FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★4つ › そして父になる 【是枝裕和 佐野晶】
2013-10-04 (Fri) 12:02

そして父になる 【是枝裕和 佐野晶】

<読んだきっかけ>
映画の宣伝をみた。
映画を観たかったんだけど、小説にもなっている事を知り 小説を読みたくなった
 
<あらすじ>
一流企業に勤め出世し、都内高級マンションで暮らす良多。「人生の勝ち組」の良多。
6年間、育てた息子は病院で取り違えられた他人の子供だった事が判明する。
 
血なのか、共に過ごした6年間なのか・・・
2つの家族につきつけられた究極の選択。 
 
 
<ネタバレ&感想>
読む前から、大体のあらすじは知ってました。
そして、過去にこーいった事件があった事も知ってます。
 
6年間育てた子供が、自分とは血の繋がらない子供で
自分の本当の子供は、別の家族と暮らしている。
それが判明した時、子供を「交換」するのか、しないのか。
共に過ごした時間なのか?血なのか??
 
といった話。
難しい問題ですよね・・・なので、どーいった小説(映画)になってるのか、気になってた。
 
 
ちょっとネタバレしちゃうかもしれないので、知りたくない方はここまで!
 
 
 
 
子供を取り違えられた夫婦は、週末の度に会う。
少しずつ「お泊り」などして、血の繋がった子供と過ごす時間を増やしていく。

一流企業に勤め、高級マンションで暮らす良多たち。
 
田舎の営業してるんだかしてないんだか分からない電器屋の斎木家。
仕事もろくにしないで、フラフラしている夫と気の強い妻。
取り違えられた子供のほかに、弟と妹がいる。
 
 
6年間育てた子供は、他人の子供で 自分の子供は、他の人が6年間育てていた。
戸惑う 両家族。
その、苦悩の描き方が 胸にきた。親たちも戸惑うけど、子供本人も戸惑うよね・・・
もともとが仕事人間の良多。今回のトラブルからも仕事を言い訳にして逃げる。
そして、良多の家族は崩壊寸前。
そもそも、良多は実家と確執があった。実家の父と継母との諍い。
 
う~~~ん、読み応えのある本でした。
この良多の役、映画では福山雅治さんが演じてたんですが、、、福山さんだったから読めたのかな^^; 
この良多、かな~りイヤなヤツ(笑) 
福山さんのイケメンが頭をちらついたから、読めた。
  子供にも妻にも、自分の考えを押し付ける良多。
取り違え発覚を機に、崩壊していく良多たち。

 
ラストが、なんだか微妙だったけど・・・
こーいう話って、5年後・10年後、いやいやもっと先まで描かないと完結しないから、
こーいう終わり方になってしまうのかな?と思った。
で、本書のタイトルは「そして父になる」です。
いろいろな事がありすぎて・・・そして良多が「父になる」
話なのです。
そー思えば、なるほどな!!と、納得する話でした。
「そして父になる」・・・でした。
 
うん、映画も観たいな。
年末にでも、テレビで放送しないかな??
 
 
 お気に入り度
★★★★☆
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by hito
話題作ですね~。
映画見たいけどきっと号泣するだろうから、レンタル開始になったら借りてみるつもりです。
すごく考えさせられるお話ですよね。
自分だったら・・・と想像するだけで、苦しくなります(^^;)

No title * by さつき
映画の予告編を観ただけで胸が詰まってきます。
辛くて見られない気がします。
でも、見てみたい・・・どっちやねん!

No title * by HIMEば~ば
こんにちは~

若かりし頃、同じような実話を元にした洋画を
見たのよ。
洋画の最後は二家族が隣合わせで住み
子供達が両家を行ったり来たりしているところで
ハッピーに明るく終わっていました

これは 父になっていくのが本筋なのかしらね?
私もテレビかレンタルか待っていようっと (*^_^*)

No title * by く~みん
小説があるんですね~
是枝監督が書いてるってことは、映画に沿った本なのかな~?
「そんなこんな状況の中で、父らしい父になる話」なんですね!そのお父さんの心の変化的な?
私もVDVになったら、借りてきます。新作で見るぞ~~!

No title * by わぐま(*^。^*)
hitoさん。
ものすごく考えさせられる内容でした。 自分だったら・・・?怖いです。

No title * by わぐま(*^。^*)
さつきさん。
内容を軽く知っただけで、ダークですよね。
観たいような、観たくないような・・・って分かる。
観たいけど、絶対に重い内容だから ダークになるだろうな!って思います。
それでも、私は観たいかも!?(笑)

No title * by わぐま(*^。^*)
2013/10/4(金) 午後 10:52 の内緒さん。
確かにソレには、名前が書けないから不安かも。でも、似てるなら大丈夫ですよね^^

映画を観てないから、あまり強くは言えないけど・・・
小説の方が心理描写とか、分かりやすい気がします。表紙にバッチリ映画の写真が使われてるから、すぐ頭に役者さんが浮かんじゃうのも良いんだか悪いんだか・・・^^; でも、結構イメージに合ってる気がします。尾野さん意外はね・・・

No title * by わぐま(*^。^*)
HIMEば~ばさん。
昭和」40年ごろには、実際にこーいう事件もあったとか・・・

洋画の、「両家が隣に住む」って終わり方良いのかも。
でも、しつけや教育の面では・・・良くないのかな?

