。
施設の子の偏見や誤解を描きたいなら、もっとそーいう場面を描けば良いんじゃないかな?と思いました。まぁ、施設の子の方が進学が大変なのは間違いないだろうけど・・・
問題提起になる本だからこそ、こーいう形にして欲しくなかったなぁ

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

有川さん、ここんとこそういうの多いですよね。○○大使か○○宣伝部長狙ってる???
そこんとこ、見せないように読者に宣伝(?)して欲しいよね。協力してくれた方=モデルって構造が作品の中に見えちゃってるのよね…それって、読者には興ざめだよね^^;
私もヒネクレ者だから、きっと同じ感想かもね!
2014-09-03-21:11 * く~みん [ 返信 * 編集 ]

No title

確かにね、「宣伝」が全面に出ていると
「小説」好きの我々には
ちょっとひっかかりを覚えるかも。
でも有川さんだから
ストーリは絶対におもしろいハズ。
ひっかかるかもしれないケド、読んでみたい本。
2014-09-04-09:47 * やっちい [ 返信 * 編集 ]

No title

そうなのか…ふふ

どうしようかな、有川さんのご本読みやすいよね
わぐまさんの紹介で好きになった作家さんだよ。

批判が面白かった (=^・^=)
2014-09-04-17:08 * HIMEば~ば [ 返信 * 編集 ]

No title

く~みんさん。
そうなの、そうなの!!く~みんさんの仰る通りなのよね。
舞台裏というか、、、「宣伝してる」ってのを描いちゃうから、興ざめ。
なんか残念です。
2014-09-06-09:25 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

やっちいさん。
内容そのものは、良いです。さすが有川さん♪
ただ「宣伝」がね^^;;;純粋に「小説」として楽しみたかったから残念でした。
2014-09-06-09:27 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

HIMEば~ばさん。
有川さんの本って読みやすいですよね。
私の紹介で好きになった??出版社に「おこずかい」を請求しようかしら?(笑)
批判ね^^; 本当、残念でしたよ。
でも、内容そのものは良いと思うのでお奨めですよ^^
2014-09-06-09:29 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

ネタバレになりそうな部分の前まで読んだけど・・・ラストがムカつくのかな?予約出遅れで、読むのはだいぶん後になりそうです。
2014-09-06-14:49 * 紅子 [ 返信 * 編集 ]

No title

紅子さん。
ネタバレになりそうなので、あまりお答えは出来ませんが・・・
・・・
紅子さんの感想、待ってます!!
2014-09-07-00:53 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

実は今日、読み終わりました。そっか。ラストは宣伝と捉えることもできますね。僕は単純なので、「県庁~」や「空飛ぶ~」と同じ路線で面白かったって感じました。
ストーリーは有川作品らしく、いいテンポで色々と知らない事も描かれていて面白かったです。
僕はお気入りの作品になっちゃいましたね。
こちらの記事、TBさせて頂きます。
2014-09-07-20:46 * やじお [ 返信 * 編集 ]

No title

やじおさん。
「宣伝」と言う表現は違うのかもしれないけど・・・
『手紙を貰ったのがきっかけで書きました』みたいなこと書かれてましたよね。そこがイヤ!
「県庁~」や「空飛ぶ~」もラストが凄いイヤだったから、そーいう路線が私にはダメなんでしょうね。
本書、ストーリーそのものは好きですよ。ラストさえ違えば、好きになった本かも。
TBありがとうございます
2014-09-08-11:11 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

わぐまさんのお気持ち、わからないでもないです。最後の手紙で興ざめしちゃったって人も多そうですよね。私もちょっとアレ?と思いましたし。
でも、私は貧乏な子供と児童養護施設の子供を同列に考えるのはちょっと違うように思うのですが。それを言ってしまったら、この作品が書かれた意味がなくなってしまう気がします。『施設の子供』っていうだけで受ける偏見や誤解が、作品を書かれるきっかけになっているのでしょうから。
受け取り方は様々ですね。でも、問題提起にいい一冊なのは間違いないでしょうね。
2014-09-12-00:45 * べる [ 返信 * 編集 ]

No title

べるさん。
本当、ラストの手紙の件で 興ざめしました。あれさえなければ良い本なのに・・・
貧乏な家庭の子と児童養護施設の子を同列で考えるのは確かに違いますね。ゴメンなさい。べるさんのコメントを読んで自分が何を言いたかったのか、考えてみました。
本書、施設の子供たちっていうだけで偏見や誤解があるって描きたいんですよね? それなら、進路の件うんぬん・・・は、無くても良いのかな?と思います。だって、進路の件の悩みは施設の子独自の悩みじゃないし、貧困家庭の子の悩みでもあるでしょ。
施設の子の偏見や誤解を描きたいなら、もっとそーいう場面を描けば良いんじゃないかな?と思いました。まぁ、施設の子の方が進学が大変なのは間違いないだろうけど・・・
問題提起になる本だからこそ、こーいう形にして欲しくなかったなぁ
2014-09-12-15:46 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]