FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › 我慢ならない女 【桂 望実】

我慢ならない女 【桂 望実】

<読んだきっかけ>
新刊はチェックしてる作家さん。
私にも読めそうだったので借りてみた。
 
 
<あらすじ>
作家・樺山ひろ江。作家になるまで10年、苦労してきた。
作家になったとはいえ、何も保障されない世界。
 
思った事をズケズケ言ってしまう性格からか、編集者も大変で・・・
 
ひろ江と彼女をサポートする姪っ子・明子の物語
 
 
<ネタバレ&感想>
同著者の「嫌な女」に似てる感じがした。
作家・ひろ江の男っぽい言葉遣いも気になった^^; 
でも、不思議とひろ江を嫌いにならなかった。
人それぞれだけど、私はひろ江のストレートな性格が好きでした。
 
途中途中出てくる、「小説」みたいなヤツ。
最初と2番目のヤツで登場人物が違ったので、「その時、ひろ江が書いている小説なのかな?」って思ってたら、、、違った。
読み終えた後に「小説」の部分にポストイットで印を付けて、「小説」の部分だけ読みをしちゃいました。
 
本書を読んで、強く感じたのは
「小説」を書く、困難さ!
作家さんとは、こんなにも大変な思いをして言葉を出してるんだ・・・と改めて思った。
本当に凄い事なんだなぁと感心させられた。
文中に出てくる、 「ブランド化すれば売れる」といった話。
内容がどうであれブランド化された作家さんは、売れる!
・・・といった内容にうなずきまくり(笑) 
私は図書館ユーザーなのだが、
東野さん、有川さん、しをんさん・・・などなど、新刊が出たらすぐ図書館に入るし、
予約もアッという間にすごい数字になる!(有名じゃない作家さんは、リクエストしないと図書館に入荷されない)
その内容がどうであれ、作家さんの名前だけで売れる!
まぁ私も「読みたい!」って思ってしまう一人なのだが^^; 
ブランド(作家さんの名前)に関係なく、良い本に出会いたいもんだわwww
だから、ブログをしてるんだけどね♪ 
私は、ブログで知らなかった作家さんを知れてりするのが嬉しいです。
 
本書の感想を書いてなかった^^;
うん。普通かな・・・
ひろ江と明子の20~50?代までの話なんだけど、、、メインはひろ江なのかな。
楽しめた本だけど、、、普通だった。 
 
 
 
お気に入り度
★★★☆☆
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by 紅子
新聞の広告で新刊を知って、予約中♪星だけチェックの…3つ!普通に楽しめるかな^^

No title * by hito
そうそう!!
名前だけで売れるよね~。
ハズレの時もあるのにさ・・・(>_<)
福岡って、全国的に見ても、一人あたりの図書館の本の冊数が少ないって何かの記事で読みました。
もうね、40位前後だったような記憶がある。
だから、いくら予約してもまわってこない!!

No title * by わぐま(*^。^*)
紅子さん。
はい^^ 普通でした(笑)
良くもなく悪くもなく・・・普通!!

No title * by わぐま(*^。^*)
hitoさん。
そうそう、名前だけで売れる!!ビックリするくらいにね♪
福岡は、一人当たりの図書館の本が少ない・・・。ってことは、福岡の人は、図書館の本を読む人が多いのね^^
私のブロ友さんで、福岡の人がいるけど(hitoさんと同じ図書館を使ってるかは知らないけど)やっぱり、図書館の本は「かなり待つ」そうですよ。
私ん所、図書館ユーザーが少ないのか?理由はよく分からないけど、他所の比べるとマシみたいです。
え~っとね、基本的には予約が10人に対して1冊。みたいです
つまり予約が20人超えると所蔵が2冊になり、予約が30人になると所蔵が3冊になってる。

No title * by hito
わぐまさんのお住まいの自治体はえらい!!
こちらは、どれだけ予約数が増えようが、おそらくそのままだよ。
だってね、一年前に予約した横山秀夫「64」がまだ回ってこないんだよ~!
福岡市内は全域で本を管理して、予約者に回してるからね(^^;)
何とか改善してほしいわ~。
市長を変えればいいのかしらね~(^^;)