本書は、父親の成長期でもありました。良多が父親になっていく!が、ラストの方ではメインだった感じです。
図書館に行けば、本があるかも?

No title * by わぐま(*^。^*)
く~みんさん。
9月上旬に、本は出版されたみたいです。
映画を観てないから、何とも言えないけど・・・映画の宣伝みてると、同じようなシーンもあるし 映画に沿った小説なのかな?

良多(福山さん)が、少し変わった父親で、、、少し変わった環境で育ったせいもあって、イヤなヤツでした(笑) で、今回のトラブルからも逃げてて・・・でも、ラストではきちんと向き合って、、、成長していく!って感じかな。
テレビで、やらないかなぁ~~~~

VDV→DVDね(笑)

No title * by やっくん
原作本というか、ノベライズ?読まれたんですね。
私も、読んでみようかな!?映画は感動作でした♪

No title * by わぐま(*^。^*)
> やっくんさん
そうそう、本の感想です。映画も良かったですが、本も良かったですよ。
「ねじれた絆」の方が、子供たちが主人公だった気がします。「そして父になる」は福山さんが主人公ですよね。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

話題作ですね~。
映画見たいけどきっと号泣するだろうから、レンタル開始になったら借りてみるつもりです。
すごく考えさせられるお話ですよね。
自分だったら・・・と想像するだけで、苦しくなります(^^;)
2013-10-04-14:53 * hito [ 返信 * 編集 ]

No title

映画の予告編を観ただけで胸が詰まってきます。
辛くて見られない気がします。
でも、見てみたい・・・どっちやねん!
2013-10-04-15:22 * さつき [ 返信 * 編集 ]

No title

こんにちは~

若かりし頃、同じような実話を元にした洋画を
見たのよ。
洋画の最後は二家族が隣合わせで住み
子供達が両家を行ったり来たりしているところで
ハッピーに明るく終わっていました

これは 父になっていくのが本筋なのかしらね?
私もテレビかレンタルか待っていようっと (*^_^*)
2013-10-05-15:35 * HIMEば~ば [ 返信 * 編集 ]

No title

小説があるんですね~
是枝監督が書いてるってことは、映画に沿った本なのかな~?
「そんなこんな状況の中で、父らしい父になる話」なんですね!そのお父さんの心の変化的な?
私もVDVになったら、借りてきます。新作で見るぞ~~!
2013-10-05-22:06 * く~みん [ 返信 * 編集 ]

No title

hitoさん。
ものすごく考えさせられる内容でした。 自分だったら・・・?怖いです。
2013-10-06-12:53 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

さつきさん。
内容を軽く知っただけで、ダークですよね。
観たいような、観たくないような・・・って分かる。
観たいけど、絶対に重い内容だから ダークになるだろうな!って思います。
それでも、私は観たいかも!?(笑)
2013-10-06-12:54 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

2013/10/4(金) 午後 10:52 の内緒さん。
確かにソレには、名前が書けないから不安かも。でも、似てるなら大丈夫ですよね^^

映画を観てないから、あまり強くは言えないけど・・・
小説の方が心理描写とか、分かりやすい気がします。表紙にバッチリ映画の写真が使われてるから、すぐ頭に役者さんが浮かんじゃうのも良いんだか悪いんだか・・・^^; でも、結構イメージに合ってる気がします。尾野さん意外はね・・・
2013-10-06-12:59 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

HIMEば~ばさん。
昭和」40年ごろには、実際にこーいう事件もあったとか・・・

洋画の、「両家が隣に住む」って終わり方良いのかも。
でも、しつけや教育の面では・・・良くないのかな?

本書は、父親の成長期でもありました。良多が父親になっていく!が、ラストの方ではメインだった感じです。
図書館に行けば、本があるかも?
2013-10-06-13:03 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

く~みんさん。
9月上旬に、本は出版されたみたいです。
映画を観てないから、何とも言えないけど・・・映画の宣伝みてると、同じようなシーンもあるし 映画に沿った小説なのかな?

良多(福山さん)が、少し変わった父親で、、、少し変わった環境で育ったせいもあって、イヤなヤツでした(笑) で、今回のトラブルからも逃げてて・・・でも、ラストではきちんと向き合って、、、成長していく!って感じかな。
テレビで、やらないかなぁ~~~~

VDV→DVDね(笑)
2013-10-06-13:08 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

原作本というか、ノベライズ?読まれたんですね。
私も、読んでみようかな!?映画は感動作でした♪
2015-04-15-20:25 * やっくん [ 返信 * 編集 ]

No title

> やっくんさん
そうそう、本の感想です。映画も良かったですが、本も良かったですよ。
「ねじれた絆」の方が、子供たちが主人公だった気がします。「そして父になる」は福山さんが主人公ですよね。
2015-04-16-13:47 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]