FC2ブログ

ふたりぐらし 【桜木 紫乃】

お気に入り度 ★3つ
10 /15 2019

ふたりぐらし 【桜木 紫乃】


<読んだきっかけ>
ブロ友さんが紹介していて気になったから


<あらすじ>
元映写技師の夫・信好。と看護師の妻・紗弓。
信好の仕事が安定した仕事では無いので、紗弓の親からは結婚を反対されていた。


<ネタバレ&感想>
うん、この作家さん言葉選びが変わってるというか面白いのよね。
なんか、ものすごい独特。


本書は、何か特別な出来事がある訳でもなく、
ただ、たんたんを普通な日常を送る。
普通と言っても、小さいアレコレはあるんだけど。


紗弓の両親。と紗弓&信好の関係性。
最初の章で亡くなってしまうのだが、信好の母親。と紗弓&信好の関係性。
老いた親と、30代?夫婦の関係性の描き方も、なんだか良い。
難しいのよね・・・70?80代の親って(笑)


紗弓の母親は、分かるんだけどこーいう人ってイヤ!の典型かも。
ストレートにボンボン言う人!!(私もそーいう人だけど)
ウチの義母が、紗弓の母みたいな人だった。
「だった」と過去形なのは、今はボケてしまって発言の殆どがボケてるから。


紗弓の父親みたいな人は、面白いなぁって思う。
かなり曲者だけど、立ち振る舞いが上手い!!


親とアレコレありながらの、信好と紗弓夫妻。
描き方がリアルだよなぁ・・・。
子供がやがて大人になり、自立し自分の考えを持っていく。
やがて、子供も家庭を築き・・・
親の理想的には子供は育たなくって、、、
それでも親子でなんですよね。

信好&紗弓の夫婦。
安定した仕事じゃない信好。
生活を支える紗弓。
他人からみたら「何で夫婦でいるの?」って思うのかも知れないけど・・・
そこには愛があるのかな?好きじゃないと成立しないんだけど、
好き以外にも何かがありそうな二人だった。
子供こそいないけど、家族なのかな?


お気に入り度
★★★☆☆


スポンサーサイト



わたしの良い子 【寺地 はるな】

お気に入り度 ★4つ
10 /13 2019
わたしの良い子 【寺地 はるな】

<読んだきっかけ>
最近好きな作家さんの新刊

<あらすじ>
「男を追いかけて沖縄に行ってしまった妹」の子供・朔と暮らす椿。
勉強が苦手でマイペースな朔。
決して「育てやすい子供」では無い、朔。
朔に理解しつつもイライラしてて、
いつの間にか朔と他の子を比べてしまっている自分がいて・・・

<ネタバレ&感想>
重いなぁ・・・
そんなに分厚い本では無いので、読もうと思えばイッキ読み出来る本なのに、
何度も本を置いてしまった。心が潰れそうになった。

朔と椿の関係性は、少しづつ明らかになる。
朔は、椿の妹の子供。
妹は男を追いかけて沖縄に行ってしまった。
・・・が基本的な関係性。

朔は、マイペースな子供。
朔なりに考えがあっての行動なんだろうけど、それを表現出来ない為、誤解されてしまう。
朔を責めないように、したいんだけど・・・イライラしてしまう。
子育ては大変なんだけど・・・
妹が朔を迎えにきたら・・・?と寂しく思う椿。

共感出来る人はあんまり居ないんだけど、
なんか切なくなるような、、、胸が苦しくなるような、小説だった。


お気に入り度
★★★★☆

台風19号は過ぎ去り・・・

つぶやき
10 /13 2019
結果から報告すると
家も家族も猫も実家も実家の親も全部(全員)無事でした。
屋根も飛ばなかったし、停電も無かった。断水も無い。
河川氾濫も、我が家には遠い場所なので我が家は無事。
避難所に行くこともありませんでした。

金曜の晩から雨で、土曜の午前8時くらいに雨が強くなって、、、
その後は、ゲリラ豪雨のような雨だったり、ただの強い雨だったり、、、が土曜の23時くらいまで続いて。
土曜の午後から、風も強くなって、、、
夕方に「揺れた?」って、結果地震だったんだけど
強風で家が揺れてるんだか?地震で揺れてるんだか?
地震速報が無かったら分からなかった(笑)

市内の「防災無線」ってのがあるんだけど、雨&風の音にかき消されて、何を言ってるのかサッパリ分らなくって、
なので、情報はテレビや、
ケータイにくるメールの河川氾濫や特別警報やらの情報を得てました。
防災無線が、聞こえない=何が起こってるか分らないから怖い。
我が家は停電もしなかったので、テレビは見れたのでテレビで情報があったけど・・・
停電してたら、ケータイの災害メールは良いのかもね。
停電にそなえ、ケータイはフル充電&エコモードで使ってました。