No title * by HIMEば~ば
今晩は~

『県庁の星』の作家さんね…

ブランド化すれば売れる→読みたいと思ったよ

48番目だった

その前に嫌な女が 0だったから一緒に予約

普通の本を待ってましょう(*^_^*)

No title * by わぐま(*^。^*)
hitoさん。
私ん所も、市内全域で管理してるみたいですよ。で、受け渡しはこっちが希望した図書館で!!って感じです。
私ん所はね、、、新刊が入荷されるのが、やたらと遅い所が嫌かな。
人気のある作家さんや利用者がリクエストすれば、比較的早く入るんだけど、それ以外はかなり遅いです。
横山さんの「64」多分、私は1年位前に読んだ。
で、気になってわが町の図書館を調べてみた・・・
所蔵6冊。予約1人。でした。多分、、、数日待てば借りられる(爆)

No title * by わぐま(*^。^*)
HIMEさん。
そう「県庁の星」の人です。
「県庁~」とは、ちょっと違う感じがするかな。「嫌な女」と本書は、似てる感じがしました。
作家さんの苦労が・・・良かったです。
「普通」に読めた本でした(笑)

No title * by べる
あはは。最終的な感想が「うん、普通かな」にウケました(笑)。作中作、個人的にはあんまり必要なかったかなぁと思っちゃいました。私小説なのかそうでないのかも結局よくわからないままですし。
ひろ江の鬼気迫る執筆シーンは迫力ありましたね~。あんな風に命を削って書かれた作品は、読む方にも気力が要りそうです。

No title * by わぐま(*^。^*)
べるさん。わざわざありがとうございます。感謝!!
感想は、、、普通でした(笑) それしか言いようが無い。
作中作ね、、、最後の方にチラって触れてましたよね。私小説を嫌ってたひろ江が、私小説と解釈するのか、小説ととるか・・・どーのこーのって。

ひろ江の鬼気迫る執筆。そんな思いで書いてるなら、、、読む方も気合入ります!
世の中の作家さんで、どれだけの人がひろ江みたく書いてるんだろう??

TB,本当にありがとうございます。

No title * by 紅子
我慢ならない女というタイトルがちょっと理解できなかったですねぇ。どちらかと言うと『頑固な女』とか『こだわりの女』とかそういうイメージでした^^でも作家という仕事をこれだけ命をかけてやるっていうのは尊敬します。どんなに自己が強かったとしてもですね^^
ブランド化、分かりますねぇ~。今だと池井戸さんとか?^^AKBじゃないけど、私たちも”推し作家”さんを作って応援したいもんですね~。
TBさせてください。

No title * by わぐま(*^。^*)
紅子さん。
タイトルねぇ・・・「自己が強い女」とか?(笑)
ひろ江の、作家としてのプライド!は、すばらしいなぁと思いましたよ^^
ブランド化、そうそう 半沢がドラマで流行ってからは池井戸さん、凄い人気ですよね。で、相変わらず人気の東野さんとかも!!
推し作家さんかぁ・・・。多分、こーやってブログしてる人たちは、マニアックな作家さんを推すんだろうな(笑)
TBありがとうございます

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

新聞の広告で新刊を知って、予約中♪星だけチェックの…3つ!普通に楽しめるかな^^
2014-04-23-08:39 * 紅子 [ 返信 * 編集 ]

No title

そうそう!!
名前だけで売れるよね~。
ハズレの時もあるのにさ・・・(>_<)
福岡って、全国的に見ても、一人あたりの図書館の本の冊数が少ないって何かの記事で読みました。
もうね、40位前後だったような記憶がある。
だから、いくら予約してもまわってこない!!
2014-04-23-10:17 * hito [ 返信 * 編集 ]

No title

紅子さん。
はい^^ 普通でした(笑)
良くもなく悪くもなく・・・普通!!
2014-04-23-11:45 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

hitoさん。
そうそう、名前だけで売れる!!ビックリするくらいにね♪
福岡は、一人当たりの図書館の本が少ない・・・。ってことは、福岡の人は、図書館の本を読む人が多いのね^^
私のブロ友さんで、福岡の人がいるけど(hitoさんと同じ図書館を使ってるかは知らないけど)やっぱり、図書館の本は「かなり待つ」そうですよ。
私ん所、図書館ユーザーが少ないのか?理由はよく分からないけど、他所の比べるとマシみたいです。
え~っとね、基本的には予約が10人に対して1冊。みたいです
つまり予約が20人超えると所蔵が2冊になり、予約が30人になると所蔵が3冊になってる。
2014-04-23-11:51 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

