FC2ブログ

クマの読書日記

小説と猫とお酒が好きな・・・ブログです。

Top Page › お気に入り度 ★3つ › 九死一生 【小手鞠 るい】

九死一生 【小手鞠 るい】

<読んだきっかけ>
ブロ友さん、やっちいさんが紹介していて良さそうだったから。
 
 
<あらすじ>
一組のカップルと猫が中心のお話。
「愛」と「別れ」が描かれてます。
 
 
<ネタバレ&感想>
冒頭に
もしもあなたが誰かを本気で愛したら、行き着く先に悲しみがある。
なぜなら、あなたの愛した者は死ぬ。必ず別れの時がくる。
それでも、誰かを夢中で愛したあなたは報われる。
なぜなら、あなたには、それ以上の大きな悲しみは訪れない。
残されたあなたの人生にもう、いかなる悲しみも存在しない。
そのことを教えてくれたのは、一匹の猫だった。
 
のようなことが書かれてます。
(かなり省略した文章ですが・・・)
 
一人の女性と男性。
それぞれに暮らしていて、猫と出会って・・・
やがて、二人は出会いカップルになって・・・猫と出会い(笑) 
 
途中に
猫って九つの人生を生きるの。
九回死ぬんだけど、九回生まれ変わるの。
別の猫に生まれ変わって、生きるの。
だから猫の一生は九死一生なのね・・・
 
というような言葉がある。
 
そんなような小説でした。
我が家にも、猫ちゃんがいます。考えたくないけどいつか「お別れ」の時が来るのだと思います。
そんな時に、本書を思い出せたら良いな。
少し、救われる思いのする本でした。
 
 
表現力が独特で・・・
どう言えば良いのか、、、繊細というか、儚いというか、、、
「薄いガラスの器」みたいな、、、乱暴に扱ったら壊れてしまいそうな感じ。
そーいう文章が苦手な人には、合わないだろうな~~~。
読むタイミングさえ合えば、私は好きな文章でした。
 
本書では、日本(京都や東京) 海外(アメリカ・ヨーロッパ方面)の様々な国が舞台です。
異国な雰囲気も味わえて良かったです。
 
読むタイミングが難しそうな作家さんだけど、
たま~に読みたい作家さんかも!?
多分、単行本は今回が初だと思います。もしかしたら、読んでるかもしれないけど・・・^^;
 
お気に入り度
★★★☆☆
 
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-08-11

No title * by さつき
愛猫の死。
わぐまさんちも、ネコちゃんがいるんですよね。
別れは誰であっても、それが一匹の猫であっても辛いものですね。

ルークとの別れもいつか・・・

No title * by やっちい
>少し、救われる思いのする本でした。
そうそう、そうなの。
キレイごとかもしれないケド
悲しみだけじゃない、死との向き合い方が
ステキな本だと思いました。

No title * by わぐま(*^。^*)
さつきさん。
そうなんですよね。我が家のビーム(猫の名前です)・さつきさんちのルークちゃん。
いつか別れの時は、やってくるんですよね。考えたくないけど・・・
それが、人間でなくてペットでもかなりツライことだと思います。

本書は、猫だったのですが、、、その「別れ」を少しだけ、優しくしてくれるような本でした。

No title * by わぐま(*^。^*)
やっちいさん。
確かに読み方を変えると「きれいごと」になってしまうような本ですよね。
でも、「死」との向き合い方が良い本ですよね。
悲しいんだけど、悲しみの先まで描いているような・・・本。
素敵な本を教えてくれてありがとうございます。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

No title

愛猫の死。
わぐまさんちも、ネコちゃんがいるんですよね。
別れは誰であっても、それが一匹の猫であっても辛いものですね。

ルークとの別れもいつか・・・
2013-06-27-15:26 * さつき [ 返信 * 編集 ]

No title

>少し、救われる思いのする本でした。
そうそう、そうなの。
キレイごとかもしれないケド
悲しみだけじゃない、死との向き合い方が
ステキな本だと思いました。
2013-06-27-18:31 * やっちい [ 返信 * 編集 ]

No title

さつきさん。
そうなんですよね。我が家のビーム(猫の名前です)・さつきさんちのルークちゃん。
いつか別れの時は、やってくるんですよね。考えたくないけど・・・
それが、人間でなくてペットでもかなりツライことだと思います。

本書は、猫だったのですが、、、その「別れ」を少しだけ、優しくしてくれるような本でした。
2013-06-28-09:11 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]

No title

やっちいさん。
確かに読み方を変えると「きれいごと」になってしまうような本ですよね。
でも、「死」との向き合い方が良い本ですよね。
悲しいんだけど、悲しみの先まで描いているような・・・本。
素敵な本を教えてくれてありがとうございます。
2013-06-28-09:14 * わぐま(*^。^*) [ 返信 * 編集 ]