FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › 望郷 【湊 かなえ】

望郷 【湊 かなえ】

<読んだきっかけ>
(いつも書いてるけど・・・)
読後感が悪いのを分かってるんだけど、新刊が出ると気になってしまう作家さん。
 
<あらすじ>
連作短編集。
瀬戸内海に浮かぶ小さな島・白綱島。
そこで暮らす人々
都会に憧れているのに、島から出れない人。
島でしか暮らせない人。
島を捨てて出て行った人。
様々な人の思いが・・・
 
みかんの花 海の星 夢の国 雲の糸 石の十字架 光の航路
 
 
 
<ネタバレ&感想>
様々な場所が、似ている違う名前になってたりしたけど・・・
要は、瀬戸大橋が架けられた島の話。
狭い島がイヤで出て行った人もいれば、出て行くタイミングを逃した人とか・・・
様々な人がいました。
 
なんか、今までの湊さんとは違う雰囲気。
哀愁漂うというか、、、「島」での過去を振り返るんだが、どこか切なくて ほろ苦いような思い出。
思い出したくないような辛い思い出だったり、、、。
でも、それぞれ「今」があって、当然だけど過去があるから今がある。
 
私は「島」には住んだことがないけど、故郷を思う気持ちは少しだけ分かる。
私の場合。故郷の方が都会なんだけどね・・・^^;
でも、
やっぱり自分が育った地域は 自分の中でたいせつな場所のような気がする。
 
 
タイトル「望郷」の意味・・・
故郷を懐かしく思うこと。
 
まさに、そんな本だった。
 
 
お気に入り度
★★★☆☆
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by さつき
瀬戸大橋の橋桁だけが出来た島に住む友人の話を聞いたことがあります。
橋桁を提供した人にだけお金が入ったけど、その島にはインターなどの乗降口がなく島には一銭も落ちなかったらしいの。
人間関係がとても悪くなり、最悪の状況になったと。
ちょっとした人間模様があるんですね。
そんな感じかな・・・?

No title * by く~みん
好きではない湊さんですが、いつも目の付け所はスゴイと常々感心していました。
この作品は今までとは違い、変な一人称もなく「自然」でしたね
ミステリー感もあったし、島特有の感性を生かした作品だと思います
トラバさせてくださいね
…PCご機嫌よさそうですか?

No title * by チュウ
私も故郷はないからぁ~~あんまり、そういう気持ちがわかんないかも!?(;^_^A
でも、底の方にドロドロを隠しながらの白湊さん…ちょっと違った感じで面白かったかも?(≧▽≦)
トラバさせてくださいね^^

No title * by わぐま(*^。^*)
さつきさん。
あ~~~似たような感じのお話かな。
本書の「島」は、インターが出来た事により本土へ行きやすくなり・・・ってのもありました。
あと、田舎独特の「古くからのしがらみ」みたいなのとか・・・
ちょっとした人間模様がギスギスしたのもあって、リアルっぽかったですよ。

No title * by わぐま(*^。^*)
く~みんさん。
そーいや、いつもの「語り口調」じゃなかったですね(笑)
最初の話、姉妹の諍いかと思ってたらいきなりミステリーでビックリした!!島(田舎?)独特の閉鎖された感じが表われてましたねぇ~

PCくん、ご心配頂きありがとうございます^^
冷房を使っている時は、大丈夫みたいです。
トラバありがとうございます

No title * by わぐま(*^。^*)
チュウさん。
故郷ねぇ~~。住んでいる時は気付かなかった、良い所とかは今になってみえてくるかも・・・
時々、まだ地元に残っている友達とメールとかするとすんごい懐かしく思いますよ。
そうそう!!純粋に「白湊さん」じゃなくって、ちょっと影のある感じもして、ミステリーっぽくて面白かったです。
トラバありがとうございます

No title * by やっくん
懐かしい思いと、故郷から逃げたい思いは、裏腹にあります。
イジメや、村八分、一方的な噂など、【黒湊】の香りがプンプンだったのに…
最後は、【白湊」的展開になってましたね。ちょっと残念でもあります。

No title * by わぐま(*^。^*)
やっくんさんも、「黒湊」が好み??(笑)
故郷ね・・・。懐かしいし、、、私は「逃げてる」のかもしれない。
やっくんの言葉がチョット沁みた。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

瀬戸大橋の橋桁だけが出来た島に住む友人の話を聞いたことがあります。
橋桁を提供した人にだけお金が入ったけど、その島にはインターなどの乗降口がなく島には一銭も落ちなかったらしいの。
人間関係がとても悪くなり、最悪の状況になったと。
ちょっとした人間模様があるんですね。
そんな感じかな・・・?
2013-07-07-16:23 * さつき [ 返信 * 編集 ]

No title

好きではない湊さんですが、いつも目の付け所はスゴイと常々感心していました。
この作品は今までとは違い、変な一人称もなく「自然」でしたね
ミステリー感もあったし、島特有の感性を生かした作品だと思います
トラバさせてくださいね
…PCご機嫌よさそうですか?
2013-07-07-22:28 * く~みん [ 返信 * 編集 ]

No title

私も故郷はないからぁ~~あんまり、そういう気持ちがわかんないかも!?(;^_^A
でも、底の方にドロドロを隠しながらの白湊さん…ちょっと違った感じで面白かったかも?(≧▽≦)
トラバさせてくださいね^^
2013-07-07-22:39 * チュウ [ 返信 * 編集 ]

No title

さつきさん。
あ~~~似たような感じのお話かな。
本書の「島」は、インターが出来た事により本土へ行きやすくなり・・・ってのもありました。
あと、田舎独特の「古くからのしがらみ」みたいなのとか・・・
ちょっとした人間模様がギスギスしたのもあって、リアルっぽかったですよ。
2013-07-09-01:46 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

く~みんさん。
そーいや、いつもの「語り口調」じゃなかったですね(笑)
最初の話、姉妹の諍いかと思ってたらいきなりミステリーでビックリした!!島(田舎?)独特の閉鎖された感じが表われてましたねぇ~

PCくん、ご心配頂きありがとうございます^^
冷房を使っている時は、大丈夫みたいです。
トラバありがとうございます
2013-07-09-01:49 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

チュウさん。
故郷ねぇ~~。住んでいる時は気付かなかった、良い所とかは今になってみえてくるかも・・・
時々、まだ地元に残っている友達とメールとかするとすんごい懐かしく思いますよ。
そうそう!!純粋に「白湊さん」じゃなくって、ちょっと影のある感じもして、ミステリーっぽくて面白かったです。
トラバありがとうございます
2013-07-09-02:02 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

懐かしい思いと、故郷から逃げたい思いは、裏腹にあります。
イジメや、村八分、一方的な噂など、【黒湊】の香りがプンプンだったのに…
最後は、【白湊」的展開になってましたね。ちょっと残念でもあります。
2013-08-29-22:42 * やっくん [ 返信 * 編集 ]

No title

やっくんさんも、「黒湊」が好み??(笑)
故郷ね・・・。懐かしいし、、、私は「逃げてる」のかもしれない。
やっくんの言葉がチョット沁みた。
2013-08-31-10:33 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]