わぐまさんのお住まいの自治体はえらい!!
こちらは、どれだけ予約数が増えようが、おそらくそのままだよ。
だってね、一年前に予約した横山秀夫「64」がまだ回ってこないんだよ~!
福岡市内は全域で本を管理して、予約者に回してるからね(^^;)
何とか改善してほしいわ~。
市長を変えればいいのかしらね~(^^;)
2014-04-23-14:49 * hito [ 返信 * 編集 ]

No title

今晩は~

『県庁の星』の作家さんね…

ブランド化すれば売れる→読みたいと思ったよ

48番目だった

その前に嫌な女が 0だったから一緒に予約

普通の本を待ってましょう(*^_^*)
2014-04-23-22:24 * HIMEば~ば [ 返信 * 編集 ]

No title

hitoさん。
私ん所も、市内全域で管理してるみたいですよ。で、受け渡しはこっちが希望した図書館で!!って感じです。
私ん所はね、、、新刊が入荷されるのが、やたらと遅い所が嫌かな。
人気のある作家さんや利用者がリクエストすれば、比較的早く入るんだけど、それ以外はかなり遅いです。
横山さんの「64」多分、私は1年位前に読んだ。
で、気になってわが町の図書館を調べてみた・・・
所蔵6冊。予約1人。でした。多分、、、数日待てば借りられる(爆)
2014-04-25-08:52 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

HIMEさん。
そう「県庁の星」の人です。
「県庁~」とは、ちょっと違う感じがするかな。「嫌な女」と本書は、似てる感じがしました。
作家さんの苦労が・・・良かったです。
「普通」に読めた本でした(笑)
2014-04-25-08:54 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

あはは。最終的な感想が「うん、普通かな」にウケました(笑)。作中作、個人的にはあんまり必要なかったかなぁと思っちゃいました。私小説なのかそうでないのかも結局よくわからないままですし。
ひろ江の鬼気迫る執筆シーンは迫力ありましたね~。あんな風に命を削って書かれた作品は、読む方にも気力が要りそうです。
2014-05-07-23:05 * べる [ 返信 * 編集 ]

No title

べるさん。わざわざありがとうございます。感謝!!
感想は、、、普通でした(笑) それしか言いようが無い。
作中作ね、、、最後の方にチラって触れてましたよね。私小説を嫌ってたひろ江が、私小説と解釈するのか、小説ととるか・・・どーのこーのって。

ひろ江の鬼気迫る執筆。そんな思いで書いてるなら、、、読む方も気合入ります!
世の中の作家さんで、どれだけの人がひろ江みたく書いてるんだろう??

TB,本当にありがとうございます。
2014-05-08-11:20 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

我慢ならない女というタイトルがちょっと理解できなかったですねぇ。どちらかと言うと『頑固な女』とか『こだわりの女』とかそういうイメージでした^^でも作家という仕事をこれだけ命をかけてやるっていうのは尊敬します。どんなに自己が強かったとしてもですね^^
ブランド化、分かりますねぇ~。今だと池井戸さんとか?^^AKBじゃないけど、私たちも”推し作家”さんを作って応援したいもんですね~。
TBさせてください。
2014-06-12-15:15 * 紅子 [ 返信 * 編集 ]

No title

紅子さん。
タイトルねぇ・・・「自己が強い女」とか?(笑)
ひろ江の、作家としてのプライド!は、すばらしいなぁと思いましたよ^^
ブランド化、そうそう 半沢がドラマで流行ってからは池井戸さん、凄い人気ですよね。で、相変わらず人気の東野さんとかも!!
推し作家さんかぁ・・・。多分、こーやってブログしてる人たちは、マニアックな作家さんを推すんだろうな(笑)
TBありがとうございます
2014-06-13-21:19 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]