昨夜から今朝にかけ、いろんな場所で「河川氾濫」。
ウチは、川から遠いので大丈夫でしたが、、、家が浸水してしまった方は大変だろうなぁ

などなど思いながら、今朝早くから家の周辺のお片付け。
&たまった洗濯物を干した。

台風一過というのか?綺麗な青空だった。(暑いけど)
でも、被災された方もいるんだよね、青空みても元気が出ない人もいるんだよね。
頑張れ~~~としか言えない。
今、自分に出来ることをやるしか無いのよね。

思ったのは、関東って台風が滅多に上陸しないから、怖いのよね^^; 
それに比べ、九州や四国の方は心が座ってるんだろうなぁ 凄いな。
今回ので、私にも少し免疫が出来たかしら?^^; 

猫。
いつもは半野良(好きに出入りしている)猫。
今回24時間以上、家で監禁状態。
猫は台風なんて分らないから「出たい」と泣き続け・・・猫の気を紛らす為に、アレコレしてました。
家の中にある、猫トイレで用を済ませたら、少し落ち着いてくれたけど・・・
今朝早く雨も風もおさまったのでドアを開けたら、嬉しそうに出かけて行きました。
昼前に、帰ってきました。多分、自分の縄張りを1周して、気が済んだのだと思います。

今回、こんな感じでした。

台風が来るってよ。

つぶやき
10 /12 2019
この数日、台風対策で疲れ果てた・・・

テレビでは、不安が増す事しか言わないし^^; 

普段から、非常食・水・電池などの準備はしてるので、、、

今回、ブルーシートやロープ、卓上コンロのガスなどを買い足し。

ほぼ木曜の午前中で買い物は済ませ、
木曜の午後からは家の周辺の片付け。&土のうの準備。
この片付けが、、、一番疲れた。。。
まぁ、詳しく書くと義父母への愚痴が止まらないので・・・(笑)

今回の台風、関東の東(千葉や茨城)などでは、強風。
関東の西(神奈川・東京・埼玉)などでは、大雨らしい・・・。
私の住んでる所は大雨らしい。
今朝から、雨が降ってる。予報では今日一日大雨らしい。

私は被災者になってしまうのだろうか?

まぁ、出来る限り準備はしたし、、、あとは、被害が無いことを祈るだけ!
ちなみに、猫は家に監禁するので機嫌が悪くなり、、、私達に八つ当たりするでしょう^^;;

日曜か月曜にこのブログを更新してなかったら、私は被災して、ブログどころでは無い状態にあると思ってください。

それでは・・・
私のブロ友さんも関東に住んでいる人が多いです。
お互い、無事だと良いですね^^
お互い、命を最優先しましょうね。

店長がバカすぎて 【早見 和真】

お気に入り度 ★4つ
10 /08 2019
店長がバカすぎて 【早見 和真】

<読んだきっかけ>
読メで紹介してて、面白そうだったから。
(読メからメルマガみたいのが来てて、そこで紹介してた)

<あらすじ>
本屋さんの契約社員・谷原京子・28歳。
店長が、小説家が、弊社の社長が、営業が、客が、、バカすぎて「マジ辞めてやる!!」
という内容(笑)
連作短編。

<ネタバレ&感想>
痛快というか、笑えた^^
書店員さんが薄給だというのは、知ってました。
お給料も良くないし、待遇もそんなに良くない、
じゃあ、なんで書店員さんやってるの?と問われたら
「本が好きだから」って、、、もぉ泣けてくる。

で、本書の最大のバカは店長(笑)
まぁ、でもなんやかんや主人公は辞めないから、本書が成立するワケでして・・・^^;

本が好きで、本の感想ブログを書いている私としては、いろいろ思う所あり。
私が貶した小説でも、その同じ本で別の誰かが救われているかも知れないし・・
当然、その逆もあるし。
そーいうのを考えると「批判」するのは良くないんだと思う。
でも、でも、でも本が好きだからこそ「言いたい」ってのがあるのよね。
本が好きだから、感想に嘘はつきたくないし!

本書の中で、(詳しい文言まで覚えてませんが、こんな感じの内容)
本好きの人から「この本、良かったよ」と薦められ読んでみると、大したこと無かった。みたいな・・・つまり、「この本、良かったよ」と言われた事により、ハードルが上がってしまい、そのせいで「それほど良いわけでは・・・?」と感じてしまう。
というような内容があった。
確かに(笑) 私は、ココで自分の好きな本を紹介する時。
あまりの好きさに熱が入ってしまい、ハードルを上げすぎてしまう時がある(笑)
少し、反省した。
でも、それでも良い本はやっぱり良い本だと思う。
ごく稀にだが、、、ハードルを上げても「良い本」ってあると思う。

本書の感想、本好きのブロガーさん達と語り合ったら、楽しいだろうなぁと思った。
続編がありそうな終わり方だったので、次作に期待。
でも早く次作を出してくれないと忘れる。

お気に入り度
★★★★☆

わぐま

ヤフーから引っ越してきました。
小説と猫とお酒が好きです。
あまり更新しませんが、
楽しいブログ生活が出来たら良いなぁと思ってます。

マイペースでね・・・